DslLibraryHasReferenceTypesSerializer.ReadTargetRolePlayer(SerializationContext, ModelElement, XmlReader) メソッド

定義

このメソッドは、ターゲットロールプレーヤー ReferenceType を読み取ります。

protected:
 virtual void ReadTargetRolePlayer(Microsoft::VisualStudio::Modeling::SerializationContext ^ serializationContext, Microsoft::VisualStudio::Modeling::ModelElement ^ element, System::Xml::XmlReader ^ reader);
protected virtual void ReadTargetRolePlayer (Microsoft.VisualStudio.Modeling.SerializationContext serializationContext, Microsoft.VisualStudio.Modeling.ModelElement element, System.Xml.XmlReader reader);
abstract member ReadTargetRolePlayer : Microsoft.VisualStudio.Modeling.SerializationContext * Microsoft.VisualStudio.Modeling.ModelElement * System.Xml.XmlReader -> unit
override this.ReadTargetRolePlayer : Microsoft.VisualStudio.Modeling.SerializationContext * Microsoft.VisualStudio.Modeling.ModelElement * System.Xml.XmlReader -> unit
Protected Overridable Sub ReadTargetRolePlayer (serializationContext As SerializationContext, element As ModelElement, reader As XmlReader)

パラメーター

serializationContext
SerializationContext

シリアル化コンテキスト。

element
ModelElement

ターゲットの DomainClass インスタンスにリンクされるインメモリ DslLibraryHasReferenceTypes インスタンス。

reader
XmlReader

シリアル化されたデータの読み取り元の XmlReader。

注釈

呼び出し元は、リーダーが最初の子 XML 要素の開いているタグに配置されることを保証します。 このメソッドは、1つのターゲットロールプレーヤーインスタンスだけを読み取ります。 メソッドは、ターゲットロールプレーヤーの開いているタグに到達するまで、その子 XML 要素が見つかるまでスキップします。 2) 親要素の終了タグ (ぶら下がりリレーションシップ)。 3) EOF (ぶら下がりリレーションシップ)。 呼び出しの後、リーダーは: 1) ターゲットロールプレーヤーの後の次の子要素の開いているタグに配置されます。 2) 親要素の終了タグ。 3) EOF。

適用対象