TextFieldParser.TextFieldType プロパティ

定義

解析対象のファイルが区切り形式か固定幅形式かを示します。

public:
 property Microsoft::VisualBasic::FileIO::FieldType TextFieldType { Microsoft::VisualBasic::FileIO::FieldType get(); void set(Microsoft::VisualBasic::FileIO::FieldType value); };
public Microsoft.VisualBasic.FileIO.FieldType TextFieldType { get; set; }
member this.TextFieldType : Microsoft.VisualBasic.FileIO.FieldType with get, set
Public Property TextFieldType As FieldType

プロパティ値

FieldType

解析対象のファイルが区切り形式か固定幅形式かを示す TextFieldType 値。

次の使用例は、 TextFieldParser, FileReaderを作成し、区切り記号を指定します。

Using FileReader As New Microsoft.VisualBasic.FileIO.
    TextFieldParser("C:\ParserText.txt")

    FileReader.TextFieldType = 
        Microsoft.VisualBasic.FileIO.FieldType.Delimited
    FileReader.SetDelimiters(",")
End Using

次の使用例は、 TextFieldParser, FileReaderを作成し、固定幅であることを指定します。

Using FileReader As New Microsoft.VisualBasic.FileIO.
    TextFieldParser("C:\ParserText.txt")

    FileReader.TextFieldType = 
        Microsoft.VisualBasic.FileIO.FieldType.FixedWidth
    FileReader.FieldWidths = New Integer() {5, 10, 11, -1}
End Using

注釈

このプロパティの既定値は区切られます。

次の表に、プロパティに関連するタスクの例を TextFieldType 示します。

終了 解決方法については、
区切りテキスト ファイルから読み取る 方法: コンマ区切りのテキスト ファイルを読み取る
固定幅のテキスト ファイルから読み取る 方法: 固定幅のテキスト ファイルを読み取る
複数の形式のテキスト ファイルから読み取る 方法: 複数の書式を持つテキスト ファイルを読み取る

適用対象

こちらもご覧ください