DateAndTime.DatePart メソッド

定義

特定の Date 型値の中の指定されたコンポーネントを含む整数値を返します。

オーバーロード

DatePart(DateInterval, DateTime, FirstDayOfWeek, FirstWeekOfYear)

特定の Date 型値の中の指定されたコンポーネントを含む整数値を返します。

DatePart(String, Object, FirstDayOfWeek, FirstWeekOfYear)

特定の Date 型値の中の指定された要素を含む値を返します。

DatePart(DateInterval, DateTime, FirstDayOfWeek, FirstWeekOfYear)

特定の Date 型値の中の指定されたコンポーネントを含む整数値を返します。

public static int DatePart (Microsoft.VisualBasic.DateInterval Interval, DateTime DateValue, Microsoft.VisualBasic.FirstDayOfWeek FirstDayOfWeekValue = Microsoft.VisualBasic.FirstDayOfWeek.Sunday, Microsoft.VisualBasic.FirstWeekOfYear FirstWeekOfYearValue = Microsoft.VisualBasic.FirstWeekOfYear.Jan1);
static member DatePart : Microsoft.VisualBasic.DateInterval * DateTime * Microsoft.VisualBasic.FirstDayOfWeek * Microsoft.VisualBasic.FirstWeekOfYear -> int
Public Function DatePart (Interval As DateInterval, DateValue As DateTime, Optional FirstDayOfWeekValue As FirstDayOfWeek = Microsoft.VisualBasic.FirstDayOfWeek.Sunday, Optional FirstWeekOfYearValue As FirstWeekOfYear = Microsoft.VisualBasic.FirstWeekOfYear.Jan1) As Integer

パラメーター

Interval
DateInterval

必須です。 返される日付/時刻値の一部を表す DateInterval 列挙値または文字列式。

DateValue
DateTime

必須です。 評価する Date 値。

FirstDayOfWeekValue
FirstDayOfWeek

省略可能。 週の最初の曜日を指定する FirstDayOfWeek 列挙体から選択する値。 指定しない場合は、Sunday が使用されます。

FirstWeekOfYearValue
FirstWeekOfYear

省略可能。 年の最初の週を指定する FirstWeekOfYear 列挙体から選択する値。 指定しない場合は、Jan1 が使用されます。

戻り値

Int32

特定の Date 型値の中の指定されたコンポーネントを含む整数値の値。

例外

Interval が無効です。

DateValue を日付型 (Date) に強制変換できません。

次の使用例は、日付を取得し、関数を DatePart 使用して、この関数が発生した年の四半期を表示します。

Dim DateString, Msg As String
Dim ActualDate As Date
' Enter February 12, 2008, or 2/12/2008.
DateString = InputBox("Enter a date:")
ActualDate = CDate(DateString)

' The first two examples use enumeration values for the interval.
Msg = "Quarter: " & DatePart(DateInterval.Quarter, ActualDate)
' The quarter is 1.
MsgBox(Msg)
Msg = "The day of the month: " & DatePart(DateInterval.Day, ActualDate)
' The day of the month is 12.
MsgBox(Msg)

' The next two examples use string values for the interval parameter.
Msg = "The week of the year: " & DatePart("ww", ActualDate)
' The week of the year is 7.
MsgBox(Msg)
Msg = "The day of the week: " & DatePart("w", ActualDate)
' The day of the week is 3 (Tuesday).
MsgBox(Msg)

注釈

この関数を DatePart 使用して、日付/時刻の値を評価し、特定のコンポーネントを返すことができます。 たとえば、曜日や現在の時間を計算するために使用 DatePart できます。

引数に対して選択 DateInterval.Weekday した Interval 場合、返される値は列挙型の FirstDayOfWeek 値と一致します。 選択 DateInterval.WeekOfYearした場合は、 DatePart 名前空間の Calendar クラスと CultureInfo クラスを System.Globalization 使用して、現在の設定を決定します。

引数はFirstDayOfWeekValue、およびDateInterval.WeekOfYear``Interval設定を使用する計算に影響しますDateInterval.Weekday。 引数は FirstWeekOfYearValue 、指定する計算に DateInterval.WeekOfYear 影響します Interval

すべての Date 値は構造体で DateTime サポートされているため、そのメソッドでは日付/時刻の部分を取得するための追加のオプションが提供されます。 たとえば、次のように時刻値を午前 0 時に設定して、変数の Date 日付値全体を取得できます。

Dim CurrDatTim As Date = Now   ' Current date and time.  
Dim LastMidnight As Date = CurrDatTim.Date   ' At midnight.  

引数には Interval 、次のいずれかの設定を指定できます。

列挙値 String 返す日付/時刻値の一部
DateInterval.Day d 日 (1 ~ 31)
DateInterval.DayOfYear 年間通算日 (1 ~ 366)
DateInterval.Hour h 時間
DateInterval.Minute n
DateInterval.Month m Month
DateInterval.Quarter q Quarter
DateInterval.Second s Second
DateInterval.Weekday 曜日 (1 ~ 7)
DateInterval.WeekOfYear ww 週 (1 ~ 53)
DateInterval.Year yyyy Year

引数には FirstDayOfWeekValue 、次のいずれかの設定を指定できます。

列挙値 説明
FirstDayOfWeek.System 0 システム設定で指定された週の最初の曜日
FirstDayOfWeek.Sunday 1 日曜日 (既定)
FirstDayOfWeek.Monday 2 月曜日 (ISO 標準 8601、セクション 3.17 に準拠)
FirstDayOfWeek.Tuesday 3 Tuesday
FirstDayOfWeek.Wednesday 4 水曜日
FirstDayOfWeek.Thursday 5 Thursday
FirstDayOfWeek.Friday 6 金曜日
FirstDayOfWeek.Saturday 7 土曜日

引数には FirstWeekOfYearValue 、次のいずれかの設定を指定できます。

列挙値 説明
FirstWeekOfYear.System 0 システム設定で指定された年の最初の週
FirstWeekOfYear.Jan1 1 1 月 1 日が発生する週 (既定)
FirstWeekOfYear.FirstFourDays 2 新年に少なくとも 4 日間の週 (ISO 標準 8601、セクション 3.17 に準拠)
FirstWeekOfYear.FirstFullWeek 3 新年の最初の完全な週

こちらもご覧ください

適用対象

DatePart(String, Object, FirstDayOfWeek, FirstWeekOfYear)

特定の Date 型値の中の指定された要素を含む値を返します。

public static int DatePart (string Interval, object? DateValue, Microsoft.VisualBasic.FirstDayOfWeek DayOfWeek = Microsoft.VisualBasic.FirstDayOfWeek.Sunday, Microsoft.VisualBasic.FirstWeekOfYear WeekOfYear = Microsoft.VisualBasic.FirstWeekOfYear.Jan1);
public static int DatePart (string Interval, object DateValue, Microsoft.VisualBasic.FirstDayOfWeek DayOfWeek = Microsoft.VisualBasic.FirstDayOfWeek.Sunday, Microsoft.VisualBasic.FirstWeekOfYear WeekOfYear = Microsoft.VisualBasic.FirstWeekOfYear.Jan1);
static member DatePart : string * obj * Microsoft.VisualBasic.FirstDayOfWeek * Microsoft.VisualBasic.FirstWeekOfYear -> int
Public Function DatePart (Interval As String, DateValue As Object, Optional DayOfWeek As FirstDayOfWeek = Microsoft.VisualBasic.FirstDayOfWeek.Sunday, Optional WeekOfYear As FirstWeekOfYear = Microsoft.VisualBasic.FirstWeekOfYear.Jan1) As Integer

パラメーター

Interval
String

必須です。 返される日付/時刻値の一部を表す DateInterval 列挙値または文字列式。

DateValue
Object

必須です。 評価する Date 値。

DayOfWeek
FirstDayOfWeek

省略可能。 週の最初の曜日を指定する FirstDayOfWeek 列挙体から選択する値。 指定しない場合は、Sunday が使用されます。

WeekOfYear
FirstWeekOfYear

省略可能。 年の最初の週を指定する FirstWeekOfYear 列挙体から選択する値。 指定しない場合は、Jan1 が使用されます。

戻り値

Int32

特定の Date 型値の中の指定されたコンポーネントを含む整数値の値。

例外

Interval が無効です。

DateValue を日付型 (Date) に強制変換できません。

次の使用例は、日付を受け取り、関数を DatePart 使用して、発生する年の四半期を表示します。

Dim DateString, Msg As String
Dim ActualDate As Date
' Enter February 12, 2008, or 2/12/2008.
DateString = InputBox("Enter a date:")
ActualDate = CDate(DateString)

' The first two examples use enumeration values for the interval.
Msg = "Quarter: " & DatePart(DateInterval.Quarter, ActualDate)
' The quarter is 1.
MsgBox(Msg)
Msg = "The day of the month: " & DatePart(DateInterval.Day, ActualDate)
' The day of the month is 12.
MsgBox(Msg)

' The next two examples use string values for the interval parameter.
Msg = "The week of the year: " & DatePart("ww", ActualDate)
' The week of the year is 7.
MsgBox(Msg)
Msg = "The day of the week: " & DatePart("w", ActualDate)
' The day of the week is 3 (Tuesday).
MsgBox(Msg)

注釈

この関数を DatePart 使用して、日付/時刻値を評価し、特定のコンポーネントを返すことができます。 たとえば、曜日や現在の時間を計算するために使用 DatePart できます。

引数に対して選択 DateInterval.Weekday した Interval 場合、戻り値は列挙型の FirstDayOfWeek 値と一致します。 選択 DateInterval.WeekOfYearした場合は、 DatePart 名前空間の Calendar クラスと CultureInfo クラスを System.Globalization 使用して現在の設定を決定します。

引数はFirstDayOfWeekValue、and DateInterval.WeekOfYear Interval 設定を使用する計算に影響しますDateInterval.Weekday。 引数は FirstWeekOfYearValue 、指定する計算に DateInterval.WeekOfYear 影響します Interval

すべての Date 値は構造体で DateTime サポートされているため、そのメソッドでは日付/時刻部分を取得するための追加のオプションが提供されます。 たとえば、次のように、時刻値を午前 0 時に設定して、変数の Date 日付値全体を取得できます。

Dim CurrDatTim As Date = Now   ' Current date and time.  
Dim LastMidnight As Date = CurrDatTim.Date   ' At midnight.  

引数には Interval 、次のいずれかの設定を指定できます。

列挙値 String 返す日付/時刻値の一部
DateInterval.Day d 日 (1 ~ 31)
DateInterval.DayOfYear 年間通算日 (1 ~ 366)
DateInterval.Hour h 時間
DateInterval.Minute n
DateInterval.Month m Month
DateInterval.Quarter q Quarter
DateInterval.Second s Second
DateInterval.Weekday 曜日 (1 ~ 7)
DateInterval.WeekOfYear ww 週 (1 ~ 53)
DateInterval.Year yyyy Year

引数には FirstDayOfWeekValue 、次のいずれかの設定を指定できます。

列挙値 説明
FirstDayOfWeek.System 0 システム設定で指定された週の最初の曜日
FirstDayOfWeek.Sunday 1 日曜日 (既定値)
FirstDayOfWeek.Monday 2 月曜日 (ISO 標準 8601、セクション 3.17 に準拠)
FirstDayOfWeek.Tuesday 3 Tuesday
FirstDayOfWeek.Wednesday 4 水曜日
FirstDayOfWeek.Thursday 5 Thursday
FirstDayOfWeek.Friday 6 金曜日
FirstDayOfWeek.Saturday 7 土曜日

引数には FirstWeekOfYearValue 、次のいずれかの設定を指定できます。

列挙値 説明
FirstWeekOfYear.System 0 システム設定で指定された年の最初の週
FirstWeekOfYear.Jan1 1 1 月 1 日が発生する週 (既定値)
FirstWeekOfYear.FirstFourDays 2 新年に少なくとも 4 日間の週 (ISO 標準 8601、セクション 3.17 に準拠)
FirstWeekOfYear.FirstFullWeek 3 新年の最初の週

こちらもご覧ください

適用対象