FileListBox.FileName FileListBox.FileName FileListBox.FileName FileListBox.FileName Property

定義

FileListBox で選択されたファイルのファイル名を取得または設定します。Gets or sets the file name of the selected file in a FileListBox.

public:
 property System::String ^ FileName { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public string FileName { get; set; }
member this.FileName : string with get, set
Public Property FileName As String

プロパティ値

選択されたファイルのファイル名が含まれている StringA String that contains the file name of the selected file.

注釈

実行時にFileListBoxプロパティを設定すると、そのファイルのみがに表示FileNameされます。Setting the FileName property at run time will result in only that file being displayed in the FileListBox.

注意

Microsoft.VisualBasic.Compatibility.VB6 名前空間の関数とオブジェクトは、Visual Basic 6.0 から Visual Basic 2008 へのアップグレード ツールで使用するために用意されています。Functions and objects in the Microsoft.VisualBasic.Compatibility.VB6 namespace are provided for use by the tools for upgrading from Visual Basic 6.0 to Visual Basic 2008. ほとんどの場合、これらの関数とオブジェクトは、.NET Framework の他の名前空間にある機能と重複しています。In most cases, these functions and objects duplicate functionality that you can find in other namespaces in the .NET Framework. これらが必要になるのは、Visual Basic 6.0 のコード モデルが .NET Framework の実装と大きく異なる場合だけです。They are necessary only when the Visual Basic 6.0 code model differs significantly from the .NET Framework implementation.

適用対象

こちらもご覧ください