VbStrConv 列挙型

定義

StrConv 関数の呼び出しで実行する変換の種類を示します。

この列挙体は、メンバー値のビットごとの組み合わせをサポートしています。

public enum class VbStrConv
[System.Flags]
public enum VbStrConv
[<System.Flags>]
type VbStrConv = 
Public Enum VbStrConv
継承
VbStrConv
属性

フィールド

Hiragana 32

文字列内のカタカナ文字をひらがな文字に変換します。 日本語ロケールのみに適用されます。 このメンバーは、Visual Basic 定数の vbHiraganaに相当します。

Katakana 16

文字列内のひらがな文字をカタカナ文字に変換します。 日本語ロケールのみに適用されます。 このメンバーは、Visual Basic 定数の vbKatakanaに相当します。

LinguisticCasing 1024

大文字/小文字についてファイル システム規則に従った文字列を、言語規則に従った文字列に変換します。 このメンバーは、Visual Basic 定数の vbLinguisticCasingに相当します。

Lowercase 2

文字列を小文字に変換します。 このメンバーは、Visual Basic 定数の vbLowerCaseに相当します。

LowerCase 2

文字列を小文字に変換します。 このメンバーは、Visual Basic 定数の vbLowerCaseに相当します。

Narrow 8

文字列内の横幅の広い (全角) 文字を、横幅の狭い (半角) 文字に変換します。 アジアのロケールに適用されます。 このメンバーは、Visual Basic 定数の vbNarrowに相当します。

None 0

変換は行われません。

ProperCase 3

文字列内の各単語の最初の文字を大文字に変換します。 このメンバーは、Visual Basic 定数の vbProperCaseに相当します。

SimplifiedChinese 256

文字列を簡体中国語に変換します。 このメンバーは、Visual Basic 定数の vbSimplifiedChineseに相当します。

TraditionalChinese 512

文字列を繁体字中国語に変換します。 このメンバーは、Visual Basic 定数の vbTraditionalChineseに相当します。

Uppercase 1

文字列を大文字に変換します。 このメンバーは、Visual Basic 定数の vbUpperCaseに相当します。

UpperCase 1

文字列を大文字に変換します。 このメンバーは、Visual Basic 定数の vbUpperCaseに相当します。

Wide 4

文字列内の横幅の狭い (半角) 文字を、横幅の広い (全角) 文字に変換します。 アジアのロケールに適用されます。 このメンバーは、Visual Basic 定数の vbWideに相当します。 変換では、入力文字が既に全角であっても、正規形 C が使われる場合があります。 たとえば、文字列 "は゛" (既に全角です) は "ば" に正規化されます。 Unicode の正規形をご覧ください。

注釈

関数を StrConv 呼び出すときは、実際の値の代わりに次の列挙メンバーをコードで使用できます。 引数は Conversion 列挙メンバーを VbStrConv 受け取ります。

適用対象

こちらもご覧ください