ADODC.MoveComplete イベント

定義

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

ADODC コントロールの MoveFirst で、MoveNextMoveLastRecordset のいずれかのメソッドが呼び出されたときに発生します。Occurs when a MoveFirst, MoveNext, or MoveLast method has occurred in a Recordset for a ADODC control.

public:
 event Microsoft::VisualBasic::Compatibility::VB6::ADODC::MoveCompleteDelegate ^ MoveComplete;
[System.CLSCompliant(false)]
public event Microsoft.VisualBasic.Compatibility.VB6.ADODC.MoveCompleteDelegate MoveComplete;
[<System.CLSCompliant(false)>]
member this.MoveComplete : Microsoft.VisualBasic.Compatibility.VB6.ADODC.MoveCompleteDelegate 
Public Custom Event MoveComplete As ADODC.MoveCompleteDelegate 
Public Event MoveComplete As ADODC.MoveCompleteDelegate 

イベントの種類

ADODC.MoveCompleteDelegate
属性

注釈

イベントを処理する方法の詳細については、次を参照してください。処理とイベントの発生します。For more information about how to handle events, see Handling and Raising Events.

注意

Microsoft.VisualBasic.Compatibility.VB6 名前空間の関数とオブジェクトは、Visual Basic 6.0 から Visual Basic へのアップグレード ツールで使用するために用意されています。Functions and objects in the Microsoft.VisualBasic.Compatibility.VB6 namespace are provided for use by the tools for upgrading from Visual Basic 6.0 to Visual Basic. ほとんどの場合、これらの関数とオブジェクトは、.NET Framework.NET Framework の他の名前空間にある機能と重複しています。In most cases, these functions and objects duplicate functionality that you can find in other namespaces in the .NET Framework.NET Framework. これらが必要になるのは、Visual Basic 6.0 のコード モデルが .NET Framework.NET Framework の実装と大きく異なる場合だけです。They are necessary only when the Visual Basic 6.0 code model differs significantly from the .NET Framework.NET Framework implementation.

適用対象