FileDialogCustomPlace FileDialogCustomPlace FileDialogCustomPlace FileDialogCustomPlace Class

定義

FileDialog カスタム プレース リストのエントリを表します。Represents an entry in a FileDialog custom place list.

public ref class FileDialogCustomPlace sealed
public sealed class FileDialogCustomPlace
type FileDialogCustomPlace = class
Public NotInheritable Class FileDialogCustomPlace
継承
FileDialogCustomPlaceFileDialogCustomPlaceFileDialogCustomPlaceFileDialogCustomPlace

注釈

以降ではWindows VistaWindows Vistaが保存ファイル ダイアログ ボックスを開いて、お気に入りリンクユーザーが別の場所にすばやく移動できるダイアログ ボックスの左側にあるパネル。Starting in Windows VistaWindows Vista, open and save file dialog boxes have a Favorite Links panel on the left side of the dialog box that allows the user to quickly navigate to a different location. これらのリンクは、カスタムの場所と呼ばれます。These links are called custom places. このクラスを使用すると、アプリケーション ファイル ダイアログ ボックスを使用するときに表示されるリストを変更できます。This class allows you to modify the list that appears when your application uses a file dialog box. カスタム プレイス用既知のフォルダーの一覧で、次を参照してください。FileDialogCustomPlacesします。For the list of known folders for custom places, see FileDialogCustomPlaces.

コンストラクター

FileDialogCustomPlace(Guid) FileDialogCustomPlace(Guid) FileDialogCustomPlace(Guid) FileDialogCustomPlace(Guid)

既知のフォルダーの GUID を指定して、FileDialogCustomPlace クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the FileDialogCustomPlace class with the specified known folder GUID.

FileDialogCustomPlace(String) FileDialogCustomPlace(String) FileDialogCustomPlace(String) FileDialogCustomPlace(String)

パスを指定して、FileDialogCustomPlace クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the FileDialogCustomPlace class with the specified path.

プロパティ

KnownFolder KnownFolder KnownFolder KnownFolder

カスタム プレースの既知のフォルダーの GUID を取得します。Gets the GUID of the known folder for the custom place.

Path Path Path Path

カスタム プレースのファイル パスを取得します。Gets the file path for the custom place.

メソッド

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

適用対象

こちらもご覧ください