AccessViolationException AccessViolationException AccessViolationException AccessViolationException Class

定義

保護されたメモリに対して読み取りまたは書き込みを行おうとするとスローされる例外。The exception that is thrown when there is an attempt to read or write protected memory.

public ref class AccessViolationException : SystemException
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public class AccessViolationException : SystemException
type AccessViolationException = class
    inherit SystemException
Public Class AccessViolationException
Inherits SystemException
継承
AccessViolationExceptionAccessViolationExceptionAccessViolationExceptionAccessViolationException
属性

注釈

コードでは、読み取りまたは書き込みのメモリを割り当てられていないか、先がアクセスしようとした場合、アンマネージ コードまたはアンセーフ コードでアクセス違反が発生します。An access violation occurs in unmanaged or unsafe code when the code attempts to read or write to memory that has not been allocated, or to which it does not have access. これは通常、ポインターが無効な値を持つために発生します。This usually occurs because a pointer has a bad value. 無効なポインターによる読み取りまたは書き込みがすべてアクセス違反になるとは限らないため、通常、アクセス違反は、無効なポインターによって複数の読み取りまたは書き込みが発生したこと、およびメモリが破損している可能性があることを示します。Not all reads or writes through bad pointers lead to access violations, so an access violation usually indicates that several reads or writes have occurred through bad pointers, and that memory might be corrupted. そのため、アクセス違反では、ほとんどの場合に重大なプログラミング エラーを示します。Thus, access violations almost always indicate serious programming errors. AccessViolationException明確にこれらの重大なエラーを特定します。An AccessViolationException clearly identifies these serious errors.

プログラム全体が検証可能なマネージ コードで構成される、すべての参照が有効であるか、または null、およびアクセス違反が発生することはできません。In programs consisting entirely of verifiable managed code, all references are either valid or null, and access violations are impossible. Null 参照では検証可能なコードがスローされますを参照しようとするすべての操作をNullReferenceException例外。Any operation that attempts to reference a null reference in verifiable code throws a NullReferenceException exception. AccessViolationException今後、マネージ コードの検証可能な操作またはアンセーフ マネージ コードとアンマネージ コードとするときはのみに発生します。An AccessViolationException occurs only when verifiable managed code interacts with unmanaged code or with unsafe managed code.

AccessViolationException 例外のトラブルシューティングTroubleshooting AccessViolationException exceptions

AccessViolationExceptionアンセーフ マネージ コードでのみ例外が発生したか、コードがアンマネージ コードとやり取りするときに、検証可能な管理します。An AccessViolationException exception can occur only in unsafe managed code or when verifiable managed code interacts with unmanaged code:

  • アンセーフ マネージ コード内で発生したアクセス違反は、いずれかとして表現できます、NullReferenceException例外またはAccessViolationException例外は、プラットフォームによって異なります。An access violation that occurs in unsafe managed code can be expressed as either a NullReferenceException exception or an AccessViolationException exception, depending on the platform.

  • マネージ コードにバブルアップするアンマネージ コードでアクセス違反は、常にラップするAccessViolationException例外。An access violation in unmanaged code that bubbles up to managed code is always wrapped in an AccessViolationException exception.

いずれの場合も、識別し、の原因を修正、AccessViolationException例外として次のとおりです。In either case, you can identify and correct the cause of the AccessViolationException exception as follows:

アクセスしようとしているメモリが割り当て済みであることを確認します。Make sure that the memory that you are attempting to access has been allocated.
AccessViolationExceptionは保護されたメモリにアクセスする、メモリを割り当てられていないか、プロセスを所有していないアクセス試行が常に例外をスローします。An AccessViolationException exception is always thrown by an attempt to access protected memory -- that is, to access memory that is not allocated or that is not owned by a process.

自動メモリ管理は、共通言語ランタイムが提供するサービスの 1 つです。Automatic memory management is one of the services that the common language runtime provides. マネージ コードでは、アンマネージ コードと同じ機能を提供する場合は、この機能を活用するために、マネージ コードに移動したい場合があります。If managed code provides the same functionality as your unmanaged code, you may wish to move to managed code to take advantage of this functionality. 詳細については、「 Automatic Memory Management」を参照してください。For more information, see Automatic Memory Management.

アクセスしようとしているメモリが破損していないことを確認します。Make sure that the memory that you are attempting to access has not been corrupted.
無効なポインターによって複数の読み取り操作または書き込み操作が発生すると、メモリが破損する場合があります。If several read or write operations have occurred through bad pointers, memory may be corrupted. これは通常、定義済みのバッファーの外部アドレスに対する読み取りまたは書き込み時に発生します。This typically occurs when reading or writing to addresses outside of a predefined buffer.

AccessViolationException および try/catch ブロックAccessViolationException and try/catch blocks

以降では、 .NET Framework 4.NET Framework 4AccessViolationExceptionで共通言語ランタイムによってスローされた例外は処理されない、catch共通の言語によって予約されるメモリの外部で例外が発生した場合は、構造化例外ハンドラー内のステートメントランタイム。Starting with the .NET Framework 4.NET Framework 4, AccessViolationException exceptions thrown by the common language runtime are not handled by the catch statement in a structured exception handler if the exception occurs outside of the memory reserved by the common language runtime. などを処理するために、 AccessViolationException 、例外を適用する必要がある、HandleProcessCorruptedStateExceptionsAttribute属性をメソッドの例外がスローされます。To handle such an AccessViolationException exception, you should apply the HandleProcessCorruptedStateExceptionsAttribute attribute to the method in which the exception is thrown. この変更には影響しませんAccessViolationExceptionでキャッチすることが引き続きユーザー コードによってスローされた例外、catchステートメント。This change does not affect AccessViolationException exceptions thrown by user code, which can continue to be caught by a catch statement. 再コンパイルし、変更なしに実行する .NET Framework の以前のバージョン用に記述されたコードに対して、 .NET Framework 4.NET Framework 4、追加することができます、 <legacyCorruptedStateExceptionsPolicy >要素をアプリの構成ファイル。For code written for previous versions of the .NET Framework that you want to recompile and run without modification on the .NET Framework 4.NET Framework 4, you can add the <legacyCorruptedStateExceptionsPolicy> element to your app's configuration file. また、ハンドラーを定義している場合にも、例外の通知が表示されることができます、AppDomain.FirstChanceExceptionまたはAppDomain.UnhandledExceptionイベント。Note that you can also receive notification of the exceptions if you have defined a handler for the AppDomain.FirstChanceException or AppDomain.UnhandledException event.

バージョン情報Version Information

.NET Framework 2.0 およびそれ以降のバージョンでは、この例外がスローされます。This exception is thrown in the .NET Framework 2.0 and later versions. .NET Framework の以前のバージョンで、アンマネージ コードまたはアンセーフ マネージ コードでアクセス違反がによって表される、NullReferenceExceptionマネージ コードでします。In earlier versions of the .NET Framework, an access violation in unmanaged code or unsafe managed code is represented by a NullReferenceException in managed code. ANullReferenceException検証可能なマネージ コード、データの破損を含まないの発生で、null 参照が逆参照し、バージョン 1.0 または 1.1 では、2 つの状況を区別する手段がないときにスローされます。A NullReferenceException is also thrown when a null reference is dereferenced in verifiable managed code, an occurrence that does not involve data corruption, and there is no way to distinguish between the two situations in versions 1.0 or 1.1.

管理者は、.NET Framework version 1.1 の動作に戻すには、選択したアプリケーションを許可できます。Administrators can allow selected applications to revert to the behavior of the .NET Framework version 1.1. 次の行を配置、 <ランタイム>要素アプリケーションの構成ファイルのセクション。Place the following line in the <runtime> Element section of the configuration file for the application:

<legacyNullReferenceExceptionPolicy enabled = "1"/>  

コンストラクター

AccessViolationException() AccessViolationException() AccessViolationException() AccessViolationException()

エラーを説明するシステム提供のメッセージを使用して、AccessViolationException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the AccessViolationException class with a system-supplied message that describes the error.

AccessViolationException(SerializationInfo, StreamingContext) AccessViolationException(SerializationInfo, StreamingContext) AccessViolationException(SerializationInfo, StreamingContext) AccessViolationException(SerializationInfo, StreamingContext)

シリアル化したデータを使用して、AccessViolationException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the AccessViolationException class with serialized data.

AccessViolationException(String) AccessViolationException(String) AccessViolationException(String) AccessViolationException(String)

エラーを説明する指定したメッセージを使用して、AccessViolationException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the AccessViolationException class with a specified message that describes the error.

AccessViolationException(String, Exception) AccessViolationException(String, Exception) AccessViolationException(String, Exception) AccessViolationException(String, Exception)

指定したエラー メッセージおよびこの例外の原因となった内部例外への参照を使用して、AccessViolationException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the AccessViolationException class with a specified error message and a reference to the inner exception that is the cause of this exception.

プロパティ

Data Data Data Data

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キー/値ペアのコレクションを取得します。Gets a collection of key/value pairs that provide additional user-defined information about the exception.

(Inherited from Exception)
HelpLink HelpLink HelpLink HelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。Gets or sets a link to the help file associated with this exception.

(Inherited from Exception)
HResult HResult HResult HResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。Gets or sets HRESULT, a coded numerical value that is assigned to a specific exception.

(Inherited from Exception)
InnerException InnerException InnerException InnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。Gets the Exception instance that caused the current exception.

(Inherited from Exception)
Message Message Message Message

現在の例外を説明するメッセージを取得します。Gets a message that describes the current exception.

(Inherited from Exception)
Source Source Source Source

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the application or the object that causes the error.

(Inherited from Exception)
StackTrace StackTrace StackTrace StackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。Gets a string representation of the immediate frames on the call stack.

(Inherited from Exception)
TargetSite TargetSite TargetSite TargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。Gets the method that throws the current exception.

(Inherited from Exception)

メソッド

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetBaseException() GetBaseException() GetBaseException() GetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の主要な原因である Exception を返します。When overridden in a derived class, returns the Exception that is the root cause of one or more subsequent exceptions.

(Inherited from Exception)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、その例外に関する情報を使用して SerializationInfo を設定します。When overridden in a derived class, sets the SerializationInfo with information about the exception.

(Inherited from Exception)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。Gets the runtime type of the current instance.

(Inherited from Exception)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。Creates and returns a string representation of the current exception.

(Inherited from Exception)

イベント

SerializeObjectState SerializeObjectState SerializeObjectState SerializeObjectState

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。Occurs when an exception is serialized to create an exception state object that contains serialized data about the exception.

(Inherited from Exception)

適用対象

こちらもご覧ください