TextFieldParser.SetFieldWidths(Int32[]) メソッド

定義

リーダーの区切り記号を指定の値に設定します。

public:
 void SetFieldWidths(... cli::array <int> ^ fieldWidths);
public void SetFieldWidths (params int[]? fieldWidths);
public void SetFieldWidths (params int[] fieldWidths);
member this.SetFieldWidths : int[] -> unit
Public Sub SetFieldWidths (ParamArray fieldWidths As Integer())

パラメーター

fieldWidths
Int32[]

Integer の配列。

次の使用例は、テキスト フィールド パーサーを開き、フィールドの幅 5を .

Using FileReader As New Microsoft.VisualBasic.FileIO.
    TextFieldParser("C:\logs\test.log")

    FileReader.SetFieldWidths(5)
End Using

パス C:\logs\test.log を、解析するファイルのパスと名前に置き換えます。

次の例では、テキスト フィールド パーサーを開き、フィールドの幅を 、10、および変数として5定義します。

Using MyReader As New Microsoft.VisualBasic.FileIO.
    TextFieldParser("C:\logs\test.log")

    MyReader.SetFieldWidths(5, 10, -1)
End Using

パス C:\logs\test.log を、解析するファイルのパスと名前に置き換えます。

注釈

この設定を行うと、プロパティの Delimiters 既存の内容がクリアされます。

このメソッドは、配列を作成せずに区切り記号を設定する方法を提供します。

次の表に、メソッドに関連するタスクの例を SetFieldWidths 示します。

終了 解決方法については、
テキスト ファイルを解析します。 TextFieldParser オブジェクトによるテキスト ファイルの解析

適用対象

こちらもご覧ください