SafeAccessTokenHandle クラス

定義

Windows のスレッドまたはプロセスのアクセス トークンにセーフ ハンドルを提供します。Provides a safe handle to a Windows thread or process access token. 詳細については、「アクセス トークン」を参照してください。For more information, see Access Tokens.

public ref class SafeAccessTokenHandle sealed : System::Runtime::InteropServices::SafeHandle
[System.Security.SecurityCritical]
public sealed class SafeAccessTokenHandle : System.Runtime.InteropServices.SafeHandle
type SafeAccessTokenHandle = class
    inherit SafeHandle
Public NotInheritable Class SafeAccessTokenHandle
Inherits SafeHandle
継承
SafeAccessTokenHandle
属性

コンストラクター

SafeAccessTokenHandle(IntPtr)

SafeAccessTokenHandle クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SafeAccessTokenHandle class.

フィールド

handle

ラップするハンドルを指定します。Specifies the handle to be wrapped.

(継承元 SafeHandle)

プロパティ

InvalidHandle

SafeAccessTokenHandle オブジェクトを Zero でインスタンス化して、無効なハンドルを返します。Returns an invalid handle by instantiating a SafeAccessTokenHandle object with Zero.

IsClosed

ハンドルが閉じているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the handle is closed.

(継承元 SafeHandle)
IsInvalid

ハンドルが無効かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the handle is invalid.

メソッド

Close()

リソースを解放するためのハンドルをマークします。Marks the handle for releasing and freeing resources.

(継承元 SafeHandle)
DangerousAddRef(Boolean)

SafeHandle インスタンスの参照カウンターを手動でインクリメントします。Manually increments the reference counter on SafeHandle instances.

(継承元 SafeHandle)
DangerousGetHandle()

handle フィールドの値を戻します。Returns the value of the handle field.

(継承元 SafeHandle)
DangerousRelease()

SafeHandle インスタンスの参照カウンターを手動でデクリメントします。Manually decrements the reference counter on a SafeHandle instance.

(継承元 SafeHandle)
Dispose()

SafeHandle クラスによって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the SafeHandle class.

(継承元 SafeHandle)
Dispose(Boolean)

通常の破棄操作を実行するかどうかを指定して、SafeHandle クラスによって使用されているアンマネージ リソースを解放します。Releases the unmanaged resources used by the SafeHandle class specifying whether to perform a normal dispose operation.

(継承元 SafeHandle)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ReleaseHandle()

派生クラスでオーバーライドされると、ハンドルを解放するために必要なコードを実行します。When overridden in a derived class, executes the code required to free the handle.

(継承元 SafeHandle)
SetHandle(IntPtr)

ハンドルを指定した既存のハンドルに設定します。Sets the handle to the specified pre-existing handle.

(継承元 SafeHandle)
SetHandleAsInvalid()

今後は使用しないものとしてハンドルをマークします。Marks a handle as no longer used.

(継承元 SafeHandle)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象