ConnectionTool クラス

定義

DomainClass ConnectionTool は、接続を確立するツールをツールボックス上に定義します。

public ref class ConnectionTool sealed : Microsoft::VisualStudio::Modeling::DslDefinition::Tool
[Microsoft.VisualStudio.Modeling.Design.DescriptionResource("Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.ConnectionTool.Description", typeof(Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.DslDefinitionModelDomainModel), "Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.GeneratedCode.DomainModelResx")]
[Microsoft.VisualStudio.Modeling.Design.DisplayNameResource("Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.ConnectionTool.DisplayName", typeof(Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.DslDefinitionModelDomainModel), "Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.GeneratedCode.DomainModelResx")]
[Microsoft.VisualStudio.Modeling.DomainModelOwner(typeof(Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.DslDefinitionModelDomainModel))]
[Microsoft.VisualStudio.Modeling.DomainObjectId("b69f29d5-23ff-4a67-909e-541ab2d5ac71")]
[System.CLSCompliant(true)]
public sealed class ConnectionTool : Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.Tool
[Microsoft.VisualStudio.Modeling.Design.DescriptionResource("Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.ConnectionTool.Description", typeof(Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.DslDefinitionModelDomainModel), "Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.GeneratedCode.DomainModelResx")]
[Microsoft.VisualStudio.Modeling.Design.DisplayNameResource("Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.ConnectionTool.DisplayName", typeof(Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.DslDefinitionModelDomainModel), "Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.GeneratedCode.DomainModelResx")]
[Microsoft.VisualStudio.Modeling.DomainModelOwner(typeof(Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.DslDefinitionModelDomainModel))]
[Microsoft.VisualStudio.Modeling.DomainObjectId("b69f29d5-23ff-4a67-909e-541ab2d5ac71")]
[Microsoft.VisualStudio.Modeling.Validation.ValidationState(Microsoft.VisualStudio.Modeling.Validation.ValidationState.Enabled)]
[System.CLSCompliant(true)]
public sealed class ConnectionTool : Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.Tool
[<Microsoft.VisualStudio.Modeling.Design.DescriptionResource("Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.ConnectionTool.Description", typeof(Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.DslDefinitionModelDomainModel), "Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.GeneratedCode.DomainModelResx")>]
[<Microsoft.VisualStudio.Modeling.Design.DisplayNameResource("Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.ConnectionTool.DisplayName", typeof(Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.DslDefinitionModelDomainModel), "Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.GeneratedCode.DomainModelResx")>]
[<Microsoft.VisualStudio.Modeling.DomainModelOwner(typeof(Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.DslDefinitionModelDomainModel))>]
[<Microsoft.VisualStudio.Modeling.DomainObjectId("b69f29d5-23ff-4a67-909e-541ab2d5ac71")>]
[<System.CLSCompliant(true)>]
type ConnectionTool = class
    inherit Tool
[<Microsoft.VisualStudio.Modeling.Design.DescriptionResource("Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.ConnectionTool.Description", typeof(Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.DslDefinitionModelDomainModel), "Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.GeneratedCode.DomainModelResx")>]
[<Microsoft.VisualStudio.Modeling.Design.DisplayNameResource("Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.ConnectionTool.DisplayName", typeof(Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.DslDefinitionModelDomainModel), "Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.GeneratedCode.DomainModelResx")>]
[<Microsoft.VisualStudio.Modeling.DomainModelOwner(typeof(Microsoft.VisualStudio.Modeling.DslDefinition.DslDefinitionModelDomainModel))>]
[<Microsoft.VisualStudio.Modeling.DomainObjectId("b69f29d5-23ff-4a67-909e-541ab2d5ac71")>]
[<Microsoft.VisualStudio.Modeling.Validation.ValidationState(Microsoft.VisualStudio.Modeling.Validation.ValidationState.Enabled)>]
[<System.CLSCompliant(true)>]
type ConnectionTool = class
    inherit Tool
Public NotInheritable Class ConnectionTool
Inherits Tool
継承
属性

コンストラクター

ConnectionTool(Partition, PropertyAssignment[])

コンストラクター

ConnectionTool(Store, PropertyAssignment[])

コンストラクター

フィールド

DomainClassId

ConnectionTool ドメインクラス Id。

ReversesDirectionDomainPropertyId

ReversesDirection ドメインプロパティ Id。

SourceCursorIconDomainPropertyId

SourceCursorIcon ドメインプロパティ Id。

TargetCursorIconDomainPropertyId

Targetカーソルアイコンドメインプロパティ Id。

プロパティ

Caption

キャプションドメインプロパティの値を取得または設定します。 UI に表示されるツールのキャプション。

(継承元 Tool)
ConnectionBuilder

ConnectionBuilder を取得または設定します。 接続を確立するためにツールが使用する接続ビルダー。

HelpKeyword

HelpKeyword ドメインプロパティの値を取得または設定します。 ツールの F1 ヘルプのインデックス作成に使用される省略可能なキーワードです。

(継承元 Tool)
Id

この要素の一意識別子。

(継承元 ModelElement)
IsActive

要素がモデル内で現在アクティブである場合は true を返します。要素が削除された場合、または削除中の場合は false を返します。

(継承元 ModelElement)
IsCaptionTracking

IsCaptionTracking ドメインプロパティの値を取得または設定します。 True の場合、キャプションプロパティは DSL 定義の他のデータを追跡します。

(継承元 Tool)
IsDeleted

要素がモデルから削除されていること。 (削除された要素はすぐに破棄されないため、元に戻すコマンドで要素の削除を元に戻すことができます)。

(継承元 ModelElement)
IsDeleting

要素がモデルから削除されていること。 (削除された要素はすぐに破棄されないため、元に戻すコマンドで要素の削除を元に戻すことができます)。

(継承元 ModelElement)
IsHelpKeywordTracking

IsHelpKeywordTracking ドメインプロパティの値を取得または設定します。 True の場合、HelpKeyword プロパティは DSL 定義の他のデータを追跡します。

(継承元 Tool)
IsTooltipTracking

Istool? 追跡ドメインプロパティの値を取得または設定します。 True の場合、Tooltip プロパティは DSL 定義の他のデータを追跡します。

(継承元 Tool)
Name

Name ドメインプロパティの値を取得または設定します。 ツールの名前。参照に使用されます。

(継承元 Tool)
Notes

Notes ドメインプロパティの値を取得または設定します。 この要素に関連付けられている非公式のメモ。

(継承元 DomainElement)
Partition

この要素を含むパーティションインスタンスを取得または設定します。

(継承元 ModelElement)
ReversesDirection

ReversesDirection ドメインプロパティの値を取得または設定します。 True の場合、選択された最初の要素は接続のターゲットとして、2番目の要素はソースとして扱われます。

SourceCursorIcon

SourceCursorIcon ドメインプロパティの値を取得または設定します。 最初の要素が選択される前にツールのカーソルに使用されるアイコン。

Store

この要素を含むストアインスタンスを取得します。

(継承元 ModelElement)
TargetCursorIcon

Targetカーソルアイコンドメインプロパティの値を取得または設定します。 最初の要素が選択された後のツールのカーソルに使用されるアイコン。

ToolboxIcon

ToolboxIcon ドメインプロパティの値を取得または設定します。 このツールのツールボックスに表示されるアイコンの相対ファイルパスです。

(継承元 Tool)
ToolboxTab

ToolboxTab を取得または設定します。 ツールを定義しているツールボックスタブ。

(継承元 Tool)
Tooltip

ツールヒントのドメインプロパティの値を取得または設定します。 ツールヒントに使用されるテキストです。

(継承元 Tool)

メソッド

CanMerge(ProtoElementBase, ElementGroupPrototype)

指定したルート ProtoElement によって表されるソース要素をこの要素に追加できるかどうかを示す値を返します。

(継承元 ModelElement)
ChooseMergeTarget(ElementGroup)

ElementGroup マージプロセスのターゲットとして使用される ModelElement を取得します。
この要素がマージのターゲットである場合は、マージプロセスによって呼び出されます。
これにより、この要素には、ターゲットをそれ自体以外のものに変更する機会が与えられます。

(継承元 ModelElement)
ChooseMergeTarget(ElementGroupPrototype)

ElementGroupPrototype マージプロセスのターゲットとして使用される ModelElement を取得します。
この要素がマージのターゲットである場合は、マージプロセスによって呼び出されます。
これにより、この要素には、ターゲットをそれ自体以外のものに変更する機会が与えられます。

(継承元 ModelElement)
Copy()

モデル内の要素のコピーを作成します。

(継承元 ModelElement)
Copy(IEnumerable<Guid>)

モデル内の要素のコピーを作成します。

(継承元 ModelElement)
Delete()

モデルから要素を削除します。

(継承元 ModelElement)
Delete(Guid[])

モデルから要素を削除します。

(継承元 ModelElement)
GetDomainClass()

この要素の最も派生したドメインクラスを取得します。

(継承元 ModelElement)
GetRoleCollection<TCollection,TElement>(Guid)

リンクされた要素のコレクションを取得または作成します。

(継承元 ModelElement)
MergeConfigure(ElementGroup)

マージプロセスが、このモデル要素をターゲット要素に関連付けた直後に構成できるようにするために、マージプロセスによって呼び出されます。

(継承元 ModelElement)
MergeDisconnect(ModelElement)

MergeRelate とは逆の操作を実行します。つまり、現在の要素から特定の要素を切断します (MergeRelate によって作成されたリンクを削除します)。

(継承元 ModelElement)
MergeRelate(ModelElement, ElementGroup)

このターゲット要素と指定したソース要素の間にリレーションシップを作成するために、マージプロセスによって呼び出されます。 通常、親子リレーションシップは、ターゲット要素 (親) とソース要素 (子) の間に確立されますが、リレーションシップは任意に確立できます。

(継承元 ModelElement)
OnCopy(ModelElement)

要素のコピーが作成されたときに呼び出されます。 重複する要素に対してメソッドが呼び出されます。

(継承元 ModelElement)
OnDeleted()

要素が削除された後にモデルによって呼び出されます。

(継承元 ModelElement)
OnDeleting()

要素が削除される前にモデルによって呼び出されます。

(継承元 ModelElement)
OnResurrected()

要素が再生された後 (ストアに戻された後) にモデルによって呼び出されます。

(継承元 ModelElement)
OnRolePlayerPositionChanged(DomainRoleInfo, ElementLink, Int32, Int32)

ロールプレーヤーの位置が変更されたことを通知するための仮想メソッド。

(継承元 ModelElement)
OnRolePlayerPositionChanging(DomainRoleInfo, ElementLink, Int32, Int32)

ロールプレーヤーの位置を変更するタイミングを通知するための仮想メソッド。

(継承元 ModelElement)

明示的なインターフェイスの実装

IMergeElements.CanMerge(ProtoElementBase, ElementGroupPrototype) (継承元 ModelElement)
IMergeElements.ChooseMergeTarget(ElementGroup) (継承元 ModelElement)
IMergeElements.ChooseMergeTarget(ElementGroupPrototype) (継承元 ModelElement)
IMergeElements.MergeConfigure(ElementGroup) (継承元 ModelElement)
IMergeElements.MergeDisconnect(ModelElement) (継承元 ModelElement)
IMergeElements.MergeRelate(ModelElement, ElementGroup) (継承元 ModelElement)

拡張メソッド

AddExtension(ModelElement, DomainClassInfo)

指定したドメイン型の新しくインスタンス化された拡張機能を使用して、この ModelElement を拡張します。 要素にその型の拡張機能が既に存在する場合、InvalidOperationException がスローされます。

AddExtension(ModelElement, ExtensionElement)

特定の拡張機能を使用してこの ModelElement を拡張します。 要素に同じ型の拡張機能が既に存在する場合、InvalidOperationException がスローされます。

AddExtension(ModelElement, Guid)

識別されたドメイン型の新しくインスタンス化された拡張機能を使用して、この ModelElement を拡張します。 要素にその型の拡張機能が既に存在する場合、InvalidOperationException がスローされます。

AddExtension(ModelElement, Type)

この ModelElement は、新しくインスタンス化された、指定した型の拡張機能を使用して拡張します。 要素にその型の拡張機能が既に存在する場合、InvalidOperationException がスローされます。

AddExtension<T>(ModelElement)

この ModelElement は、新しくインスタンス化された特定の型の拡張機能を使用して拡張します。 要素に同じ型の拡張機能が既に存在する場合、InvalidOperationException がスローされます。

GetAllExtensions(ModelElement)

この ModelElement に埋め込まれている拡張要素のツリー全体で幅の最初のトラバーサルを実行する、列挙可能なを返します。

GetBaseElement(ModelElement)

指定された ModelElement が参加している仮想 MEL のルートを返します。

GetExtension(ModelElement, DomainClassInfo)
GetExtension(ModelElement, Guid)
GetExtension(ModelElement, Type)

この ModelElement の使用可能な拡張から、指定された型の ExtensionElement を取得します。 要素にこのような拡張機能がない場合は、InvalidOperationException が発生します。

GetExtension<T>(ModelElement)

この ModelElement の使用可能な拡張から、指定された型の ExtensionElement を取得します。 要素にこのような拡張機能がない場合は、InvalidOperationException が発生します。

IsExtendedBy(ModelElement, DomainClassInfo)

この ModelElement が、特定の型の ExtensionElement によって現在拡張されているかどうかを照会します。

IsExtendedBy(ModelElement, Guid)

この ModelElement が、特定の型の ExtensionElement によって現在拡張されているかどうかを照会します。

IsExtendedBy(ModelElement, Type)

この ModelElement が、特定の型の ExtensionElement によって現在拡張されているかどうかを照会します。

RemoveExtension(ModelElement, DomainClassInfo)

特定の種類の指定された ModelElement の拡張機能をすべて削除します。

RemoveExtension(ModelElement, ExtensionElement)

この ModelElement の拡張から、指定された ExtensionElement を削除します。

RemoveExtension(ModelElement, Guid)

特定の種類の指定された ModelElement の拡張機能をすべて削除します。

RemoveExtension(ModelElement, Type)

特定の種類のこの ModelElement の拡張機能をすべて削除します。

TryGetExtension(ModelElement, DomainClassInfo)
TryGetExtension(ModelElement, Guid)
TryGetExtension(ModelElement, Type)
TryGetExtension<T>(ModelElement)

この ModelElement の使用可能な拡張から、指定された型の ExtensionElement を取得します。 この要素にこのような拡張機能がない場合、結果は null になります。

CanDelete(ModelElement, Guid[])

モデルから要素を削除します。

GetLocks(ModelElement)

この要素のロックフラグを取得します。 これには、要素を含むパーティションで有効になっているロックが含まれます。

IsLocked(ModelElement, Locks)

この要素が、指定されたロックのセットのいずれかを持っているかどうかをテストします

SetLocks(ModelElement, Locks)

この要素のロックフラグを設定します

適用対象