Strings.Format(Object, String) メソッド

定義

書式指定文字列 (String) 式に含まれる指示に従って書式設定された文字列を返します。Returns a string formatted according to instructions contained in a format String expression.

public static string Format (object? Expression, string? Style = "");
public static string Format (object Expression, string Style = "");
static member Format : obj * string -> string
Public Function Format (Expression As Object, Optional Style As String = "") As String

パラメーター

Expression
Object

必須です。Required. 任意の有効な式。Any valid expression.

Style
String

任意。Optional. 有効な名前の付いた、またはユーザー定義による String 型の書式指定式A valid named or user-defined format String expression.

戻り値

String

書式指定文字列 (String) 式に含まれる指示に従って書式設定された文字列です。A string formatted according to instructions contained in a format String expression.

Format の書式指定とユーザー定義の書式指定の両方を使って値の書式を指定する、String 関数のさまざまな使用例を次に示します。This example shows various uses of the Format function to format values using both String formats and user-defined formats. 日付の区切り記号 (/)、時刻の区切り記号 (:)、および午前/午後を示す文字 (t および tt) について、システムで実際に表示される書式は、コードが使用するロケール設定によって決まります。For the date separator (/), time separator (:), and the AM/PM indicators (t and tt), the actual formatted output displayed by your system depends on the locale settings the code is using. 時刻と日付を開発環境で表示する場合は、コード ロケールの短い時刻書式と短い日付書式が使用されます。When times and dates are displayed in the development environment, the short time format and short date format of the code locale are used.

注意

24 時間制を使用するロケールでは、午前/午後を示す記号 (t および tt) では何も表示されません。For locales that use a 24-hour clock, the AM/PM indicators (t and tt) display nothing.

Dim testDateTime As Date = #1/27/2001 5:04:23 PM#
Dim testStr As String
' Returns current system time in the system-defined long time format.
testStr = Format(Now(), "Long Time")
' Returns current system date in the system-defined long date format.
testStr = Format(Now(), "Long Date")
' Also returns current system date in the system-defined long date 
' format, using the single letter code for the format.
testStr = Format(Now(), "D")

' Returns the value of testDateTime in user-defined date/time formats.
' Returns "5:4:23".
testStr = Format(testDateTime, "h:m:s")
' Returns "05:04:23 PM".
testStr = Format(testDateTime, "hh:mm:ss tt")
' Returns "Saturday, Jan 27 2001".
testStr = Format(testDateTime, "dddd, MMM d yyyy")
' Returns "17:04:23".
testStr = Format(testDateTime, "HH:mm:ss")
' Returns "23".
testStr = Format(23)

' User-defined numeric formats.
' Returns "5,459.40".
testStr = Format(5459.4, "##,##0.00")
' Returns "334.90".
testStr = Format(334.9, "###0.00")
' Returns "500.00%".
testStr = Format(5, "0.00%")

注釈

String.Formatメソッドは同様の機能も提供します。The String.Format method also provides similar functionality.

ローカライズされていない数値文字列を書式設定する場合は、ユーザー定義の数値書式を使用して、希望どおりの外観にする必要があります。If you are formatting a nonlocalized numeric string, you should use a user-defined numeric format to ensure that you get the look you want.

を指定せずに数値の書式を設定しようとすると、関数は、 Style Format 関数と同様の機能を提供 Str します。ただし、この関数は、国際的に認識されています。If you try to format a number without specifying Style, the Format function provides functionality similar to the Str function, although it is internationally aware. ただし、関数を使用して文字列として書式設定される正の数値には、 Format 値の符号用に予約されている先頭のスペースは含まれません。関数を使用して変換された値は、 Str 先頭のスペースを保持しますHowever, positive numbers formatted as strings using the Format function don't include a leading space reserved for the sign of the value; those converted using the Str function retain the leading space.

異なる数値に対する異なる形式Different Formats for Different Numeric Values

ユーザー定義の数値式では、1 から 3 個のセクションをセミコロンで区切って指定できます。A user-defined format expression for numbers can have from one to three sections separated by semicolons. Style関数の引数に Format 定義済みの数値形式のいずれかが含まれている場合は、1つのセクションのみが許可されます。If the Style argument of the Format function contains one of the predefined numeric formats, only one section is allowed.

以下を使用する場合If you use 結果This is the result
1 つのセクションのみOne section only このフォーマット式は、すべての値に適用されます。The format expression applies to all values.
2 つTwo sections 最初のセクションは正の値と 0 に適用されます。2 番目は負の値に適用されます。The first section applies to positive values and zeros; the second applies to negative values.
3 つThree sections 最初のセクションは正の値に適用され、2 番目は負の値に適用され、3 番目は 0 に適用されます。The first section applies to positive values, the second applies to negative values, and the third applies to zeros.

次の例には2つのセクションがあります。1つ目は、正の値と0の形式を定義します。2番目のセクションでは、負の値の形式を定義します。The following example has two sections: the first defines the format for positive values and zeros; the second section defines the format for negative values. Style関数の引数は Format 文字列を受け取るため、引用符で囲まれています。Since the Style argument of the Format function takes a string, it is enclosed by quotation marks.

Dim style1 As String = "$#,##0;($#,##0)"

セミコロンの間に何も含まれていない場合、欠落しているセクションは正の値の書式を使用して出力されます。If you include semicolons with nothing between them, the missing section is printed using the format of the positive value. たとえば、次の形式では、最初のセクションの書式を使用して正と負の値が表示され、 Zero 値が0の場合はが表示されます。For example, the following format displays positive and negative values using the format in the first section and displays Zero if the value is zero.

Dim style2 As String = "$#,##0;;\Z\e\r\o"

定義済みの数値書式Predefined Numeric Formats

次の表では、定義済みの数値書式の名前を示します。The following table identifies the predefined numeric format names. これらは、関数の引数として名前によって使用される場合があり Style Format ます。These may be used by name as the Style argument for the Format function:

形式名Format name 説明Description
General NumberG、または gGeneral Number, G, or g 桁区切り記号を付けずに数値を表示します。Displays number with no thousand separator.

たとえば、Format(&H3FA, "g") では 1018 が返されます。For example, Format(&H3FA, "g") returns 1018.
CurrencyC、または cCurrency, C, or c 必要に応じて、数値を桁区切り記号付きで表示します。小数点区切り文字の右側に2桁の数字が表示されます。Displays number with thousand separator, if appropriate; displays two digits to the right of the decimal separator. 出力はシステムのロケール設定に基づきます。Output is based on system locale settings.

たとえば、Format(1234567, "c") では $1,234,567.00 が返されます。For example, Format(1234567, "c") returns $1,234,567.00.
FixedF、または fFixed, F, or f 少なくとも、小数点区切り記号の左側に 1 桁、右側に 2 桁の数字を表示します。Displays at least one digit to the left and two digits to the right of the decimal separator.

たとえば、Format(1234567, "f") では 1234567.00 が返されます。For example, Format(1234567, "f") returns 1234567.00.
StandardN、または nStandard, N, or n 数値を桁区切り記号付きで表示します。少なくとも1つの数字を左に1桁、小数点区切り文字の右側に2桁の数字を表示します。Displays number with thousand separator, at least one digit to the left and two digits to the right of the decimal separator.

たとえば、Format(1234567, "n") では 1,234,567.00 が返されます。For example, Format(1234567, "n") returns 1,234,567.00.
Percent 数値に 100 を乗算し、直後の右側にパーセント記号 (%) を追加して表示します。小数点区切り記号の右側に、常に 2 桁の数字を表示します。Displays number multiplied by 100 with a percent sign (%) appended immediately to the right; always displays two digits to the right of the decimal separator.

たとえば、Format(0.4744, "Percent") では 47.44% が返されます。For example, Format(0.4744, "Percent") returns 47.44%.
P または pP, or p 数値を 100 倍して桁区切り記号を付け、数値の右側にスペース 1 文字とパーセント記号 (%) を表示します。小数点区切り記号の右側に、常に 2 桁の数字を表示します。Displays number with thousandths separator multiplied by 100 with a percent sign (%) appended to the right and separated by a single space; always displays two digits to the right of the decimal separator.

たとえば、Format(0.80345, "p") では 80.35 % が返されます。For example, Format(0.80345, "p") returns 80.35 %.
Scientific 2 桁の有効桁数を提供する標準指数表記を使用します。Uses standard scientific notation, providing two significant digits.

たとえば、Format(1234567, "Scientific") では 1.23E+06 が返されます。For example, Format(1234567, "Scientific") returns 1.23E+06.
E または eE, or e 標準的な科学的表記法を使用します。有効桁数は 6 桁です。Uses standard scientific notation, providing six significant digits.

たとえば、Format(1234567, "e") では 1.234567e+006 が返されます。For example, Format(1234567, "e") returns 1.234567e+006.
D または dD, or d 数値を 10 進数形式の値を格納する文字列として表示します。Displays number as a string that contains the value of the number in Decimal (base 10) format. このオプションは、整数型 (、、、) でのみサポートされてい Byte Short Integer Long ます。This option is supported for integral types (Byte, Short, Integer, Long) only.

たとえば、Format(&H7F, "d") では 127 が返されます。For example, Format(&H7F, "d") returns 127.
X または xX, or x 数値を 16 進数形式の値を格納する文字列として表示します。Displays number as a string that contains the value of the number in Hexadecimal (base 16) format. このオプションは、整数型 (、、、) でのみサポートされてい Byte Short Integer Long ます。This option is supported for integral types (Byte, Short, Integer, Long) only.

たとえば、Format(127, "x") では 7f が返されます。For example, Format(127, "x") returns 7f.
Yes/No No数値が0の場合に表示されます。それ以外の場合は、が表示され Yes ます。Displays No if number is 0; otherwise, displays Yes.

たとえば、Format(0, "Yes/No") では No が返されます。For example, Format(0, "Yes/No") returns No.
True/False False数値が0の場合に表示されます。それ以外の場合は、が表示され True ます。Displays False if number is 0; otherwise, displays True.

たとえば、Format(1, "True/False") では True が返されます。For example, Format(1, "True/False") returns True.
On/Off Off数値が0の場合に表示されます。それ以外の場合は、が表示され On ます。Displays Off if number is 0; otherwise, displays On.

たとえば、Format(1, "On/Off") では On が返されます。For example, Format(1, "On/Off") returns On.

スマート デバイス開発者向けのメモSmart Device Developer Notes

Yes/NoTrue/False 、およびの各 On/Off 形式はサポートされていません。The Yes/No, True/False, and On/Off formats are not supported.

User-Defined 数値形式User-Defined Numeric Formats

次の表は、ユーザー定義の数値書式を作成するために使用できる文字を示しています。The following table identifies characters you can use to create user-defined number formats. これらは、関数の引数を構築するために使用でき Style Format ます。These may be used to build the Style argument for the Format function:

文字Character 説明Description
NoneNone 書式設定なしで数値を表示します。Displays the number with no formatting.
(0)(0) 数字のプレースホルダー。Digit placeholder. 数字または 0 を表示します。Displays a digit or a zero. 式の位置に、書式指定文字列にゼロが含まれている数字がある場合は、それを表示します。それ以外の場合は、その位置に0が表示されます。If the expression has a digit in the position where the zero appears in the format string, display it; otherwise, displays a zero in that position.

数値の桁数が、書式の式のゼロ (小数点の両側) の数より少ない場合は、先頭または末尾に 0 が表示されます。If the number has fewer digits than there are zeros (on either side of the decimal) in the format expression, displays leading or trailing zeros. 数値の小数点区切り記号より右側の桁数が、書式の式の小数点区切り記号より右側の 0 の数より多い場合、数値は 0 と同数の小数点以下の桁数に丸められます。If the number has more digits to the right of the decimal separator than there are zeros to the right of the decimal separator in the format expression, rounds the number to as many decimal places as there are zeros. 数値の小数点区切り記号より左側の桁数が、書式の式の小数点区切り記号より左側の 0 の数より多い場合、余分な数字が変更なしで表示されます。If the number has more digits to the left of the decimal separator than there are zeros to the left of the decimal separator in the format expression, displays the extra digits without modification.
(#)(#) 数字のプレースホルダー。Digit placeholder. 数字を表示するか、または何も表示しません。Displays a digit or nothing. 書式指定文字列内の文字が出現する位置に式の数字がある場合は # 、それが表示されます。それ以外の場合は、その位置に何も表示されません。If the expression has a digit in the position where the # character appears in the format string, displays it; otherwise, displays nothing in that position.

この記号は、数字のプレースホルダーと同様に機能し 0 ます。ただし、数値の桁数が、 # フォーマット式の小数点区切り文字の両側の文字数よりも小さい場合、先頭と末尾のゼロは表示されません。This symbol works like the 0 digit placeholder, except that leading and trailing zeros aren't displayed if the number has fewer digits than there are # characters on either side of the decimal separator in the format expression.
(.)(.) 小数点のプレースホルダー。Decimal placeholder. 小数点プレースホルダーにより、小数点区切り記号の左側と右側に表示される数字の数が決まります。The decimal placeholder determines how many digits are displayed to the left and right of the decimal separator. 書式指定式にこの記号の左側の文字のみが含まれている場合、 # 1 より小さい数値は小数点区切り文字で始まります。If the format expression contains only # characters to the left of this symbol; numbers smaller than 1 begin with a decimal separator. 小数部の前にゼロを表示するには、小数点区切り記号の左側の最初の桁プレースホルダーとしてゼロを使用します。To display a leading zero displayed with fractional numbers, use zero as the first digit placeholder to the left of the decimal separator. ロケールによっては、小数点区切り記号としてコンマが使用されます。In some locales, a comma is used as the decimal separator. 書式設定された出力で、小数点プレースホルダーとして使用される実際の文字は、システムによって認識される数値書式によって異なります。The actual character used as a decimal placeholder in the formatted output depends on the number format recognized by your system. したがって、小数点プレースホルダーとしてコンマを使用するロケールの場合でも、書式では小数点プレースホルダーとしてピリオドを使用する必要があります。Thus, you should use the period as the decimal placeholder in your formats even if you are in a locale that uses a comma as a decimal placeholder. 書式設定された文字列は、ロケールに適した書式で示されます。The formatted string will appear in the format correct for the locale.
(%)(%) パーセント プレースホルダー。Percent placeholder. 式を 100 で乗算します。Multiplies the expression by 100. パーセント文字 (%) は、書式設定文字列で示される位置に挿入されます。The percent character (%) is inserted in the position where it appears in the format string.
(,)(,) 桁区切り記号。Thousand separator. 桁区切り記号は、小数点区切り記号の左側に 4 桁以上ある数値で、千の位と百の位を区切ります。The thousand separator separates thousands from hundreds within a number that has four or more places to the left of the decimal separator. 桁区切り記号の標準的な使用方法は、数字のプレースホルダー (または) で囲まれた桁区切り記号が書式に含まれる場合に指定され 0 # ます。Standard use of the thousand separator is specified if the format contains a thousand separator surrounded by digit placeholders (0 or #).

桁区切り記号が (小数点が指定されているかどうかにかかわらず) 小数点区切り記号のすぐ左側にあるか、文字列の右端の文字として示されている場合、"必要に応じて、数値を 1,000 で除算し、丸める" という意味になります。A thousand separator immediately to the left of the decimal separator (whether or not a decimal is specified) or as the rightmost character in the string means "scale the number by dividing it by 1,000, rounding as needed." 1000よりも小さいが、500以上の数値はとして表示され 1 、500よりも小さい数値はと表示され 0 ます。Numbers smaller than 1,000 but greater or equal to 500 are displayed as 1, and numbers smaller than 500 are displayed as 0. この位置に 2 つの隣接する桁区切り記号がある場合は、100 万の係数でスケーリングされ、区切り記号が追加されるたびに 1,000 の係数が追加されます。Two adjacent thousand separators in this position scale by a factor of 1 million, and an additional factor of 1,000 for each additional separator.

小数点区切り記号のすぐ左側または文字列内の右端の位置以外の任意の位置にある複数の区切り記号は、単に桁区切り記号の使用の指定として扱われます。Multiple separators in any position other than immediately to the left of the decimal separator or the rightmost position in the string are treated simply as specifying the use of a thousand separator. ロケールによっては、桁区切り記号としてピリオドが使用されます。In some locales, a period is used as a thousand separator. 書式設定された出力で、桁区切り記号として実際に使用される文字は、システムによって認識される数値書式によって異なります。The actual character used as the thousand separator in the formatted output depends on the Number Format recognized by your system. したがって、桁区切り記号としてピリオドを使用するロケールの場合でも、書式では桁区切り記号としてコンマを使用する必要があります。Thus, you should use the comma as the thousand separator in your formats even if you are in a locale that uses a period as a thousand separator. 書式設定された文字列は、ロケールに適した書式で示されます。The formatted string will appear in the format correct for the locale.

たとえば、次の 3 つの書式文字列について考えてみます。For example, consider the three following format strings:

- "#,0."。桁区切り記号を使用して、数値1億を文字列 "1億" として書式設定します。- "#,0.", which uses the thousands separator to format the number 100 million as the string "100,000,000".
- "#0,."。1000の係数でスケーリングを使用して、数値1億を文字列 "10万" として書式設定します。- "#0,.", which uses scaling by a factor of one thousand to format the number 100 million as the string "100000".
- "#,0,."。桁区切り記号と1000によるスケーリングを使用して、数値1億を文字列 "10万" として書式設定します。- "#,0,.", which uses the thousands separator and scaling by one thousand to format the number 100 million as the string "100,000".
(:)(:) 時刻の区切り記号。Time separator. ロケールによっては、他の文字を使用して時刻区切り記号が表される場合があります。In some locales, other characters may be used to represent the time separator. 時刻の値を書式設定するときに、時刻区切り記号で時、分、秒を区切ります。The time separator separates hours, minutes, and seconds when time values are formatted. 書式設定された出力で時刻区切り記号として実際に使用される文字は、システム設定によって決まります。The actual character used as the time separator in formatted output is determined by your system settings.
(/)(/) 日付の区切り記号。Date separator. ロケールによっては、他の文字を使用して日付区切り記号が表される場合があります。In some locales, other characters may be used to represent the date separator. 日付の値を書式設定するときに、日付区切り記号で日、月、年を区切ります。The date separator separates the day, month, and year when date values are formatted. 書式設定された出力で日付区切り記号として実際に使用される文字は、システム設定によって決まります。The actual character used as the date separator in formatted output is determined by your system settings.
(E-``E+``e-``e+)(E-``E+``e-``e+) 科学的表記形式。Scientific format. 書式指定式に少なくとも1つの数字のプレースホルダー ( 0 または) が、、、 # またはの左側に含まれている場合 E- E+ e- e+ 、数値は指数形式で表示される E か、 e 数値と指数の間に挿入されます。If the format expression contains at least one digit placeholder (0 or #) to the left of E-, E+, e-, or e+, the number is displayed in scientific format and E or e is inserted between the number and its exponent. 左側の数字プレースホルダーの数によって、指数部の桁数が決まります。The number of digit placeholders to the left determines the number of digits in the exponent. E- e- 負の指数の横にマイナス記号を付けるには、またはを使用します。Use E- or e- to place a minus sign next to negative exponents. E+ e+ 負の指数の横にマイナス記号を付け、正の指数の横にプラス記号を付けるには、またはを使用します。Use E+ or e+ to place a minus sign next to negative exponents and a plus sign next to positive exponents. 正しい書式設定を取得するには、この記号の右側に数字プレースホルダーを含める必要もあります。You must also include digit placeholders to the right of this symbol to get correct formatting.
- + $ ( )- + $ ( ) リテラル文字。Literal characters. これらの文字は、書式文字列に入力されたとおりに表示されます。These characters are displayed exactly as typed in the format string. 一覧に含まれていない文字を表示するには、その文字の前に円記号 (\) を付けるか、または二重引用符 (" ") で囲みます。To display a character other than one of those listed, precede it with a backslash (\) or enclose it in double quotation marks (" ").
(\)(\) 書式文字列の次の文字を表示します。Displays the next character in the format string. リテラル文字として特別な意味を持つ文字を表示するには、その文字の前に円記号 (\) を付けます。To display a character that has special meaning as a literal character, precede it with a backslash (\). 円記号自体は表示されません。The backslash itself isn't displayed. 円記号の使用は、次の文字を二重引用符で囲むことと同じです。Using a backslash is the same as enclosing the next character in double quotation marks. 円記号を表示するには、2 つの円記号 (\\) を使用します。To display a backslash, use two backslashes (\\).

リテラル文字として表示できない文字の例としては、日付と時刻の書式設定文字 (、、、、、、、、、、、、、および)、数値の書式設定文字 (、、、、 a c d h m n p q s t w y / : # 0 % E e 、コンマ、およびピリオド)、および文字列の書式設定文字 (、、、、 @ & < > および ! ) があります。Examples of characters that can't be displayed as literal characters are the date-formatting and time-formatting characters (a, c, d, h, m, n, p, q, s, t, w, y, /, and :), the numeric-formatting characters (#, 0, %, E, e, comma, and period), and the string-formatting characters (@, &, <, >, and !).
("``ABC``")("``ABC``") 二重引用符 (" ") の内側に文字列を表示します。Displays the string inside the double quotation marks (" "). コード内からスタイル引数に文字列を含めるには、を使用し Chr(34) てテキストを囲む必要があり 34 ます (は引用符 (") の文字コードです)。To include a string in the style argument from within code, you must use Chr(34) to enclose the text (34 is the character code for a quotation mark (")).

古いコードの例Legacy Code Example

次の表には、数値のサンプル書式の式がいくつか含まれています The following table contains some sample format expressions for numbers. (これらの例では、システムのロケール設定が英語-U. S であることを前提としています)。最初の列には、関数の引数の書式設定文字列が含まれてい Style Format ます。書式設定されたデータに列見出しの値が指定されている場合、その他の列には結果の出力が含まれます。(These examples all assume that your system's locale setting is English-U.S.) The first column contains the format strings for the Style argument of the Format function; the other columns contain the resulting output if the formatted data has the value given in the column headings.

Format ( Style )Format (Style) "5" の書式設定"5" formatted as "-5" の書式設定"-5" formatted as "0.5" の書式設定"0.5" formatted as
Zero-length string ("") 5 -5 0.5
0 5 -5 1
0.00 5.00 -5.00 0.50
#,##0 5 -5 1
$#,##0;($#,##0) $5 ($5) $1
$#,##0.00;($#,##0.00) $5.00 ($5.00) $0.50
0% 500% -500% 50%
0.00% 500.00% -500.00% 50.00%
0.00E+00 5.00E+00 -5.00E+00 5.00E-01
0.00E-00 5.00E00 -5.00E00 5.00E-01

定義済みの日付/時刻形式Predefined Date/Time Formats

次の表では、定義済みの日付と時刻の書式の名前を示します。The following table identifies the predefined date and time format names. これらは、関数のスタイル引数として名前によって使用される場合があり Format ます。These may be used by name as the style argument for the Format function:

形式名Format Name 説明Description
General Date または GGeneral Date, or G 日付か時刻、または両方を表示します。Displays a date and/or time. たとえば、3/12/2008 11:07:31 AM のようにします。For example, 3/12/2008 11:07:31 AM. 日付の表示は、アプリケーションの現在のカルチャ値によって決まります。Date display is determined by your application's current culture value.
Long DateMedium Date、または DLong Date, Medium Date, or D 現在のカルチャの長い日付書式に従って日付を表示します。Displays a date according to your current culture's long date format. たとえば、Wednesday, March 12, 2008 のようにします。For example, Wednesday, March 12, 2008.
Short Date または dShort Date, or d 現在のカルチャの短い日付書式を使用して日付を表示します。Displays a date using your current culture's short date format. たとえば、3/12/2008 のようにします。For example, 3/12/2008.

文字は、 d ユーザー定義の日付形式で日を表示します。The d character displays the day in a user-defined date format.
Long TimeMedium Time、または TLong Time, Medium Time, or T 現在のカルチャの長い時刻書式を使用して時刻を表示します。通常、時間、分、秒が含まれます。Displays a time using your current culture's long time format; typically includes hours, minutes, seconds. たとえば、11:07:31 AM のようにします。For example, 11:07:31 AM.
Short Time または tShort Time or t 現在のカルチャの短い時刻書式に従って時刻を表示します。Displays a time using your current culture's short time format. たとえば、11:07 AM のようにします。For example, 11:07 AM.

t文字は、 AM PM ユーザー定義の時刻形式で12時間制を使用するロケールのまたは値を表示します。The t character displays AM or PM values for locales that use a 12-hour clock in a user-defined time format.
f 現在のカルチャの書式に従って、長い日付と短い時刻を表示します。Displays the long date and short time according to your current culture's format. たとえば、Wednesday, March 12, 2008 11:07 AM のようにします。For example, Wednesday, March 12, 2008 11:07 AM.
F 現在のカルチャの書式に従って長い日付と長い時刻を表示します。Displays the long date and long time according to your current culture's format. たとえば、Wednesday, March 12, 2008 11:07:31 AM のようにします。For example, Wednesday, March 12, 2008 11:07:31 AM.
g 現在のカルチャの書式に従って、短い日付と短い時刻を表示します。Displays the short date and short time according to your current culture's format. たとえば、3/12/2008 11:07 AM のようにします。For example, 3/12/2008 11:07 AM.
M, mM, m 月と日を表示します。Displays the month and the day of a date. たとえば、March 12 のようにします。For example, March 12.

文字は、 M ユーザー定義の日付形式で月を表示します。The M character displays the month in a user-defined date format. 文字は、 m ユーザー定義の時刻形式で分を表示します。The m character displays the minutes in a user-defined time format.
R, rR, r プロパティに従って日付の書式を設定 RFC1123Pattern します。Formats the date according to the RFC1123Pattern property. たとえば、Wed, 12 Mar 2008 11:07:31 GMT のようにします。For example, Wed, 12 Mar 2008 11:07:31 GMT. 書式設定された日付では、日付と時刻の値は調整されません。The formatted date does not adjust the value of the date and time. 関数を呼び出す前に、日付/時刻値を GMT に調整する必要があり Format ます。You must adjust the Date/Time value to GMT before calling the Format function.
s 日付と時刻を並べ替え可能なインデックスとして設定します。Formats the date and time as a sortable index. たとえば、2008-03-12T11:07:31 のようにします。For example, 2008-03-12T11:07:31.

文字は、 s ユーザー定義の時刻形式で秒を表示します。The s character displays the seconds in a user-defined time format.
u 日付と時刻を GMT 形式の並べ替え可能なインデックスとして設定します。Formats the date and time as a GMT sortable index. たとえば、2008-03-12 11:07:31Z のようにします。For example, 2008-03-12 11:07:31Z.
U 日付と時刻を GMT 形式の長い日付と長い時刻で設定します。Formats the date and time with the long date and long time as GMT. たとえば、Wednesday, March 12, 2008 6:07:31 PM のようにします。For example, Wednesday, March 12, 2008 6:07:31 PM.
Y, yY, y 日付を年と月として設定します。Formats the date as the year and month. たとえば、March, 2008 のようにします。For example, March, 2008.

Yと文字は、 y ユーザー定義の日付形式で年を表示します。The Y and y characters display the year in a user-defined date format.

アプリケーションの現在のカルチャ情報の詳細については、「 カルチャが Visual Basic 内の文字列に与える影響」を参照してください。For more information about the application's current culture information, see How Culture Affects Strings in Visual Basic.

日付/時刻形式の User-DefinedUser-Defined Date/Time Formats

次の表では、ユーザー定義の日付/時刻書式を作成するために使用できる文字を示します。The following table shows characters you can use to create user-defined date/time formats. 以前のバージョンの Visual Basic とは異なり、これらの書式指定文字では大文字と小文字が区別されます。Unlike in earlier versions of Visual Basic, these format characters are case-sensitive.

文字Character 説明Description
(:)(:) 時刻の区切り記号。Time separator. ロケールによっては、他の文字を使用して時刻区切り記号が表される場合があります。In some locales, other characters may be used to represent the time separator. 時刻の値を書式設定するときに、時刻区切り記号で時、分、秒を区切ります。The time separator separates hours, minutes, and seconds when time values are formatted. 書式設定された出力で時刻区切り記号として使用される実際の文字は、アプリケーションの現在のカルチャ値によって決まります。The actual character that is used as the time separator in formatted output is determined by your application's current culture value.
(/)(/) 日付の区切り記号。Date separator. ロケールによっては、他の文字を使用して日付区切り記号が表される場合があります。In some locales, other characters may be used to represent the date separator. 日付の値を書式設定するときに、日付区切り記号で日、月、年を区切ります。The date separator separates the day, month, and year when date values are formatted. 書式設定された出力で日付区切り記号として使用される実際の文字は、アプリケーションの現在のカルチャによって決まります。The actual character that is used as the date separator in formatted output is determined by your application's current culture.
(%)(%) 後続の文字に関係なく、次の文字が 1 文字書式として読み取られる必要があることを示すために使用されます。Used to indicate that the following character should be read as a single-letter format without regard to any trailing letters. また、1 文字書式がユーザー定義書式として読み取られることを示すためにも使用されます。Also used to indicate that a single-letter format is read as a user-defined format. 詳細については、以下を参照してください。See what follows for additional details.
d 先頭に0を付けずに、日を数値として表示します (たとえば、 1 )。Displays the day as a number without a leading zero (for example, 1). %dこれがユーザー定義の数値書式で唯一の文字である場合は、を使用します。Use %d if this is the only character in your user-defined numeric format.
dd 先頭に0を付けた数値 (たとえば、) で日を表示し 01 ます。Displays the day as a number with a leading zero (for example, 01).
ddd 曜日を省略形で表示します (たとえば、 Sun )。Displays the day as an abbreviation (for example, Sun).
dddd 曜日を完全な名前で表示します (たとえば、 Sunday )。Displays the day as a full name (for example, Sunday).
M 前に0を付けずに、月を数値として表示します (たとえば、1月はとして表され 1 ます)。Displays the month as a number without a leading zero (for example, January is represented as 1). %Mこれがユーザー定義の数値書式で唯一の文字である場合は、を使用します。Use %M if this is the only character in your user-defined numeric format.
MM 前に0を付けた数値で月を表示します (たとえば、 01/12/01 )。Displays the month as a number with a leading zero (for example, 01/12/01).
MMM 月を省略形で表示します (たとえば、 Jan )。Displays the month as an abbreviation (for example, Jan).
MMMM 月を月の完全な名前として表示します (たとえば、 January )。Displays the month as a full month name (for example, January).
gg 期間/時代 (年号) 文字列 (など) を表示 A.D. します。Displays the period/era string (for example, A.D.).
h 12時間形式 (など) を使用して、先行ゼロを含まない数値として時間を表示し 1:15:15 PM ます。Displays the hour as a number without leading zeros using the 12-hour clock (for example, 1:15:15 PM). %hこれがユーザー定義の数値書式で唯一の文字である場合は、を使用します。Use %h if this is the only character in your user-defined numeric format.
hh 12時間制を使用して、先頭に0を付けた数値として時間を表示します (例: 01:15:15 PM )。Displays the hour as a number with leading zeros using the 12-hour clock (for example, 01:15:15 PM).
H 24時間制 (など) を使用して、先行ゼロを含まない数値として時間を表示し 1:15:15 ます。Displays the hour as a number without leading zeros using the 24-hour clock (for example, 1:15:15). %Hこれがユーザー定義の数値書式で唯一の文字である場合は、を使用します。Use %H if this is the only character in your user-defined numeric format.
HH 24時間制を使用して、先頭に0を付けた数値として時間を表示します (例: 01:15:15 )。Displays the hour as a number with leading zeros using the 24-hour clock (for example, 01:15:15).
m 先頭に0を付けずに分を数値として表示します (たとえば、 12:1:15 )。Displays the minute as a number without leading zeros (for example, 12:1:15). %mこれがユーザー定義の数値書式で唯一の文字である場合は、を使用します。Use %m if this is the only character in your user-defined numeric format.
mm 先頭に0を付けた数値 (など) で分を表示し 12:01:15 ます。Displays the minute as a number with leading zeros (for example, 12:01:15).
s 2番目のを先頭に0を付けない数値として表示します (たとえば、 12:15:5 )。Displays the second as a number without leading zeros (for example, 12:15:5). %sこれがユーザー定義の数値書式で唯一の文字である場合は、を使用します。Use %s if this is the only character in your user-defined numeric format.
ss 先頭に0を付けた数値として秒を表示します (たとえば、 12:15:05 )。Displays the second as a number with leading zeros (for example, 12:15:05).
f 秒の小数部を表示します。Displays fractions of seconds. たとえば、には1/100 秒が表示され、には ff ffff 10 分の10分が表示されます。For example ff displays hundredths of seconds, whereas ffff displays ten-thousandths of seconds. ユーザー定義形式では、最大7つのシンボルを使用でき f ます。You may use up to seven f symbols in your user-defined format. %fこれがユーザー定義の数値書式で唯一の文字である場合は、を使用します。Use %f if this is the only character in your user-defined numeric format.
t 12時間制を使用して、 A 正午より前の時間に大文字を表示します。 P 正午から午後11:59 時までの時間には大文字を表示します。Uses the 12-hour clock and displays an uppercase A for any hour before noon; displays an uppercase P for any hour between noon and 11:59 P.M. %tこれがユーザー定義の数値書式で唯一の文字である場合は、を使用します。Use %t if this is the only character in your user-defined numeric format.
tt 12時間制を使用するロケールの場合、正午より前の時刻に大文字が表示され AM ます。 PM 正午から午後11:59 の間の時間を大文字で表示します。For locales that use a 12-hour clock, displays an uppercase AM with any hour before noon; displays an uppercase PM with any hour between noon and 11:59 P.M.

24 時間制を使用するロケールの場合は、何も表示されません。For locales that use a 24-hour clock, displays nothing.
y 先頭に 0 を付けずに年数 (0 から 9) を表示します。Displays the year number (0-9) without leading zeros. %yこれがユーザー定義の数値書式で唯一の文字である場合は、を使用します。Use %y if this is the only character in your user-defined numeric format.
yy 該当する場合は、先頭に 0 を付けて 2 桁の数値書式で年を表示します。Displays the year in two-digit numeric format with a leading zero, if applicable.
yyy 年を 4 桁の数値書式で表示します。Displays the year in four-digit numeric format.
yyyy 年を 4 桁の数値書式で表示します。Displays the year in four-digit numeric format.
z 先頭に0を付けずにタイムゾーンオフセットを表示します (たとえば、 -8 )。Displays the timezone offset without a leading zero (for example, -8). %zこれがユーザー定義の数値書式で唯一の文字である場合は、を使用します。Use %z if this is the only character in your user-defined numeric format.
zz 先頭に0を付けたタイムゾーンオフセットを表示します (たとえば、 -08 )。Displays the timezone offset with a leading zero (for example, -08)
zzz 完全なタイムゾーンオフセットを表示します (例 -08:00 )。Displays the full timezone offset (for example, -08:00)

古いコードの例Legacy Code Example

次に、のユーザー定義の日付と時刻の形式の例を示し December 7, 1958, 8:50 PM, 35 seconds ます。The following are examples of user-defined date and time formats for December 7, 1958, 8:50 PM, 35 seconds:

形式Format 表示Displays
M/d/yy 12/7/58
d-MMM 7-Dec
d-MMMM-yy 7-December-58
d MMMM 7 December
MMMM yy December 58
hh:mm tt 08:50 PM
h:mm:ss t 8:50:35 P
H:mm 20:50
H:mm:ss 20:50:35
M/d/yyyy H:mm 12/7/1958 20:50

スマート デバイス開発者向けのメモSmart Device Developer Notes

デバイスの最小時間の解像度は、デバイスの製造元によって決まります。The minimum time resolution for a device is determined by the manufacturer of the device. デバイスの時刻の解像度が十分に粗い場合、 f フォーマット文字はそのデバイスで実行すると0を返します。If the time resolution for the device is coarse enough, the f format character returns 0 when run on that device.

適用対象

こちらもご覧ください