ActivationContext クラス

定義

現在のアプリケーションのアクティベーション コンテキストを識別します。Identifies the activation context for the current application. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class ActivationContext sealed : IDisposable, System::Runtime::Serialization::ISerializable
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
[System.Serializable]
public sealed class ActivationContext : IDisposable, System.Runtime.Serialization.ISerializable
type ActivationContext = class
    interface IDisposable
    interface ISerializable
Public NotInheritable Class ActivationContext
Implements IDisposable, ISerializable
継承
ActivationContext
属性
実装

次のコード例は、 ActivationContextオブジェクトを使用して、 ApplicationIdentityマニフェストベースのアプリケーションのを取得する方法を示しています。The following code example demonstrates the use of an ActivationContext object to obtain the ApplicationIdentity for a manifest-based application. 正しい結果を得るには、マニフェストベースのアプリケーションとして次のコード例を実行します。For correct results, execute this code example as a manifest-based application.

using System;
using System.Collections;
using System.Text;
using System.Security.Policy;
using System.Reflection;
using System.Security;
using System.Security.Permissions;

namespace ActivationContextSample
{
    public class Program : MarshalByRefObject
    {
        [SecurityPermission(SecurityAction.LinkDemand, ControlDomainPolicy=true)]
        public static void Main(string[] args)
        {
            ActivationContext ac = AppDomain.CurrentDomain.ActivationContext;
            ApplicationIdentity ai = ac.Identity;
            Console.WriteLine("Full name = " + ai.FullName);
            Console.WriteLine("Code base = " + ai.CodeBase);

            Console.Read();
        }
        [SecurityPermission(SecurityAction.LinkDemand, ControlDomainPolicy=true)]
        public void Run()
        {
            Main(new string[] { });
            Console.ReadLine();
        }
    }
}
Imports System.Collections
Imports System.Text
Imports System.Security.Policy
Imports System.Reflection
Imports System.Security
Imports System.Security.Permissions

Public Class Program
    Inherits MarshalByRefObject

    <SecurityPermission(SecurityAction.LinkDemand, ControlDomainPolicy:=True)> _
    Public Shared Sub Main(ByVal args() As String) 
        Dim ac As ActivationContext = AppDomain.CurrentDomain.ActivationContext
        Dim ai As ApplicationIdentity = ac.Identity
        Console.WriteLine("Full name = " + ai.FullName)
        Console.WriteLine("Code base = " + ai.CodeBase)
        Console.Read()
    
    End Sub

    <SecurityPermission(SecurityAction.LinkDemand, ControlDomainPolicy:=True)> _
    Public Sub Run() 
        Main(New String() {})
        Console.ReadLine()
    
    End Sub
End Class

注釈

クラスにはApplicationIdentityが含まれており、アプリケーションマニフェストへの内部専用アクセスを提供します。 ActivationContextThe ActivationContext class contains an ApplicationIdentity and provides internal-only access to the application manifest. アクティベーションコンテキストは、マニフェストに基づくアクティベーション中に、ドメインポリシーを設定し、アプリケーションベースのセキュリティモデルを提供するために使用されます。The activation context is used during manifest-based activation to set up the domain policy and provide an application-based security model. 詳細については、ApplicationSecurityManager クラスを参照してください。For more information, see the ApplicationSecurityManager class.

重要

この型は IDisposable インターフェイスを実装します。This type implements the IDisposable interface. 型の使用が完了したら、直接的または間接的に型を破棄する必要があります。When you have finished using the type, you should dispose of it either directly or indirectly. 直接的に型を破棄するには、try / catch ブロック内で Dispose メソッドを呼び出します。To dispose of the type directly, call its Dispose method in a try/catch block. 間接的に型を破棄するには、using (C# の場合) または Using (Visual Basic 言語) などの言語構成要素を使用します。To dispose of it indirectly, use a language construct such as using (in C#) or Using (in Visual Basic). 詳細については、IDisposable インターフェイスに関するトピック内の「IDisposable を実装するオブジェクトの使用」セクションを参照してください。For more information, see the "Using an Object that Implements IDisposable" section in the IDisposable interface topic.

プロパティ

ApplicationManifestBytes

現在のアプリケーションの ClickOnce アプリケーション マニフェストを取得します。Gets the ClickOnce application manifest for the current application.

DeploymentManifestBytes

現在のアプリケーションの ClickOnce 配置マニフェストを取得します。Gets the ClickOnce deployment manifest for the current application.

Form

現在のアプリケーションに対するフォームまたはストア コンテキストを取得します。Gets the form, or store context, for the current application.

Identity

現在のアプリケーションのアプリケーション ID を取得します。Gets the application identity for the current application.

メソッド

CreatePartialActivationContext(ApplicationIdentity)

指定されたアプリケーション ID を使用して、ActivationContext クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ActivationContext class using the specified application identity.

CreatePartialActivationContext(ApplicationIdentity, String[])

指定されたアプリケーション ID とマニフェスト パスの配列を使用して、ActivationContext クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ActivationContext class using the specified application identity and array of manifest paths.

Dispose()

ActivationContext によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the ActivationContext.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
Finalize()

ActivationContext がガベージ コレクションによって収集される前に、その ActivationContext オブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。Enables an ActivationContext object to attempt to free resources and perform other cleanup operations before the ActivationContext is reclaimed by garbage collection.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

ISerializable.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

SerializationInfo に、オブジェクトをシリアル化するために必要なデータを設定します。Populates a SerializationInfo with the data needed to serialize the target object.

適用対象

こちらもご覧ください