FileListBox.OnPathChange(EventArgs) FileListBox.OnPathChange(EventArgs) FileListBox.OnPathChange(EventArgs) FileListBox.OnPathChange(EventArgs) Method

定義

PathChange イベントを発生させます。Raises the PathChange event.

protected:
 virtual void OnPathChange(EventArgs ^ e);
protected virtual void OnPathChange (EventArgs e);
abstract member OnPathChange : EventArgs -> unit
override this.OnPathChange : EventArgs -> unit
Protected Overridable Sub OnPathChange (e As EventArgs)

パラメーター

e
EventArgs EventArgs EventArgs EventArgs

イベント データを格納している EventArgsA EventArgs that contains the event data.

注釈

イベントを発生させると、イベント ハンドラーがデリゲートから呼び出されます。Raising an event invokes the event handler through a delegate. 詳細については、次を参照してください。処理とイベントの発生します。For more information, see Handling and Raising Events.

またOnPathChange 、メソッドは、派生クラスがデリゲートをアタッチせずにイベントを処理できるようにします。The OnPathChange method also enables derived classes to handle the event without attaching a delegate. 派生クラスでイベントを処理する場合は、この手法をお勧めします。This is the preferred technique for handling the event in a derived class.

注意

Microsoft.VisualBasic.Compatibility.VB6 名前空間の関数とオブジェクトは、Visual Basic 6.0 から Visual Basic 2008 へのアップグレード ツールで使用するために用意されています。Functions and objects in the Microsoft.VisualBasic.Compatibility.VB6 namespace are provided for use by the tools for upgrading from Visual Basic 6.0 to Visual Basic 2008. ほとんどの場合、これらの関数とオブジェクトは、.NET Framework の他の名前空間にある機能と重複しています。In most cases, these functions and objects duplicate functionality that you can find in other namespaces in the .NET Framework. これらが必要になるのは、Visual Basic 6.0 のコード モデルが .NET Framework の実装と大きく異なる場合だけです。They are necessary only when the Visual Basic 6.0 code model differs significantly from the .NET Framework implementation.

適用対象

こちらもご覧ください