DirListBox.Path プロパティ

定義

DirListBox コントロール内の現在のパスを取得または設定します。Gets or sets the current path in a DirListBox control.

public:
 property System::String ^ Path { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public string Path { get; set; }
[<System.ComponentModel.Browsable(false)>]
member this.Path : string with get, set
Public Property Path As String

プロパティ値

String

現在選択されているディレクトリのパスを表す StringA String that represents the path of the currently selected directory. 既定値は、実行時にコントロールが作成された時点のパスになります。The default is the current path when the control is created at run time.

属性

注釈

このプロパティは、アプリケーションのファイル参照および操作機能をビルドする場合に使用します。Use this property when you are building an application's file-browsing and manipulation capabilities. プロパティを設定すると Path 、その効果は MS-DOS コマンドの効果に似ています。 chdir 相対パスはドライブ指定の有無にかかわらず有効になります。When you set the Path property, the effects are similar to the effects of the MS-DOS chdir command; relative paths are enabled with or without a drive specification. コロン (:) を持つドライブだけを指定した場合は、そのドライブの現在のディレクトリが選択されます。If you specify only a drive with a colon (:),the current directory on that drive is selected.

Path次の構文を使用して、プロパティをドライブに接続せずに、修飾されたネットワークパスに設定することもできます。The Path property can also be set to a qualified network path without a drive connection using the following syntax:

\\servername\sharename\path  

コントロールのの値を変更すると、 Path DirListBox イベントが生成さ Change れます。Changing the value of Path for a DirListBox control generates an Change event.

注意

Microsoft.VisualBasic.Compatibility.VB6 名前空間の関数とオブジェクトは、Visual Basic 6.0 から Visual Basic へのアップグレード ツールで使用するために用意されています。Functions and objects in the Microsoft.VisualBasic.Compatibility.VB6 namespace are provided for use by the tools for upgrading from Visual Basic 6.0 to Visual Basic. ほとんどの場合、これらの関数とオブジェクトは、.NET Framework.NET Framework の他の名前空間にある機能と重複しています。In most cases, these functions and objects duplicate functionality that you can find in other namespaces in the .NET Framework.NET Framework. これらが必要になるのは、Visual Basic 6.0 のコード モデルが .NET Framework.NET Framework の実装と大きく異なる場合だけです。They are necessary only when the Visual Basic 6.0 code model differs significantly from the .NET Framework.NET Framework implementation.

適用対象

こちらもご覧ください