FileSystem.PrintLine(Int32, Object[]) FileSystem.PrintLine(Int32, Object[]) FileSystem.PrintLine(Int32, Object[]) FileSystem.PrintLine(Int32, Object[]) Method

定義

表示形式データをシーケンシャル ファイルに書き込みます。Writes display-formatted data to a sequential file.

public:
 static void PrintLine(int FileNumber, ... cli::array <System::Object ^> ^ Output);
public static void PrintLine (int FileNumber, params object[] Output);
static member PrintLine : int * obj[] -> unit
Public Sub PrintLine (FileNumber As Integer, ParamArray Output As Object())

パラメーター

FileNumber
Int32 Int32 Int32 Int32

必須です。Required. 任意の有効なファイル数。Any valid file number.

Output
Object[]

任意。Optional. ファイルへ書き込む 0 個以上のコンマで区切られた式。Zero or more comma-delimited expressions to write to a file.

Output 引数の設定は以下の通りです。The Output argument settings are: T:System.IO.IOException:ファイル モードが無効です。T:System.IO.IOException: File mode is invalid.

T:System.IO.IOException: FileNumber が存在しません。T:System.IO.IOException: FileNumber does not exist.

この例ではPrintPrintLine関数と関数を使用して、ファイルにデータを書き込みます。This example uses the Print and PrintLine functions to write data to a file.

FileOpen(1, "c:\trash.txt", OpenMode.Output)   ' Open file for output.
Print(1, "This is a test.")   ' Print text to file.
PrintLine(1)   ' Print blank line to file.
PrintLine(1, "Zone 1", TAB(), "Zone 2")   ' Print in two print zones.
PrintLine(1, "Hello", "World")   ' Separate strings with a tab.
PrintLine(1, SPC(5), "5 leading spaces ")   ' Print five leading spaces.
PrintLine(1, TAB(10), "Hello")   ' Print word at column 10.

' Assign Boolean, Date, and Error values.
Dim aBool As Boolean
Dim aDate As DateTime
aBool = False
aDate = DateTime.Parse("February 12, 1969")

' Dates and booleans are translated using locale settings of your system.
PrintLine(1, aBool, " is a Boolean value")
PrintLine(1, aDate, " is a date")
FileClose(1)   ' Close file.

注釈

関数PrintPrintLine関数は、下位互換性のために用意されており、パフォーマンスに影響を与える可能性があります。The Print and PrintLine functions are provided for backward compatibility and may affect performance. レガシ以外のアプリケーションでは、 My.Computer.FileSystemオブジェクトのパフォーマンスが向上します。For non-legacy applications, the My.Computer.FileSystem object provides better performance. 詳細については、「 Visual Basic を使用したファイルアクセス」を参照してください。For more information, see File Access with Visual Basic.

Print行の末尾に改行が含まれていません。ただし、PrintLineにはラインフィードが含まれます。Print does not include a line feed at the end of a line; however,PrintLine does include a line feed.

で書き込まれPrintたデータは、通常、またはLineInput Inputを使用してファイルから読み取ります。Data written with Print is usually read from a file by using LineInput or Input.

でを省略Output PrintLineした場合は、空白行がファイルに出力さPrintれます。の場合は、何も出力されません。If you omit Output for PrintLine, a blank line is printed to the file; for Print, nothing is output. コンマで区切られた複数の式はタブ境界に沿って配置されTABますが、コンマが混在していると結果が矛盾する可能性があります。Multiple expressions separated with a comma will be aligned on tab boundaries, but mixing commas and TAB may cause inconsistent results.

データBooleanの場合Trueは、 Falseまたはが出力されます。For Boolean data, either True or False is printed. ロケールにFalse関係なく、キーワードとキーワードは翻訳されません。TrueThe True and False keywords are not translated, regardless of the locale.

日付データは、システムによって認識される標準の短い日付形式を使用してファイルに書き込まれます。Date data is written to the file by using the standard short date format recognized by the system. 日付または時刻コンポーネントが見つからないかゼロの場合は、指定された部分だけがファイルに書き込まれます。When either the date or the time component is missing or zero, only the part provided is written to the file.

データが空の場合Output 、ファイルには何も書き込まれません。Nothing is written to the file if Output data is empty. ただし、リストOutputデータDBNullがの場合、はファイルに書き込まれます。NullHowever, if Output list data is DBNull, Null is written to the file.

データErrorの場合、出力はとError errorcodeして表示されます。For Error data, the output appears as Error errorcode. Errorキーワードは、ロケールに関係なく翻訳されません。The Error keyword is not translated regardless of the locale.

を使用Printしてファイルに書き込まれるすべてのデータは、国際的に認識されます。つまり、適切な小数点区切り記号を使用してデータが正しく書式設定されます。All data written to the file by using Print is internationally aware; that is, the data is correctly formatted using the appropriate decimal separator. ユーザーが複数のロケールで使用するためにデータを出力Writeする場合は、を使用する必要があります。If the user wishes to output data for use by multiple locales, Write should be used.

関数Printまたは関数を使用してPrintLineファイルに書き込むにはFileIOPermissionAccess 、列挙からアクセスする必要がありWriteます。Writing to a file by using the Print or PrintLine functions requires Write access from the FileIOPermissionAccess enumeration. 詳細については、「FileIOPermissionAccess」を参照してください。For more information, see FileIOPermissionAccess .

適用対象

こちらもご覧ください