Package.InstantiateToolWindow メソッド

定義

オーバーロード

InstantiateToolWindow(Type)
InstantiateToolWindow(Type, Object)

指定された型のツールウィンドウを構築します。

InstantiateToolWindow(Type)

protected:
 virtual Microsoft::VisualStudio::Shell::WindowPane ^ InstantiateToolWindow(Type ^ toolWindowType);
protected virtual Microsoft.VisualStudio.Shell.WindowPane InstantiateToolWindow (Type toolWindowType);
abstract member InstantiateToolWindow : Type -> Microsoft.VisualStudio.Shell.WindowPane
override this.InstantiateToolWindow : Type -> Microsoft.VisualStudio.Shell.WindowPane
Protected Overridable Function InstantiateToolWindow (toolWindowType As Type) As WindowPane

パラメーター

toolWindowType
Type

戻り値

WindowPane

ウィンドウペインから派生したクラスのインスタンス

注釈

パッケージが既定のコンストラクター以外のものを使用してツールウィンドウを作成する場合は、このメソッドをオーバーライドする必要があります。

適用対象

InstantiateToolWindow(Type, Object)

指定された型のツールウィンドウを構築します。

protected:
 virtual Microsoft::VisualStudio::Shell::WindowPane ^ InstantiateToolWindow(Type ^ toolWindowType, System::Object ^ context);
protected virtual Microsoft.VisualStudio.Shell.WindowPane InstantiateToolWindow (Type toolWindowType, object context);
abstract member InstantiateToolWindow : Type * obj -> Microsoft.VisualStudio.Shell.WindowPane
override this.InstantiateToolWindow : Type * obj -> Microsoft.VisualStudio.Shell.WindowPane
Protected Overridable Function InstantiateToolWindow (toolWindowType As Type, context As Object) As WindowPane

パラメーター

toolWindowType
Type

作成するウィンドウの種類

context
Object

コンストラクターに渡すコンテキストオブジェクト。

戻り値

WindowPane

ウィンドウペインから派生したクラスのインスタンス

注釈

パッケージが、 context context ツールウィンドウを作成するために、の動的な型 (またはの基本型) と同じ型の単一のパラメーターを受け取る既定のコンストラクターまたはコンストラクター以外のものを使用する場合は、このメソッドをオーバーライドする必要があります。

適用対象