Strings.FormatDateTime(DateTime, DateFormat) メソッド

定義

日時の値を表す文字列式を返します。

public static string FormatDateTime (DateTime Expression, Microsoft.VisualBasic.DateFormat NamedFormat = Microsoft.VisualBasic.DateFormat.GeneralDate);
static member FormatDateTime : DateTime * Microsoft.VisualBasic.DateFormat -> string
Public Function FormatDateTime (Expression As DateTime, Optional NamedFormat As DateFormat = Microsoft.VisualBasic.DateFormat.GeneralDate) As String

パラメーター

Expression
DateTime

必須です。 書式設定する Date 型の式。

NamedFormat
DateFormat

省略可能。 使用する日付/時刻形式を示す数値。 省略した場合は、DateFormat.GeneralDate が使用されます。

戻り値

String

日時の値を表す文字列式です。

例外

NamedFormat の設定が有効ではありません。

この例では、関数の使用方法を FormatDateTime 示します。

' English (US) format.
Dim testDate As DateTime = #3/12/1999#

' FormatDateTime returns "Friday, March 12, 1999".
' The time information is neutral (00:00:00) and therefore suppressed.
Dim testString As String = FormatDateTime(testDate, DateFormat.LongDate)

注釈

データ型には Date 、常に日付と時刻の両方の情報が含まれます。 型変換の目的で、Visual Basicは 1/1/1 (年 1 年の 1 月 1 日) を日付の中立値とし、00:00:00 (午前 0 時) を時刻の中立値と見なします。 値を Date 日付/時刻文字列として書式設定する場合、 FormatDateTime 結果の文字列にニュートラル値は含まれません。 たとえば、#1/1/0001 9:30:00# を文字列に変換すると、結果は "9:30:00 AM" になります。日付情報は抑制されます。 ただし、日付情報は元の Date 値には引き続き存在しているため、DatePart などの関数を使用して回復できます。

注意

引数をリテラルとして渡すExpression場合は、FormatDateTimeアプリケーションの設定にCurrentCulture従って解釈Stringします。 ただし、リテラルとしてDate渡す場合は、常に英語 (米国) カルチャに従ってリテラルを解釈DateするためFormatDateTime、#mm/dd/yyyy# 形式を使用します。 これは、アプリケーションが 1 つのカルチャのリテラルを使用して Date 開発およびコード化され、別のカルチャのプラットフォームで実行される場合、 Date リテラルが誤って解析される可能性があるためです。

引数の NamedFormat 設定は次のとおりです。

定数 説明
DateFormat.GeneralDate 日付または時刻を表示します。 日付パーツを短い日付として表示します。 時間の部分がある場合は、長い時間として表示します。 存在する場合は、両方のパーツが表示されます。
DateFormat.LongDate コンピューターの地域設定で指定された長い日付形式を使用して日付を表示します。
DateFormat.ShortDate コンピューターの地域設定で指定された短い日付形式を使用して日付を表示します。
DateFormat.LongTime コンピューターの地域設定で指定された時刻形式を使用して時刻を表示します。
DateFormat.ShortTime 24 時間形式 (hh:mm) を使用して時刻を表示します。

適用対象

こちらもご覧ください