NewLateBinding.FallbackInvokeDefault1(Object, Object[], String[], Boolean) メソッド

定義

警告

この API は現在使われていません。

遅延バインディングされた既定のプロパティ/フィールドの取得、または遅延バインディングされた既定のメソッド/関数の呼び出しを実行します。Executes a late-bound get of the default property or field, or call to the default method or function. このヘルパー メソッドは、コードから直接呼び出すためのものではありません。This helper method is not meant to be called directly from your code.

public:
 static System::Object ^ FallbackInvokeDefault1(System::Object ^ Instance, cli::array <System::Object ^> ^ Arguments, cli::array <System::String ^> ^ ArgumentNames, bool ReportErrors);
[System.Obsolete("do not use this method", true)]
public static object FallbackInvokeDefault1 (object Instance, object[] Arguments, string[] ArgumentNames, bool ReportErrors);
static member FallbackInvokeDefault1 : obj * obj[] * string[] * bool -> obj
Public Shared Function FallbackInvokeDefault1 (Instance As Object, Arguments As Object(), ArgumentNames As String(), ReportErrors As Boolean) As Object

パラメーター

Instance
Object

プロパティまたはメソッドを公開する通知オブジェクトのインスタンス。An instance of the call object exposing the property or method. Instance の型が IDynamicMetaObjectProvider の場合、動的言語ランタイムを使用してバインドします。それ以外の場合は、標準の遅延バインディングを実行します。If Instance is of type IDynamicMetaObjectProvider, then bind using the Dynamic Language Runtime; otherwise perform standard late-binding.

Arguments
Object[]

呼び出されるプロパティまたはメソッドに渡す引数を格納する配列。An array containing the arguments to be passed to the property or method being called.

ArgumentNames
String[]

引数名の配列。An array of argument names.

ReportErrors
Boolean

エラーが発生した場合に例外をスローするかどうかを指定するのに使用される Boolean 値。A Boolean value used to specify whether to throw exceptions when an error is encountered. 例外をスローするには True に設定します。Set to True to throw exceptions. エラーが発生した場合に False を返すには、Nothing に設定します。Set to False to return Nothing when an error is encountered.

戻り値

通知オブジェクトのインスタンス。An instance of the call object.

属性

適用対象