Strings.Join メソッド

定義

配列に含まれる多数の部分文字列を結合して作成される文字列を返します。

オーバーロード

Join(Object[], String)

配列に含まれる多数の部分文字列を結合して作成される文字列を返します。

Join(String[], String)

配列に含まれる多数の部分文字列を結合して作成される文字列を返します。

Join(Object[], String)

配列に含まれる多数の部分文字列を結合して作成される文字列を返します。

public static string? Join (object?[] SourceArray, string? Delimiter = " ");
public static string Join (object[] SourceArray, string Delimiter = " ");
static member Join : obj[] * string -> string
Public Function Join (SourceArray As Object(), Optional Delimiter As String = " ") As String

パラメーター

SourceArray
Object[]

必須です。 結合する部分文字列を含む 1 次元配列。

Delimiter
String

省略可能。 返された文字列内の部分文字列を区切るために使用される任意の文字列。 省略した場合は、空白文字 (" ") が使用されます。 Delimiter が長さ 0 の文字列 ("") または Nothing の場合、リスト内のすべてのアイテムが区切り文字なしで連結されます。

戻り値

String

配列に含まれる多数の部分文字列を結合して作成される文字列です。

例外

SourceArray が 1 次元ではありません。

次の例では、関数を使用して複数の Join 文字列からリストを作成する方法を示します。

Dim testItem() As String = {"Pickle", "Pineapple", "Papaya"}
' Returns "Pickle, Pineapple, Papaya"
Dim testShoppingList As String = Join(testItem, ", ")

注釈

関数とSplit関数の間にはパリティがありますJoin。 この関数は Join 、文字列の配列を受け取り、区切り記号文字列を使用して結合して、1 つの文字列を返します。 この関数は Split 文字列を受け取り、区切り記号で区切って文字列の配列を返します。 ただし、重要な違いは、文字列を任意の区切り記号文字列と連結でき、 Split 1 つの文字区切り記号を使用してのみ文字列を区切ることができる点Joinです。

こちらもご覧ください

適用対象

Join(String[], String)

配列に含まれる多数の部分文字列を結合して作成される文字列を返します。

public static string? Join (string?[] SourceArray, string? Delimiter = " ");
public static string Join (string[] SourceArray, string Delimiter = " ");
static member Join : string[] * string -> string
Public Function Join (SourceArray As String(), Optional Delimiter As String = " ") As String

パラメーター

SourceArray
String[]

必須です。 結合する部分文字列を含む 1 次元配列。

Delimiter
String

省略可能。 返された文字列内の部分文字列を区切るために使用される任意の文字列。 省略した場合は、空白文字 (" ") が使用されます。 Delimiter が長さ 0 の文字列 ("") または Nothing の場合、リスト内のすべてのアイテムが区切り文字なしで連結されます。

戻り値

String

配列に含まれる多数の部分文字列を結合して作成される文字列です。

例外

SourceArray が 1 次元ではありません。

次の例では、関数を使用して複数の Join 文字列からリストを作成する方法を示します。

Dim testItem() As String = {"Pickle", "Pineapple", "Papaya"}
' Returns "Pickle, Pineapple, Papaya"
Dim testShoppingList As String = Join(testItem, ", ")

注釈

関数とSplit関数の間にはパリティがありますJoin。 この関数は Join 、文字列の配列を受け取り、区切り記号文字列を使用して結合して、1 つの文字列を返します。 この関数は Split 文字列を受け取り、区切り記号で区切って文字列の配列を返します。 ただし、重要な違いは、文字列を任意の区切り記号文字列と連結でき、 Split 1 つの文字区切り記号を使用してのみ文字列を区切ることができる点Joinです。

こちらもご覧ください

適用対象