Strings.Len メソッド

定義

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

オーバーロード

Len(UInt64)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(UInt32)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(UInt16)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(String)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Single)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(SByte)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Object)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Int64)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Int16)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Double)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Decimal)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(DateTime)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Char)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Byte)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Boolean)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Int32)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(UInt64)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

CLS 準拠の代替
Microsoft.VisualBasic.Strings.Len(Int64)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

public:
 static int Len(System::UInt64 Expression);
[System.CLSCompliant(false)]
public static int Len (ulong Expression);
[<System.CLSCompliant(false)>]
static member Len : uint64 -> int
Public Function Len (Expression As ULong) As Integer

パラメーター

Expression
UInt64

任意の有効な String 型の式または変数名。 Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。

戻り値

Int32

文字列の文字数、または変数の格納に必要なバイト数のいずれかを含んでいる整数値です。

属性

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。

' Initializes variable.
Dim testString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim testLen As Integer = Len(testString)

注釈

ユーザー定義の型と Object 変数を Len 使用すると、関数によって FilePut ファイルに書き込まれるサイズが返されます。 が Object 含まれている String場合は、文字列の長さを返します。 他の型が Object 含まれている場合は、関数によってファイルに書き込まれるように、オブジェクトのサイズが FilePut 返されます。

この属性は VBFixedString 、ディスクに書き込まれるときに文字列のサイズ (バイト単位) を示すために、オブジェクト内の文字列フィールドに適用できます。 この関数はLen、変数のサイズObjectVBFixedString決定するときに、属性 (使用可能な場合) を使用します。

注意

この関数は Len 、ユーザー定義データ型の可変長文字列で使用する場合に必要なストレージ バイトの実際の数を特定できない場合があります。

注意

以前のバージョンのVisual Basicの関数はLenB、文字ではなく文字列内のバイト数を返します。 それは主に、2 バイト文字セット (DBCS) アプリケーションで文字列を変換するために使用します。 現在のVisual Basic文字列はすべて Unicode に含まれておりLenB、サポートされなくなりました。

スマート デバイス開発者向けのメモ

この関数はLen、パラメーターとして変数のみをString``Object受け入れます。 が Object 含まれている String場合は、.の長さを String返します。 パラメーターが NULL Object 参照の場合、関数は 0 を返します。 その他の型が Object 含まれている場合は、例外がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

Len(UInt32)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

CLS 準拠の代替
Microsoft.VisualBasic.Strings.Len(Int32)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

public:
 static int Len(System::UInt32 Expression);
[System.CLSCompliant(false)]
public static int Len (uint Expression);
[<System.CLSCompliant(false)>]
static member Len : uint32 -> int
Public Function Len (Expression As UInteger) As Integer

パラメーター

Expression
UInt32

任意の有効な String 型の式または変数名。 Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。

戻り値

Int32

文字列の文字数、または変数の格納に必要なバイト数のいずれかを含んでいる整数値です。

属性

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。

' Initializes variable.
Dim testString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim testLen As Integer = Len(testString)

注釈

ユーザー定義の型と Object 変数を Len 使用すると、関数によって FilePut ファイルに書き込まれるサイズが返されます。 が Object 含まれている String場合は、文字列の長さを返します。 他の型が Object 含まれている場合は、関数によってファイルに書き込まれるように、オブジェクトのサイズが FilePut 返されます。

この属性は VBFixedString 、ディスクに書き込まれるときに文字列のサイズ (バイト単位) を示すために、オブジェクト内の文字列フィールドに適用できます。 この関数はLen、変数のサイズObjectVBFixedString決定するときに、属性 (使用可能な場合) を使用します。

注意

この関数は Len 、ユーザー定義データ型の可変長文字列で使用する場合に必要なストレージ バイトの実際の数を特定できない場合があります。

注意

以前のバージョンのVisual Basicの関数はLenB、文字ではなく文字列内のバイト数を返します。 それは主に、2 バイト文字セット (DBCS) アプリケーションで文字列を変換するために使用します。 現在のVisual Basic文字列はすべて Unicode に含まれておりLenB、サポートされなくなりました。

スマート デバイス開発者向けのメモ

この関数はLen、パラメーターとして変数のみをString``Object受け入れます。 が Object 含まれている String場合は、.の長さを String返します。 パラメーターが NULL Object 参照の場合、関数は 0 を返します。 その他の型が Object 含まれている場合は、例外がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

Len(UInt16)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

CLS 準拠の代替
Microsoft.VisualBasic.Strings.Len(Int16)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

public:
 static int Len(System::UInt16 Expression);
[System.CLSCompliant(false)]
public static int Len (ushort Expression);
[<System.CLSCompliant(false)>]
static member Len : uint16 -> int
Public Function Len (Expression As UShort) As Integer

パラメーター

Expression
UInt16

任意の有効な String 型の式または変数名。 Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。

戻り値

Int32

文字列の文字数、または変数の格納に必要なバイト数のいずれかを含んでいる整数値です。

属性

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。

' Initializes variable.
Dim testString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim testLen As Integer = Len(testString)

注釈

ユーザー定義の型と Object 変数を Len 使用すると、関数によって FilePut ファイルに書き込まれるサイズが返されます。 が Object 含まれている String場合は、文字列の長さを返します。 他の型が Object 含まれている場合は、関数によってファイルに書き込まれるように、オブジェクトのサイズが FilePut 返されます。

この属性は VBFixedString 、ディスクに書き込まれるときに文字列のサイズ (バイト単位) を示すために、オブジェクト内の文字列フィールドに適用できます。 この関数はLen、変数のサイズObjectVBFixedString決定するときに、属性 (使用可能な場合) を使用します。

注意

この関数は Len 、ユーザー定義データ型の可変長文字列で使用する場合に必要なストレージ バイトの実際の数を特定できない場合があります。

注意

以前のバージョンのVisual Basicの関数はLenB、文字ではなく文字列内のバイト数を返します。 それは主に、2 バイト文字セット (DBCS) アプリケーションで文字列を変換するために使用します。 現在のVisual Basic文字列はすべて Unicode に含まれておりLenB、サポートされなくなりました。

スマート デバイス開発者向けのメモ

この関数はLen、パラメーターとして変数のみをString``Object受け入れます。 が Object 含まれている String場合は、.の長さを String返します。 パラメーターが NULL Object 参照の場合、関数は 0 を返します。 その他の型が Object 含まれている場合は、例外がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

Len(String)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

public:
 static int Len(System::String ^ Expression);
public static int Len (string? Expression);
public static int Len (string Expression);
static member Len : string -> int
Public Function Len (Expression As String) As Integer

パラメーター

Expression
String

任意の有効な String 型の式または変数名。 Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。

戻り値

Int32

文字列の文字数、または変数の格納に必要なバイト数のいずれかを含んでいる整数値です。

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。

' Initializes variable.
Dim testString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim testLen As Integer = Len(testString)

注釈

ユーザー定義の型と Object 変数を Len 使用すると、関数によって FilePut ファイルに書き込まれるサイズが返されます。 が Object 含まれている String場合は、文字列の長さを返します。 他の型が Object 含まれている場合は、関数によってファイルに書き込まれるように、オブジェクトのサイズが FilePut 返されます。

この属性は VBFixedString 、ディスクに書き込まれるときに文字列のサイズ (バイト単位) を示すために、オブジェクト内の文字列フィールドに適用できます。 この関数はLen、変数のサイズObjectVBFixedString決定するときに、属性 (使用可能な場合) を使用します。

注意

この関数は Len 、ユーザー定義データ型の可変長文字列で使用する場合に必要なストレージ バイトの実際の数を特定できない場合があります。

注意

以前のバージョンのVisual Basicの関数はLenB、文字ではなく文字列内のバイト数を返します。 それは主に、2 バイト文字セット (DBCS) アプリケーションで文字列を変換するために使用します。 現在のVisual Basic文字列はすべて Unicode に含まれておりLenB、サポートされなくなりました。

スマート デバイス開発者向けのメモ

この関数はLen、パラメーターとして変数のみをString``Object受け入れます。 が Object 含まれている String場合は、.の長さを String返します。 パラメーターが NULL Object 参照の場合、関数は 0 を返します。 その他の型が Object 含まれている場合は、例外がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

Len(Single)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

public:
 static int Len(float Expression);
public static int Len (float Expression);
static member Len : single -> int
Public Function Len (Expression As Single) As Integer

パラメーター

Expression
Single

任意の有効な String 型の式または変数名。 Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。

戻り値

Int32

文字列の文字数、または変数の格納に必要なバイト数のいずれかを含んでいる整数値です。

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。

' Initializes variable.
Dim testString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim testLen As Integer = Len(testString)

注釈

ユーザー定義の型と Object 変数を使用すると、関数は、 Len 関数によってファイルに書き込まれるサイズを FilePut 返します。 が Object 含まれている String場合は、文字列の長さを返します。 他の型が Object 含まれている場合は、関数によってファイルに書き込まれるオブジェクトのサイズが FilePut 返されます。

この属性は VBFixedString 、ディスクに書き込まれるときに文字列のサイズをバイト単位で示すために、オブジェクトの文字列フィールドに適用できます。 この関数はLen、変数のサイズObjectVBFixedString決定するときに、属性 (使用可能な場合) を使用します。

注意

この関数は Len 、ユーザー定義データ型で可変長文字列と共に使用する場合に必要な実際のストレージ バイト数を特定できない場合があります。

注意

以前のバージョンの Visual Basic の関数はLenB、文字ではなく文字列内のバイト数を返します。 それは主に、2 バイト文字セット (DBCS) アプリケーションで文字列を変換するために使用します。 現在のVisual Basic文字列はすべて Unicode に含まれておりLenB、サポートされなくなりました。

スマート デバイス開発者向けのメモ

この関数はLen、パラメーターとして変数のみをString``Object受け入れます。 が Object 含まれている String場合は、.の長さを String返します。 パラメーターが NULL Object 参照の場合、関数は 0 を返します。 その他の型が Object 含まれている場合は、例外がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

Len(SByte)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

CLS 準拠の代替
Microsoft.VisualBasic.Strings.Len(Byte)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

public:
 static int Len(System::SByte Expression);
[System.CLSCompliant(false)]
public static int Len (sbyte Expression);
[<System.CLSCompliant(false)>]
static member Len : sbyte -> int
Public Function Len (Expression As SByte) As Integer

パラメーター

Expression
SByte

任意の有効な String 型の式または変数名。 Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。

戻り値

Int32

文字列の文字数、または変数の格納に必要なバイト数のいずれかを含んでいる整数値です。

属性

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。

' Initializes variable.
Dim testString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim testLen As Integer = Len(testString)

注釈

ユーザー定義の型と Object 変数を使用すると、関数は、 Len 関数によってファイルに書き込まれるサイズを FilePut 返します。 が Object 含まれている String場合は、文字列の長さを返します。 他の型が Object 含まれている場合は、関数によってファイルに書き込まれるオブジェクトのサイズが FilePut 返されます。

この属性は VBFixedString 、ディスクに書き込まれるときに文字列のサイズをバイト単位で示すために、オブジェクトの文字列フィールドに適用できます。 この関数はLen、変数のサイズObjectVBFixedString決定するときに、属性 (使用可能な場合) を使用します。

注意

この関数は Len 、ユーザー定義データ型で可変長文字列と共に使用する場合に必要な実際のストレージ バイト数を特定できない場合があります。

注意

以前のバージョンの Visual Basic の関数はLenB、文字ではなく文字列内のバイト数を返します。 それは主に、2 バイト文字セット (DBCS) アプリケーションで文字列を変換するために使用します。 現在のVisual Basic文字列はすべて Unicode に含まれておりLenB、サポートされなくなりました。

スマート デバイス開発者向けのメモ

この関数はLen、パラメーターとして変数のみをString``Object受け入れます。 が Object 含まれている String場合は、次の String長さを返します。 パラメーターが NULL Object 参照の場合、関数は 0 を返します。 他の型が Object 含まれている場合は、例外がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

Len(Object)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

public:
 static int Len(System::Object ^ Expression);
public static int Len (object? Expression);
public static int Len (object Expression);
static member Len : obj -> int
Public Function Len (Expression As Object) As Integer

パラメーター

Expression
Object

任意の有効な String 型の式または変数名。 Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。

戻り値

Int32

文字列の文字数、または変数の格納に必要なバイト数のいずれかを含んでいる整数値です。

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。

' Initializes variable.
Dim testString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim testLen As Integer = Len(testString)

注釈

ユーザー定義の型と Object 変数を使用すると、関数は、 Len 関数によってファイルに書き込まれるサイズを FilePut 返します。 が Object 含まれている String場合は、文字列の長さを返します。 他の型が Object 含まれている場合は、関数によってファイルに書き込まれるオブジェクトのサイズが FilePut 返されます。

この属性は VBFixedString 、ディスクに書き込まれるときに文字列のサイズをバイト単位で示すために、オブジェクトの文字列フィールドに適用できます。 この関数はLen、変数のサイズObjectVBFixedString決定するときに、属性 (使用可能な場合) を使用します。

注意

この関数は Len 、ユーザー定義データ型で可変長文字列と共に使用する場合に必要な実際のストレージ バイト数を特定できない場合があります。

注意

以前のバージョンの Visual Basic の関数はLenB、文字ではなく文字列内のバイト数を返します。 それは主に、2 バイト文字セット (DBCS) アプリケーションで文字列を変換するために使用します。 現在のVisual Basic文字列はすべて Unicode に含まれておりLenB、サポートされなくなりました。

スマート デバイス開発者向けのメモ

この関数はLen、パラメーターとして変数のみをString``Object受け入れます。 が Object 含まれている String場合は、次の String長さを返します。 パラメーターが NULL Object 参照の場合、関数は 0 を返します。 他の型が Object 含まれている場合は、例外がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

Len(Int64)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

public:
 static int Len(long Expression);
public static int Len (long Expression);
static member Len : int64 -> int
Public Function Len (Expression As Long) As Integer

パラメーター

Expression
Int64

任意の有効な String 型の式または変数名。 Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。

戻り値

Int32

文字列の文字数、または変数の格納に必要なバイト数のいずれかを含んでいる整数値です。

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。

' Initializes variable.
Dim testString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim testLen As Integer = Len(testString)

注釈

ユーザー定義の型と Object 変数を使用すると、関数は、 Len 関数によってファイルに書き込まれるサイズを FilePut 返します。 が Object 含まれている String場合は、文字列の長さを返します。 他の型が Object 含まれている場合は、関数によってファイルに書き込まれるオブジェクトのサイズが FilePut 返されます。

この属性は VBFixedString 、ディスクに書き込まれるときに文字列のサイズをバイト単位で示すために、オブジェクトの文字列フィールドに適用できます。 この関数はLen、変数のサイズObjectVBFixedString決定するときに、属性 (使用可能な場合) を使用します。

注意

この関数は Len 、ユーザー定義データ型で可変長文字列と共に使用する場合に必要な実際のストレージ バイト数を特定できない場合があります。

注意

以前のバージョンの Visual Basic の関数はLenB、文字ではなく文字列内のバイト数を返します。 それは主に、2 バイト文字セット (DBCS) アプリケーションで文字列を変換するために使用します。 現在のVisual Basic文字列はすべて Unicode に含まれておりLenB、サポートされなくなりました。

スマート デバイス開発者向けのメモ

この関数はLen、パラメーターとして変数のみをString``Object受け入れます。 が Object 含まれている String場合は、次の String長さを返します。 パラメーターが NULL Object 参照の場合、関数は 0 を返します。 他の型が Object 含まれている場合は、例外がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

Len(Int16)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

public:
 static int Len(short Expression);
public static int Len (short Expression);
static member Len : int16 -> int
Public Function Len (Expression As Short) As Integer

パラメーター

Expression
Int16

任意の有効な String 型の式または変数名。 Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。

戻り値

Int32

文字列の文字数、または変数の格納に必要なバイト数のいずれかを含んでいる整数値です。

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。

' Initializes variable.
Dim testString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim testLen As Integer = Len(testString)

注釈

ユーザー定義の型と Object 変数を Len 使用すると、関数によって FilePut ファイルに書き込まれるサイズが返されます。 が Object 含まれている String場合は、文字列の長さを返します。 他の型が Object 含まれている場合は、関数によってファイルに書き込まれるように、オブジェクトのサイズが FilePut 返されます。

この属性は VBFixedString 、ディスクに書き込まれるときに文字列のサイズ (バイト単位) を示すために、オブジェクト内の文字列フィールドに適用できます。 この関数はLen、変数のサイズObjectVBFixedString決定するときに、属性 (使用可能な場合) を使用します。

注意

この関数は Len 、ユーザー定義データ型の可変長文字列で使用する場合に必要なストレージ バイトの実際の数を特定できない場合があります。

注意

以前のバージョンのVisual Basicの関数はLenB、文字ではなく文字列内のバイト数を返します。 それは主に、2 バイト文字セット (DBCS) アプリケーションで文字列を変換するために使用します。 現在のVisual Basic文字列はすべて Unicode に含まれておりLenB、サポートされなくなりました。

スマート デバイス開発者向けのメモ

この関数はLen、パラメーターとして変数のみをString``Object受け入れます。 が Object 含まれている String場合は、.の長さを String返します。 パラメーターが NULL Object 参照の場合、関数は 0 を返します。 他の型が Object 含まれている場合は、例外がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

Len(Double)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

public:
 static int Len(double Expression);
public static int Len (double Expression);
static member Len : double -> int
Public Function Len (Expression As Double) As Integer

パラメーター

Expression
Double

任意の有効な String 型の式または変数名。 Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。

戻り値

Int32

文字列の文字数、または変数の格納に必要なバイト数のいずれかを含んでいる整数値です。

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。

' Initializes variable.
Dim testString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim testLen As Integer = Len(testString)

注釈

ユーザー定義の型と Object 変数を Len 使用すると、関数によって FilePut ファイルに書き込まれるサイズが返されます。 が Object 含まれている String場合は、文字列の長さを返します。 他の型が Object 含まれている場合は、関数によってファイルに書き込まれるように、オブジェクトのサイズが FilePut 返されます。

この属性は VBFixedString 、ディスクに書き込まれるときに文字列のサイズ (バイト単位) を示すために、オブジェクト内の文字列フィールドに適用できます。 この関数はLen、変数のサイズObjectVBFixedString決定するときに、属性 (使用可能な場合) を使用します。

注意

この関数は Len 、ユーザー定義データ型の可変長文字列で使用する場合に必要なストレージ バイトの実際の数を特定できない場合があります。

注意

以前のバージョンのVisual Basicの関数はLenB、文字ではなく文字列内のバイト数を返します。 それは主に、2 バイト文字セット (DBCS) アプリケーションで文字列を変換するために使用します。 現在のVisual Basic文字列はすべて Unicode に含まれておりLenB、サポートされなくなりました。

スマート デバイス開発者向けのメモ

この関数はLen、パラメーターとして変数のみをString``Object受け入れます。 が Object 含まれている String場合は、.の長さを String返します。 パラメーターが NULL Object 参照の場合、関数は 0 を返します。 その他の型が Object 含まれている場合は、例外がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

Len(Decimal)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

public:
 static int Len(System::Decimal Expression);
public static int Len (decimal Expression);
static member Len : decimal -> int
Public Function Len (Expression As Decimal) As Integer

パラメーター

Expression
Decimal

任意の有効な String 型の式または変数名。 Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。

戻り値

Int32

文字列の文字数、または変数の格納に必要なバイト数のいずれかを含んでいる整数値です。

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。

' Initializes variable.
Dim testString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim testLen As Integer = Len(testString)

注釈

ユーザー定義の型と Object 変数を Len 使用すると、関数によって FilePut ファイルに書き込まれるサイズが返されます。 が Object 含まれている String場合は、文字列の長さを返します。 他の型が Object 含まれている場合は、関数によってファイルに書き込まれるように、オブジェクトのサイズが FilePut 返されます。

この属性は VBFixedString 、ディスクに書き込まれるときに文字列のサイズ (バイト単位) を示すために、オブジェクト内の文字列フィールドに適用できます。 この関数はLen、変数のサイズObjectVBFixedString決定するときに、属性 (使用可能な場合) を使用します。

注意

この関数は Len 、ユーザー定義データ型の可変長文字列で使用する場合に必要なストレージ バイトの実際の数を特定できない場合があります。

注意

以前のバージョンのVisual Basicの関数はLenB、文字ではなく文字列内のバイト数を返します。 それは主に、2 バイト文字セット (DBCS) アプリケーションで文字列を変換するために使用します。 現在のVisual Basic文字列はすべて Unicode に含まれておりLenB、サポートされなくなりました。

スマート デバイス開発者向けのメモ

この関数はLen、パラメーターとして変数のみをString``Object受け入れます。 が Object 含まれている String場合は、.の長さを String返します。 パラメーターが NULL Object 参照の場合、関数は 0 を返します。 その他の型が Object 含まれている場合は、例外がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

Len(DateTime)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

public:
 static int Len(DateTime Expression);
public static int Len (DateTime Expression);
static member Len : DateTime -> int
Public Function Len (Expression As DateTime) As Integer

パラメーター

Expression
DateTime

任意の有効な String 型の式または変数名。 Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。

戻り値

Int32

文字列の文字数、または変数の格納に必要なバイト数のいずれかを含んでいる整数値です。

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。

' Initializes variable.
Dim testString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim testLen As Integer = Len(testString)

注釈

ユーザー定義の型と Object 変数を Len 使用すると、関数によって FilePut ファイルに書き込まれるサイズが返されます。 が Object 含まれている String場合は、文字列の長さを返します。 他の型が Object 含まれている場合は、関数によってファイルに書き込まれるように、オブジェクトのサイズが FilePut 返されます。

この属性は VBFixedString 、ディスクに書き込まれるときに文字列のサイズ (バイト単位) を示すために、オブジェクト内の文字列フィールドに適用できます。 この関数はLen、変数のサイズObjectVBFixedString決定するときに、属性 (使用可能な場合) を使用します。

注意

この関数は Len 、ユーザー定義データ型の可変長文字列で使用する場合に必要なストレージ バイトの実際の数を特定できない場合があります。

注意

以前のバージョンのVisual Basicの関数はLenB、文字ではなく文字列内のバイト数を返します。 それは主に、2 バイト文字セット (DBCS) アプリケーションで文字列を変換するために使用します。 現在のVisual Basic文字列はすべて Unicode に含まれておりLenB、サポートされなくなりました。

スマート デバイス開発者向けのメモ

この関数はLen、パラメーターとして変数のみをString``Object受け入れます。 が Object 含まれている String場合は、.の長さを String返します。 パラメーターが NULL Object 参照の場合、関数は 0 を返します。 その他の型が Object 含まれている場合は、例外がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

Len(Char)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

public:
 static int Len(char Expression);
public static int Len (char Expression);
static member Len : char -> int
Public Function Len (Expression As Char) As Integer

パラメーター

Expression
Char

任意の有効な String 型の式または変数名。 Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。

戻り値

Int32

文字列の文字数、または変数の格納に必要なバイト数のいずれかを含んでいる整数値です。

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。

' Initializes variable.
Dim testString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim testLen As Integer = Len(testString)

注釈

ユーザー定義の型と Object 変数を Len 使用すると、関数によって FilePut ファイルに書き込まれるサイズが返されます。 が Object 含まれている String場合は、文字列の長さを返します。 他の型が Object 含まれている場合は、関数によってファイルに書き込まれるように、オブジェクトのサイズが FilePut 返されます。

この属性は VBFixedString 、ディスクに書き込まれるときに文字列のサイズ (バイト単位) を示すために、オブジェクト内の文字列フィールドに適用できます。 この関数はLen、変数のサイズObjectVBFixedString決定するときに、属性 (使用可能な場合) を使用します。

注意

この関数は Len 、ユーザー定義データ型の可変長文字列で使用する場合に必要なストレージ バイトの実際の数を特定できない場合があります。

注意

以前のバージョンのVisual Basicの関数はLenB、文字ではなく文字列内のバイト数を返します。 それは主に、2 バイト文字セット (DBCS) アプリケーションで文字列を変換するために使用します。 現在のVisual Basic文字列はすべて Unicode に含まれておりLenB、サポートされなくなりました。

スマート デバイス開発者向けのメモ

この関数はLen、パラメーターとして変数のみをString``Object受け入れます。 が Object 含まれている String場合は、.の長さを String返します。 パラメーターが NULL Object 参照の場合、関数は 0 を返します。 その他の型が Object 含まれている場合は、例外がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

Len(Byte)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

public:
 static int Len(System::Byte Expression);
public static int Len (byte Expression);
static member Len : byte -> int
Public Function Len (Expression As Byte) As Integer

パラメーター

Expression
Byte

任意の有効な String 型の式または変数名。 Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。

戻り値

Int32

文字列の文字数、または変数の格納に必要なバイト数のいずれかを含んでいる整数値です。

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。

' Initializes variable.
Dim testString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim testLen As Integer = Len(testString)

注釈

ユーザー定義の型と Object 変数を Len 使用すると、関数によって FilePut ファイルに書き込まれるサイズが返されます。 が Object 含まれている String場合は、文字列の長さを返します。 他の型が Object 含まれている場合は、関数によってファイルに書き込まれるように、オブジェクトのサイズが FilePut 返されます。

この属性は VBFixedString 、ディスクに書き込まれるときに文字列のサイズ (バイト単位) を示すために、オブジェクト内の文字列フィールドに適用できます。 この関数はLen、変数のサイズObjectVBFixedString決定するときに、属性 (使用可能な場合) を使用します。

注意

この関数は Len 、ユーザー定義データ型の可変長文字列で使用する場合に必要なストレージ バイトの実際の数を特定できない場合があります。

注意

以前のバージョンのVisual Basicの関数はLenB、文字ではなく文字列内のバイト数を返します。 それは主に、2 バイト文字セット (DBCS) アプリケーションで文字列を変換するために使用します。 現在のVisual Basic文字列はすべて Unicode に含まれておりLenB、サポートされなくなりました。

スマート デバイス開発者向けのメモ

この関数はLen、パラメーターとして変数のみをString``Object受け入れます。 が Object 含まれている String場合は、.の長さを String返します。 パラメーターが NULL Object 参照の場合、関数は 0 を返します。 その他の型が Object 含まれている場合は、例外がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

Len(Boolean)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

public:
 static int Len(bool Expression);
public static int Len (bool Expression);
static member Len : bool -> int
Public Function Len (Expression As Boolean) As Integer

パラメーター

Expression
Boolean

任意の有効な String 型の式または変数名。 Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。

戻り値

Int32

文字列の文字数、または変数の格納に必要なバイト数のいずれかを含んでいる整数値です。

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。

' Initializes variable.
Dim testString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim testLen As Integer = Len(testString)

注釈

ユーザー定義の型と Object 変数を Len 使用すると、関数によって FilePut ファイルに書き込まれるサイズが返されます。 が Object 含まれている String場合は、文字列の長さを返します。 他の型が Object 含まれている場合は、関数によってファイルに書き込まれるように、オブジェクトのサイズが FilePut 返されます。

この属性は VBFixedString 、ディスクに書き込まれるときに文字列のサイズ (バイト単位) を示すために、オブジェクト内の文字列フィールドに適用できます。 この関数はLen、変数のサイズObjectVBFixedString決定するときに、属性 (使用可能な場合) を使用します。

注意

この関数は Len 、ユーザー定義データ型の可変長文字列で使用する場合に必要なストレージ バイトの実際の数を特定できない場合があります。

注意

以前のバージョンのVisual Basicの関数はLenB、文字ではなく文字列内のバイト数を返します。 それは主に、2 バイト文字セット (DBCS) アプリケーションで文字列を変換するために使用します。 現在のVisual Basic文字列はすべて Unicode に含まれておりLenB、サポートされなくなりました。

スマート デバイス開発者向けのメモ

この関数はLen、パラメーターとして変数のみをString``Object受け入れます。 が Object 含まれている String場合は、.の長さを String返します。 パラメーターが NULL Object 参照の場合、関数は 0 を返します。 その他の型が Object 含まれている場合は、例外がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

Len(Int32)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

public:
 static int Len(int Expression);
public static int Len (int Expression);
static member Len : int -> int
Public Function Len (Expression As Integer) As Integer

パラメーター

Expression
Int32

任意の有効な String 型の式または変数名。 Expression の型が Object である場合、Len 関数は、その型が FilePut 関数によってファイルに書き込まれるときのサイズを返します。

戻り値

Int32

文字列の文字数、または変数の格納に必要なバイト数のいずれかを含んでいる整数値です。

Len 関数を使って文字列の文字数を返す例を次に示します。

' Initializes variable.
Dim testString As String = "Hello World"
' Returns 11.
Dim testLen As Integer = Len(testString)

注釈

ユーザー定義の型と Object 変数を使用すると、関数は、 Len 関数によってファイルに書き込まれるサイズを FilePut 返します。 が Object 含まれている String場合は、文字列の長さを返します。 他の型が Object 含まれている場合は、関数によってファイルに書き込まれるオブジェクトのサイズが FilePut 返されます。

この属性は VBFixedString 、ディスクに書き込まれるときに文字列のサイズをバイト単位で示すために、オブジェクトの文字列フィールドに適用できます。 この関数はLen、変数のサイズObjectVBFixedString決定するときに、属性 (使用可能な場合) を使用します。

注意

この関数は Len 、ユーザー定義データ型で可変長文字列と共に使用する場合に必要な実際のストレージ バイト数を特定できない場合があります。

注意

以前のバージョンの Visual Basic の関数はLenB、文字ではなく文字列内のバイト数を返します。 それは主に、2 バイト文字セット (DBCS) アプリケーションで文字列を変換するために使用します。 現在のVisual Basic文字列はすべて Unicode に含まれておりLenB、サポートされなくなりました。

スマート デバイス開発者向けのメモ

この関数はLen、パラメーターとして変数のみをString``Object受け入れます。 が Object 含まれている String場合は、次の String長さを返します。 パラメーターが NULL Object 参照の場合、関数は 0 を返します。 他の型が Object 含まれている場合は、例外がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象