FileDialogCustomPlaces クラス

定義

ファイル ダイアログ ボックスのカスタム プレースの既知のフォルダーを定義します。

public ref class FileDialogCustomPlaces abstract sealed
public static class FileDialogCustomPlaces
type FileDialogCustomPlaces = class
Public Class FileDialogCustomPlaces
継承
FileDialogCustomPlaces

注釈

カスタムの場所は、Windows Vista から使用できます。

プロパティ

Contacts

現在のユーザーの連絡先フォルダーを取得します。

Cookies

現在のユーザーのインターネット クッキー フォルダーを取得します。

Desktop

現在のユーザーのデスクトップ上にあるファイルを格納するフォルダーを取得します。

Documents

現在のユーザーのドキュメント フォルダーを取得します。

Favorites

現在のユーザーのお気に入りフォルダーを取得します。

LocalApplicationData

現在の非ローミング ユーザーが使用する、アプリケーション固有のデータを格納するフォルダーを取得します。

Music

現在のユーザーのミュージック フォルダーを取得します。

Pictures

現在のユーザーのピクチャ フォルダーを取得します。

ProgramFiles

Program Files フォルダーを取得します。

ProgramFilesCommon

アプリケーション間で共有されるコンポーネントを格納するフォルダーを取得します。

Programs

現在のユーザーのプログラム グループを格納するフォルダーを取得します。

RoamingApplicationData

現在のローミング ユーザーのアプリケーション固有のデータを格納するフォルダーを取得します。

SendTo

現在のユーザーの [送る] メニュー項目を格納するフォルダーを取得します。

StartMenu

現在のユーザーの [スタート] メニュー項目を格納するフォルダーを取得します。

Startup

現在のユーザーの [スタートアップ] プログラム グループに対応するフォルダーを取得します。

System

システム フォルダーを取得します。

Templates

現在のユーザーのドキュメント テンプレートを格納するフォルダーを取得します。

適用対象

こちらもご覧ください