TextFieldParser.PeekChars(Int32) メソッド

定義

カーソルを進めずに、指定された文字数を読み込みます。

public:
 System::String ^ PeekChars(int numberOfChars);
public string? PeekChars (int numberOfChars);
public string PeekChars (int numberOfChars);
member this.PeekChars : int -> string
Public Function PeekChars (numberOfChars As Integer) As String

パラメーター

numberOfChars
Int32

読み取る文字の数。 必須です。

戻り値

String

指定数の読み取られた文字を格納する文字列。

例外

numberOfChars が 0 未満です。

この例では、を使用して PeekChars データの末尾を検索し、その時点でのファイルの解析を停止します。

Using MyReader As New Microsoft.VisualBasic.FileIO.TextFieldParser("C:\ParserText.txt")
    MyReader.TextFieldType = Microsoft.VisualBasic.FileIO.FieldType.Delimited
    MyReader.Delimiters = New String() {","}
    MyReader.CommentTokens = New String() {"'"}
    Dim currentRow As String()
    While (MyReader.PeekChars(1) IsNot "")
        Try
            currentRow = MyReader.ReadFields()
            For Each currentField As String In currentRow
                My.Computer.FileSystem.WriteAllText(
                   "C://testfile.txt", currentField, True)
            Next
        Catch ex As Microsoft.VisualBasic.FileIO.MalformedLineException
            MsgBox("Line " & ex.Message & " is invalid.  Skipping")
        End Try
    End While
End Using

注釈

値は、 numberOfChars 行の合計文字数よりも小さくする必要があります。 そうでない場合、によって返される文字列は、 PeekChars 行の長さに切り詰められます。

空白行は無視されます。

行末文字は返されません。

PeekCharsメソッドは解析を実行しません。区切り記号で囲まれたフィールド内の行末文字は、実際の行の末尾として解釈されます。

次の表に、メソッドに関連するタスクの例を示し PeekChars ます。

終了 解決方法については、
解析前にフィールドの形式を決定する 方法: 複数の書式を持つテキスト ファイルを読み取る

適用対象

こちらもご覧ください