ConnectedServiceGrid クラス

定義

インスタンスのグリッドを表示する ConnectedServiceProvider サービス。1つのインスタンスを選択して、現在のプロジェクトに追加できます。

public ref class ConnectedServiceGrid abstract : Microsoft::VisualStudio::ConnectedServices::ConnectedServiceConfigurator
[Windows::Foundation::Metadata::WebHostHidden]
public ref class ConnectedServiceGrid abstract : Microsoft::VisualStudio::ConnectedServices::ConnectedServiceConfigurator
[Windows::Foundation::Metadata::WebHostHidden]
class ConnectedServiceGrid abstract : Microsoft::VisualStudio::ConnectedServices::ConnectedServiceConfigurator
public abstract class ConnectedServiceGrid : Microsoft.VisualStudio.ConnectedServices.ConnectedServiceConfigurator
type ConnectedServiceGrid = class
    inherit ConnectedServiceConfigurator
Public MustInherit Class ConnectedServiceGrid
Inherits ConnectedServiceConfigurator
継承

注釈

文字列プロパティの場合、null を返して既定のテキストを使用できます。 テキストを表示しない場合は、を返し Empty ます。

コンストラクター

ConnectedServiceGrid()

ConnectedServiceGrid クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

CanConfigureService

接続されたサービスプロバイダーを使用して、このサービスのインスタンスを構成できるかどうかを示す値を取得または設定します。

CanConfigureServiceInstance

接続されたサービスプロバイダーを使用して、このサービスのインスタンスを構成できるかどうかを示す値を取得または設定します。

CanCreateServiceInstance

ユーザーが新しいインスタンスを作成するためのコントロールのテキストとして使用する値を取得または設定します。

ColumnMetadata

サービスインスタンスリストの列として表示するメタデータのキーと表示文字列を取得します。

ConfigureServiceInstanceText

ユーザーがインスタンスを構成するためのコントロールのテキストとして使用する値を取得または設定します。

ConfigureServiceText

ユーザーがサービスを構成するためのコントロールのテキストとして使用する値を取得または設定します。

CreateServiceInstanceText

ユーザーが新しいインスタンスを作成するためのコントロールのテキストとして使用する値を取得または設定します。

Description

ダイアログのタイトルの下に表示する値を取得または設定します。

DetailMetadata

サービスインスタンスリストからインスタンスが選択されたときに、プロパティペインに表示するメタデータのキーと表示文字列を右に取得します。

EnumeratingServiceInstancesText

接続済みサービスがサービスインスタンスを取得しようとしているときに表示される値を取得または設定します。

GridHeaderText

グリッドの上に直接表示される値を取得または設定します。

NoServiceInstancesText

String列挙体がインスタンスを返さなかったために使用できるインスタンスがない場合に表示するを取得または設定します。

ServiceInstanceNameLabelText

サービスインスタンス名の列ヘッダーまたはラベルとして表示する値を取得または設定します。

メソッド

ConfigureServiceAsync(CancellationToken)

ダイアログを使用するか、または [web の構成] ページにリンクして、サービスを構成します。

ConfigureServiceInstanceAsync(ConnectedServiceInstance, CancellationToken)

ダイアログを使用するか、または [web の構成] ページにリンクして、サービスインスタンスを構成します。

CreateAuthenticatorAsync()

ユーザーがサービスにログインできるようにする ConnectedServiceAuthenticator を作成します。

CreateServiceInstanceAsync(CancellationToken)

サービスの新しいインスタンスを作成します。

Dispose()

オブジェクトに使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 ConnectedServiceViewModelBase)
Dispose(Boolean) (継承元 ConnectedServiceViewModelBase)
EnumerateServiceInstancesAsync(CancellationToken)

現在認証されているユーザー (存在する場合) のすべてのサービスインスタンスの一覧を取得します。

OnPropertyChanged(String)

プロパティ値が変更されたことをクライアントに通知します。

(継承元 ConnectedServiceViewModelBase)

イベント

PropertyChanged

プロパティ値が変更するときに発生します。

(継承元 ConnectedServiceViewModelBase)

適用対象