WindowsFormsApplicationBase.OnUnhandledException(UnhandledExceptionEventArgs) メソッド

定義

派生クラスでオーバーライドされた場合、ハンドルされない例外がアプリケーションで発生したときにコードを実行できるようにします。When overridden in a derived class, allows for code to run when an unhandled exception occurs in the application.

protected:
 virtual bool OnUnhandledException(Microsoft::VisualBasic::ApplicationServices::UnhandledExceptionEventArgs ^ e);
protected virtual bool OnUnhandledException (Microsoft.VisualBasic.ApplicationServices.UnhandledExceptionEventArgs e);
abstract member OnUnhandledException : Microsoft.VisualBasic.ApplicationServices.UnhandledExceptionEventArgs -> bool
override this.OnUnhandledException : Microsoft.VisualBasic.ApplicationServices.UnhandledExceptionEventArgs -> bool
Protected Overridable Function OnUnhandledException (e As UnhandledExceptionEventArgs) As Boolean

パラメーター

e
UnhandledExceptionEventArgs

イベントのデータ。The data for the event.

戻り値

Boolean イベントが発生したかどうかを示す UnhandledExceptionA Boolean that indicates whether the UnhandledException event was raised.

注釈

既定では、このメソッドは、デバッガーがアタッチされておらず、ユーザーが UnhandledException イベントを処理している限り、UnhandledException イベントを発生させます。By default, this method raises the UnhandledException event as long as a debugger is not attached and the user is handling the UnhandledException event. イベントハンドラーは、ExitApplication プロパティを設定できます。The event handler can set the ExitApplication property. ExitApplicationFalseの場合、またはイベントが処理されない場合は、例外ハンドラーからの戻り時にアプリケーションが終了します。If ExitApplication is False, or if the event is not handled, the application exits upon return from the exception handler. それ以外の場合は、アプリケーションの制御が Windows フォームメッセージループに返されます。Otherwise, control of the application is returned to the Windows Forms message loop.

適用対象

こちらもご覧ください