FileLogTraceListener.AutoFlush FileLogTraceListener.AutoFlush FileLogTraceListener.AutoFlush FileLogTraceListener.AutoFlush Property

定義

ログ ファイル ストリームに書き込むたびに、バッファーをフラッシュするかどうかを示します。Indicates whether or not the writing to the log file stream flushes the buffer.

public:
 property bool AutoFlush { bool get(); void set(bool value); };
public bool AutoFlush { get; set; }
member this.AutoFlush : bool with get, set
Public Property AutoFlush As Boolean

プロパティ値

Boolean 値。書き込みのたびにストリームがフラッシュされる場合は True。それ以外の場合、ログ エントリはバッファーに格納されて、より効率よく出力されます。Boolean, with True indicating that the stream is flushed after every write; otherwise the log entries are buffered and written more efficiently. このプロパティの既定の設定は False です。The default setting for this property is False.

注釈

プロパティの設定はFalse 、多くのアプリケーションに対して最適なパフォーマンスを提供します。これは、ログファイルに複数のメッセージを一度に書き込む方が効率的であるためです。 AutoFlushThe False setting for the AutoFlush property provides the best performance for most applications, because it is more efficient to write multiple messages to the log file at one time. Flushメソッドを使用して、ログファイルの出力バッファーに現在格納されているすべてのメッセージをフラッシュすることができます。You can use the Flush method to flush any messages currently in the log file's output buffer. Closeメソッドを使用することもできます。このメソッドは、ログファイルを閉じる前にストリームを暗黙的にフラッシュします。You can also use the Close method, which implicitly flushes the stream before closing the log file.

適用対象

こちらもご覧ください