ConnectedServiceUILess クラス

定義

ConnectedServiceConfigurator は、ConnectedServiceInstance を作成するための UI を表示する必要がありません。 接続されたサービスを構成するために必要な情報は、ユーザーの介入なしに使用できます。

public ref class ConnectedServiceUILess abstract : Microsoft::VisualStudio::ConnectedServices::ConnectedServiceConfigurator
[Windows::Foundation::Metadata::WebHostHidden]
public ref class ConnectedServiceUILess abstract : Microsoft::VisualStudio::ConnectedServices::ConnectedServiceConfigurator
[Windows::Foundation::Metadata::WebHostHidden]
class ConnectedServiceUILess abstract : Microsoft::VisualStudio::ConnectedServices::ConnectedServiceConfigurator
public abstract class ConnectedServiceUILess : Microsoft.VisualStudio.ConnectedServices.ConnectedServiceConfigurator
type ConnectedServiceUILess = class
    inherit ConnectedServiceConfigurator
Public MustInherit Class ConnectedServiceUILess
Inherits ConnectedServiceConfigurator
継承
派生

コンストラクター

ConnectedServiceUILess()

ConnectedServiceUILess クラスの新しいインスタンスを初期化します。

メソッド

Dispose()

オブジェクトに使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 ConnectedServiceViewModelBase)
Dispose(Boolean) (継承元 ConnectedServiceViewModelBase)
GetFinishedServiceInstanceAsync()

プロジェクトで構成する必要がある ConnectedServiceInstance を取得するために呼び出されるメソッド。 このメソッドは、ハンドラーに渡される "完了" サービスインスタンスを返します。

OnPropertyChanged(String)

プロパティ値が変更されたことをクライアントに通知します。

(継承元 ConnectedServiceViewModelBase)

イベント

PropertyChanged

プロパティ値が変更するときに発生します。

(継承元 ConnectedServiceViewModelBase)

適用対象