FileSystem.DeleteFile FileSystem.DeleteFile FileSystem.DeleteFile FileSystem.DeleteFile Method

定義

ファイルを削除します。Deletes a file.

オーバーロード

DeleteFile(String) DeleteFile(String) DeleteFile(String) DeleteFile(String)

ファイルを削除します。Deletes a file.

DeleteFile(String, UIOption, RecycleOption) DeleteFile(String, UIOption, RecycleOption) DeleteFile(String, UIOption, RecycleOption) DeleteFile(String, UIOption, RecycleOption)

ファイルを削除します。Deletes a file.

DeleteFile(String, UIOption, RecycleOption, UICancelOption) DeleteFile(String, UIOption, RecycleOption, UICancelOption) DeleteFile(String, UIOption, RecycleOption, UICancelOption) DeleteFile(String, UIOption, RecycleOption, UICancelOption)

ファイルを削除します。Deletes a file.

DeleteFile(String) DeleteFile(String) DeleteFile(String) DeleteFile(String)

ファイルを削除します。Deletes a file.

public:
 static void DeleteFile(System::String ^ file);
public static void DeleteFile (string file);
static member DeleteFile : string -> unit
Public Shared Sub DeleteFile (file As String)

パラメーター

file
String String String String

削除対象のファイルの名前とパス。Name and path of the file to be deleted.

例外

パスが無効です。原因として、パスが長さ 0 の文字列であるか、パスに空白しか含まれていないか、パスに無効な文字が含まれているか、ファイルを指定する必要がある場所の末尾にスラッシュが付いているか、またはパスがデバイス パスである (\\.\ で始まっている) ことが考えられます。The path is not valid for one of the following reasons: it is a zero-length string; it contains only white space; it contains invalid characters; it has a trailing slash where a file must be specified; or it is a device path (starts with \\.\).

file は、Nothing または空の文字列です。file is Nothing or an empty string.

パスがシステム定義の最大長を超えています。The path exceeds the system-defined maximum length.

パス内のファイル名またはディレクトリ名にコロン (:) が含まれているか、形式が無効です。A file or directory name in the path contains a colon (:) or is in an invalid format.

ファイルが使用中です。The file is in use.

ユーザーがパスを参照するのに必要なアクセス許可を保持していません。The user lacks necessary permissions to view the path.

ファイルが存在しません。The file does not exist.

ユーザーがファイルの削除に必要なアクセス許可を保持していないか、ファイルが読み取り専用です。The user does not have permission to delete the file or the file is read-only.

この例では、 Test.txtファイルを削除します。This example deletes the file Test.txt.

My.Computer.FileSystem.DeleteFile("C:\test.txt")

この例では、 Test.txtファイルを削除し、ファイルを削除する必要があることをユーザーが確認できるようにします。This example deletes the file Test.txt and allows the user to confirm that the file should be deleted.

My.Computer.FileSystem.DeleteFile(
  "C:\test.txt",
  FileIO.UIOption.AllDialogs,
  FileIO.RecycleOption.SendToRecycleBin,
  FileIO.UICancelOption.ThrowException)

この例では、 Test.txtファイルを削除し、ごみ箱に送信します。This example deletes the file Test.txt and sends it to the Recycle Bin.

My.Computer.FileSystem.DeleteFile(
  "C:\test.txt",
  FileIO.UIOption.OnlyErrorDialogs,
  FileIO.RecycleOption.SendToRecycleBin,
  FileIO.UICancelOption.ThrowException)

注釈

次の表に、メソッドにMy.Computer.FileSystem.DeleteFile関連するタスクの例を示します。The following table lists an example of a task involving the My.Computer.FileSystem.DeleteFile method.

終了To 解決方法については、See
ファイルを削除するにはTo delete a file 方法: Visual Basic 内のファイルを削除するHow to: Delete a File in Visual Basic

セキュリティ

FileIOPermission
ファイルとフォルダーにアクセスする機能を制御します。Controls the ability to access files and folders. Unrestricted (関連する列挙体)Associated enumeration: Unrestricted.

DeleteFile(String, UIOption, RecycleOption) DeleteFile(String, UIOption, RecycleOption) DeleteFile(String, UIOption, RecycleOption) DeleteFile(String, UIOption, RecycleOption)

ファイルを削除します。Deletes a file.

public:
 static void DeleteFile(System::String ^ file, Microsoft::VisualBasic::FileIO::UIOption showUI, Microsoft::VisualBasic::FileIO::RecycleOption recycle);
public static void DeleteFile (string file, Microsoft.VisualBasic.FileIO.UIOption showUI, Microsoft.VisualBasic.FileIO.RecycleOption recycle);
static member DeleteFile : string * Microsoft.VisualBasic.FileIO.UIOption * Microsoft.VisualBasic.FileIO.RecycleOption -> unit
Public Shared Sub DeleteFile (file As String, showUI As UIOption, recycle As RecycleOption)

パラメーター

file
String String String String

削除対象のファイルの名前とパス。Name and path of the file to be deleted.

showUI
UIOption UIOption UIOption UIOption

操作の進行状況を視覚的に追跡するかどうか。Whether to visually track the operation's progress. 既定値は UIOption.OnlyErrorDialogs です。Default is UIOption.OnlyErrorDialogs.

recycle
RecycleOption RecycleOption RecycleOption RecycleOption

削除したファイルを [ごみ箱] に送るかどうかを指定します。Whether or not the deleted file should be sent to the Recycle Bin. 既定値は RecycleOption.DeletePermanently です。Default is RecycleOption.DeletePermanently.

例外

パスが無効です。原因として、パスが長さ 0 の文字列であるか、パスに空白しか含まれていないか、パスに無効な文字が含まれているか、ファイルを指定する必要がある場所の末尾にスラッシュが付いているか、またはパスがデバイス パスである (\\.\ で始まっている) ことが考えられます。The path is not valid for one of the following reasons: it is a zero-length string; it contains only white space; it contains invalid characters; it has a trailing slash where a file must be specified; or it is a device path (starts with \\.\).

file は、Nothing または空の文字列です。file is Nothing or an empty string.

パスがシステム定義の最大長を超えています。The path exceeds the system-defined maximum length.

パス内のファイル名またはディレクトリ名にコロン (:) が含まれているか、形式が無効です。A file or directory name in the path contains a colon (:) or is in an invalid format.

ファイルが使用中です。The file is in use.

ユーザーがパスを参照するのに必要なアクセス許可を保持していません。The user lacks necessary permissions to view the path.

ファイルが存在しません。The file does not exist.

ユーザーがファイルの削除に必要なアクセス許可を保持していないか、ファイルが読み取り専用です。The user does not have permission to delete the file or the file is read-only.

この例では、 Test.txtファイルを削除します。This example deletes the file Test.txt.

My.Computer.FileSystem.DeleteFile("C:\test.txt")

この例では、 Test.txtファイルを削除し、ファイルを削除する必要があることをユーザーが確認できるようにします。This example deletes the file Test.txt and allows the user to confirm that the file should be deleted.

My.Computer.FileSystem.DeleteFile(
  "C:\test.txt",
  FileIO.UIOption.AllDialogs,
  FileIO.RecycleOption.SendToRecycleBin,
  FileIO.UICancelOption.ThrowException)

この例では、 Test.txtファイルを削除し、ごみ箱に送信します。This example deletes the file Test.txt and sends it to the Recycle Bin.

My.Computer.FileSystem.DeleteFile(
  "C:\test.txt",
  FileIO.UIOption.OnlyErrorDialogs,
  FileIO.RecycleOption.SendToRecycleBin,
  FileIO.UICancelOption.ThrowException)

注釈

showUI およびrecycleパラメーターは、Windows サービスなど、ユーザーが対話型でないアプリケーションではサポートされていません。The showUI and recycle parameters are not supported in applications that are not user interactive, such as Windows Services.

次の表に、メソッドにMy.Computer.FileSystem.DeleteFile関連するタスクの例を示します。The following table lists an example of a task involving the My.Computer.FileSystem.DeleteFile method.

終了To 解決方法については、See
ファイルを削除するにはTo delete a file 方法: Visual Basic 内のファイルを削除するHow to: Delete a File in Visual Basic

セキュリティ

FileIOPermission
ファイルとフォルダーにアクセスする機能を制御します。Controls the ability to access files and folders. Unrestricted (関連する列挙体)Associated enumeration: Unrestricted.

UIPermission
ユーザーインターフェイスとクリップボードに関連するアクセス許可を制御します。Controls the permissions related to user interfaces and the clipboard. SafeSubWindows (関連する列挙体)Associated enumeration: SafeSubWindows.

こちらもご覧ください

DeleteFile(String, UIOption, RecycleOption, UICancelOption) DeleteFile(String, UIOption, RecycleOption, UICancelOption) DeleteFile(String, UIOption, RecycleOption, UICancelOption) DeleteFile(String, UIOption, RecycleOption, UICancelOption)

ファイルを削除します。Deletes a file.

public:
 static void DeleteFile(System::String ^ file, Microsoft::VisualBasic::FileIO::UIOption showUI, Microsoft::VisualBasic::FileIO::RecycleOption recycle, Microsoft::VisualBasic::FileIO::UICancelOption onUserCancel);
public static void DeleteFile (string file, Microsoft.VisualBasic.FileIO.UIOption showUI, Microsoft.VisualBasic.FileIO.RecycleOption recycle, Microsoft.VisualBasic.FileIO.UICancelOption onUserCancel);
static member DeleteFile : string * Microsoft.VisualBasic.FileIO.UIOption * Microsoft.VisualBasic.FileIO.RecycleOption * Microsoft.VisualBasic.FileIO.UICancelOption -> unit
Public Shared Sub DeleteFile (file As String, showUI As UIOption, recycle As RecycleOption, onUserCancel As UICancelOption)

パラメーター

file
String String String String

削除対象のファイルの名前とパス。Name and path of the file to be deleted.

showUI
UIOption UIOption UIOption UIOption

操作の進行状況を視覚的に追跡するかどうか。Whether to visually track the operation's progress. 既定値は UIOption.OnlyErrorDialogs です。Default is UIOption.OnlyErrorDialogs.

recycle
RecycleOption RecycleOption RecycleOption RecycleOption

削除したファイルを [ごみ箱] に送るかどうかを指定します。Whether or not the deleted file should be sent to the Recycle Bin. 既定値は RecycleOption.DeletePermanently です。Default is RecycleOption.DeletePermanently.

onUserCancel
UICancelOption UICancelOption UICancelOption UICancelOption

ユーザーによって操作が取り消された場合に、例外をスローするかどうかを指定します。Specifies whether or not an exception is thrown when the user cancels the operation. 既定値は UICancelOption.ThrowException です。Default is UICancelOption.ThrowException.

例外

パスが無効です。原因として、パスが長さ 0 の文字列であるか、パスに空白しか含まれていないか、パスに無効な文字が含まれているか、ファイルを指定する必要がある場所の末尾にスラッシュが付いているか、またはパスがデバイス パスである (\\.\ で始まっている) ことが考えられます。The path is not valid for one of the following reasons: it is a zero-length string; it contains only white space; it contains invalid characters; it has a trailing slash where a file must be specified; or it is a device path (starts with \\.\).

file は、Nothing または空の文字列です。file is Nothing or an empty string.

パスがシステム定義の最大長を超えています。The path exceeds the system-defined maximum length.

パス内のファイル名またはディレクトリ名にコロン (:) が含まれているか、形式が無効です。A file or directory name in the path contains a colon (:) or is in an invalid format.

ファイルが使用中です。The file is in use.

ユーザーがパスを参照するのに必要なアクセス許可を保持していません。The user lacks necessary permissions to view the path.

ファイルが存在しません。The file does not exist.

ユーザーがファイルの削除に必要なアクセス許可を保持していないか、ファイルが読み取り専用です。The user does not have permission to delete the file or the file is read-only.

ユーザーが操作を取り消し、かつ onUserCancelThrowException に設定されています。The user cancelled the operation and onUserCancel is set to ThrowException.

この例では、 Test.txtファイルを削除します。This example deletes the file Test.txt.

My.Computer.FileSystem.DeleteFile("C:\test.txt")

この例では、 Test.txtファイルを削除し、ファイルを削除する必要があることをユーザーが確認できるようにします。This example deletes the file Test.txt and allows the user to confirm that the file should be deleted.

My.Computer.FileSystem.DeleteFile(
  "C:\test.txt",
  FileIO.UIOption.AllDialogs,
  FileIO.RecycleOption.SendToRecycleBin,
  FileIO.UICancelOption.ThrowException)

この例では、 Test.txtファイルを削除し、ごみ箱に送信します。This example deletes the file Test.txt and sends it to the Recycle Bin.

My.Computer.FileSystem.DeleteFile(
  "C:\test.txt",
  FileIO.UIOption.OnlyErrorDialogs,
  FileIO.RecycleOption.SendToRecycleBin,
  FileIO.UICancelOption.ThrowException)

注釈

showUIrecycleおよびonUserCancelの各パラメーターは、Windows サービスなど、ユーザーが対話型でないアプリケーションではサポートされていません。The showUI, recycle, and onUserCancel parameters are not supported in applications that are not user interactive, such as Windows Services.

次の表に、メソッドにMy.Computer.FileSystem.DeleteFile関連するタスクの例を示します。The following table lists an example of a task involving the My.Computer.FileSystem.DeleteFile method.

終了To 解決方法については、See
ファイルを削除するにはTo delete a file 方法: Visual Basic 内のファイルを削除するHow to: Delete a File in Visual Basic

セキュリティ

FileIOPermission
ファイルとフォルダーにアクセスする機能を制御します。Controls the ability to access files and folders. Unrestricted (関連する列挙体)Associated enumeration: Unrestricted.

UIPermission
ユーザーインターフェイスとクリップボードに関連するアクセス許可を制御します。Controls the permissions related to user interfaces and the clipboard. SafeSubWindows (関連する列挙体)Associated enumeration: SafeSubWindows.

こちらもご覧ください

適用対象