IVsFilterAddProjectItemDlg.FilterListItemByTemplateFile(Guid, String, Int32) メソッド

定義

実際のテンプレートファイル名でファイルをフィルター処理します。

public:
 int FilterListItemByTemplateFile(Guid % rguidProjectItemTemplates, System::String ^ pszTemplateFile, [Runtime::InteropServices::Out] int % pfFilter);
public int FilterListItemByTemplateFile (ref Guid rguidProjectItemTemplates, string pszTemplateFile, out int pfFilter);
abstract member FilterListItemByTemplateFile : Guid * string * int -> int
Public Function FilterListItemByTemplateFile (ByRef rguidProjectItemTemplates As Guid, pszTemplateFile As String, ByRef pfFilter As Integer) As Integer

パラメーター

rguidProjectItemTemplates
Guid

から項目テンプレートを提供するプロジェクトの GUID。

pszTemplateFile
String

からテンプレートファイル名を含む、null で終わる文字列へのポインター。

pfFilter
Int32

入出力指定し true た項目をフィルターで除外するには、をに設定します。 項目を表示するには、に設定し false ます。

戻り値

Int32

メソッドが成功した場合は S_OK を返します。 失敗した場合はエラー コードを返します。

注釈

COM 署名

Vsshell .idl から:

HRESULT IVsFilterAddProjectItemDlg::FilterListItemByTemplateFile(  
   [in] REFGUID rguidProjectItemTemplates,  
   [in] LPCOLESTR pszTemplateFile,  
   [out] BOOL *pfFilter  
);  

環境は、プロジェクトの GUID と項目名を渡します。 false項目を表示し、項目をフィルター処理するには、を返し true ます。

適用対象