ApplicationBase.UICulture プロパティ

定義

現在のスレッドがカルチャ固有のリソースを取得するために使用しているカルチャを取得します。Gets the culture that the current thread uses for retrieving culture-specific resources.

public:
 property System::Globalization::CultureInfo ^ UICulture { System::Globalization::CultureInfo ^ get(); };
public System.Globalization.CultureInfo UICulture { get; }
member this.UICulture : System.Globalization.CultureInfo
Public ReadOnly Property UICulture As CultureInfo

プロパティ値

現在のスレッドがカルチャ固有のリソースを取得するために使用しているカルチャを表す CultureInfo オブジェクト。A CultureInfo object that represents the culture that the current thread uses for retrieving culture-specific resources.

この例ではMy.Application.CurrentCulture 、を使用ChangeUICultureして変更する前に、プロパティを使用して現在のカルチャをキャッシュしています。This example uses the My.Application.CurrentCulture property to cache the current culture before changing it by using ChangeUICulture. メソッドMy.Application.ChangeUICultureは、オブジェクトがMy.Resourcesリソースを取得するために使用するカルチャを設定します。The My.Application.ChangeUICulture method sets the culture that the My.Resources object uses for retrieving resources.

Sub ShowLocalizedMessage()
    Dim culture As String = My.Application.UICulture.Name
    My.Application.ChangeUICulture("fr-FR")
    MsgBox(My.Resources.Message)
    My.Application.ChangeUICulture(culture)
End Sub

この例を使用するには、アプリケーションのリソースファイルにMessageという文字列が含まれている必要があります。また、アプリケーションには、 Resources.fr-FR.resxそのリソースファイルのフランス語カルチャバージョンが含まれている必要があります。For this example to work, your application must have a string named Message in the application's resource file, and the application should have the French-culture version of that resource file, Resources.fr-FR.resx. 詳細については、「方法 :リソースを追加または削除します。For more information, see How to: Add or Remove Resources.

アプリケーションに、そのリソースファイルのフランス語カルチャバージョンがない場合、オブジェクトはMy.Resources既定のカルチャリソースファイルからリソースを取得します。If the application does not have the French-culture version of that resource file, the My.Resources object retrieves the resource from the default-culture resource file.

注釈

プロパティMy.Application.CurrentUICultureは、現在CultureInfoのスレッドがカルチャ固有のリソースを取得するために使用するオブジェクトを取得します。The My.Application.CurrentUICulture property gets the CultureInfo object that the current thread uses for retrieving culture-specific resources. このオブジェクトは、 CurrentUICultureプロパティによって返されるオブジェクトと同じです。This object is identical to the one returned by the CurrentUICulture property. プロパティCurrentUICultureは、リソースマネージャー My.Resourcesおよびオブジェクトによって使用されるカルチャと、実行時にカルチャ固有のリソースを検索するために必要な情報を決定します。The CurrentUICulture property determines the culture used by the Resource Manager and the My.Resources object, information it needs to look up culture-specific resources at run time.

カルチャを変更するには、 ChangeUICultureメソッドを使用するか、別CultureInfoのオブジェクトをCurrentUICultureプロパティに割り当てることができます。To change the culture, you can use the ChangeUICulture method or assign a different CultureInfo object to the CurrentUICulture property.

CurrentCulture設定が言語設定と異なります。The CurrentCulture setting is different from a language setting. 地理的な地域の標準設定に関連するデータのみが含まれています。It contains only data related to the standard settings for a geographical region.

My.Application.CurrentCultureプロパティを使用して、現在のスレッドが文字列の操作と文字列の書式設定に使用するカルチャを取得します。Use the My.Application.CurrentCulture property to get the culture that the current thread uses for string manipulation and string formatting.

プロジェクトの種類別の可用性Availability by Project Type

プロジェクトの種類Project type 使用可能Available
Windows フォーム アプリケーションWindows Forms Application はいYes
クラス ライブラリClass Library はいYes
コンソール アプリケーションConsole Application はいYes
Windows フォーム コントロール ライブラリWindows Forms Control Library はいYes
Web コントロールライブラリWeb Control Library いいえNo
Windows サービスWindows Service はいYes
Web サイトWeb Site いいえNo

適用対象

こちらもご覧ください