FileLogTraceListener.ReserveDiskSpace FileLogTraceListener.ReserveDiskSpace FileLogTraceListener.ReserveDiskSpace FileLogTraceListener.ReserveDiskSpace Property

定義

確保する空きディスク容量 (バイト単位) を取得または設定します。この容量を下回ると、ログ ファイルにメッセージを出力できなくなります。Gets or sets the amount of free disk space, in bytes, necessary before messages can be written to the log file.

public:
 property long ReserveDiskSpace { long get(); void set(long value); };
public long ReserveDiskSpace { get; set; }
member this.ReserveDiskSpace : int64 with get, set
Public Property ReserveDiskSpace As Long

プロパティ値

LongLong. 必要な空きディスク容量を表します。This is the amount of free disk space necessary. 既定値は1000万です。The default value is 10000000.

例外

このプロパティが 0 未満の値に設定されている場合に発生します。When this property is set to a value less than 0.

注釈

このプロパティを使用して、ログファイルがディスクに完全に格納されないようにします。Use this property to make sure that the log files do not completely fill the disk.

空きディスク領域の容量 (バイト単位) がこのプロパティFileLogTraceListenerの値よりも小さい場合、クラスがログにメッセージを書き込もうとすると、メッセージは破棄され、エラーはサイレントになるか、または次の値に応じて例外がスローされます。c2 > DiskSpaceExhaustedBehavior プロパティ。If the amount of free disk space (in bytes) is less than the value of this property, then when the FileLogTraceListener class attempts to write a message to the log, the message is discarded and the failure is either silent or an exception is thrown depending on the value of the DiskSpaceExhaustedBehavior property. それ以外の場合は、ログファイルのサイズ (バイト単位) がMaxFileSizeを超えると、メッセージがログに書き込まれます。Otherwise, the message is written to the log, if the log file size (in bytes) is greater than MaxFileSize.

適用対象

こちらもご覧ください