VsTextLineStorageClass クラス

定義

永続化され、解除されるイメージを表します。 テキストエディタービューで表示および編集できるテキストの範囲を表します。 IVsPersistentTextImageIVsTextStorage を参照してください。

public ref class VsTextLineStorageClass : Microsoft::VisualStudio::TextManager::Interop::IVsPersistentTextImage, Microsoft::VisualStudio::TextManager::Interop::VsTextLineStorage
[Windows::Foundation::Metadata::WebHostHidden]
class VsTextLineStorageClass : Microsoft::VisualStudio::TextManager::Interop::IVsPersistentTextImage, Microsoft::VisualStudio::TextManager::Interop::VsTextLineStorage
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(0)]
[System.Runtime.InteropServices.ComConversionLoss]
[System.Runtime.InteropServices.Guid("D6513A91-ACC8-11D2-8919-0000F87579D2")]
[System.Runtime.InteropServices.TypeLibType(2)]
public class VsTextLineStorageClass : Microsoft.VisualStudio.TextManager.Interop.IVsPersistentTextImage, Microsoft.VisualStudio.TextManager.Interop.VsTextLineStorage
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(0)>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComConversionLoss>]
[<System.Runtime.InteropServices.Guid("D6513A91-ACC8-11D2-8919-0000F87579D2")>]
[<System.Runtime.InteropServices.TypeLibType(2)>]
type VsTextLineStorageClass = class
    interface IVsTextStorage
    interface VsTextLineStorage
    interface IVsPersistentTextImage
Public Class VsTextLineStorageClass
Implements IVsPersistentTextImage, VsTextLineStorage
継承
VsTextLineStorageClass
属性
実装

注釈

キーワードを使用して、このクラスのインスタンスを作成することはできません new 。 代わりに、オブジェクトを取得し、を使用してオブジェクトを作成する必要があり ILocalRegistry CreateInstance ます。 MPF は、このメソッドをでラップ CreateInstance します。

コンストラクター

VsTextLineStorageClass()

クラスの新しいインスタンスを作成します。

メソッド

Image_Alloc(Int32)

永続ディスクイメージ記憶域に指定されたサイズの領域を割り当てます。

Image_CloseFullTextScan()

イメージのフルテキストスキャンを終了します。

Image_Free(IntPtr)

永続ディスクイメージによって使用されている領域を解放します。

Image_FullTextRead(String, Int32)

フルテキストイメージを読み取ります。

Image_GetLength()

テキストイメージの長さを取得します。

Image_LoadText(String, Int32, UInt32)

指定されたテキストイメージを読み込みます。

Image_OpenFullTextScan()

テキストイメージのフルスキャンを開きます。

Image_Realloc(IntPtr, Int32)

指定されたテキストイメージの領域を再割り当てします。

Storage_Attach(Object)

テキストバッファーをアタッチします。

Storage_CopyText(Int32, Int32, Int32, IntPtr, Int32)

指定したテキストをコピーします。

Storage_Detach()

ストレージバッファーをデタッチします。

Storage_Find(String, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32)

指定した範囲内の指定されたテキストを検索します。 検索オプションを示すフラグ。

Storage_GetCharsInSpan(TextSpan[], Int32)

指定した範囲の文字数を取得します。

Storage_GetLanguageServiceID(Guid)

言語サービスの GUID を取得します。

Storage_GetLength()

ストレージの長さを取得します。

Storage_GetLengthOfLine(Int32, Int32)

指定した行の長さを取得します。

Storage_GetLineCount()

ストレージライン数を取得します。

Storage_GetLineDataEx(UInt32, Int32, Int32, Int32, LINEDATAEX[])

行のデータを取得します。

Storage_GetLineIndexOfPosition(Int32, Int32, Int32)

ストレージ内の位置の行インデックスを取得します。

Storage_GetPositionOfLineIndex(Int32, Int32, Int32)

ストレージ内の位置の行インデックスを取得します。

Storage_RefreshColorization(Int32, Int32, Int32)

指定された行セットの色づけを更新します。

Storage_ReleaseLineDataEx(LINEDATAEX[])

以前に取得した行データを解放します。

Storage_Replace(ChangeInput[], TextSpan[])

テキストを置換または変更します。

Storage_SetLanguageServiceID(Guid)

ストレージの言語サービスを設定します。

適用対象