CodeActivity.CacheMetadata CodeActivity.CacheMetadata CodeActivity.CacheMetadata CodeActivity.CacheMetadata Method

定義

アクティビティの引数、変数、子アクティビティ、およびアクティビティ デリゲートの記述を作成および検証します。Creates and validates a description of the activity's arguments, variables, child activities, and activity delegates.

オーバーロード

CacheMetadata(ActivityMetadata) CacheMetadata(ActivityMetadata) CacheMetadata(ActivityMetadata) CacheMetadata(ActivityMetadata)

実装されていません。Not implemented. 代わりに、CacheMetadata(CodeActivityMetadata) を使用してください。Use CacheMetadata(CodeActivityMetadata) instead.

CacheMetadata(CodeActivityMetadata) CacheMetadata(CodeActivityMetadata) CacheMetadata(CodeActivityMetadata) CacheMetadata(CodeActivityMetadata)

アクティビティの引数、変数、子アクティビティ、およびアクティビティ デリゲートの記述を作成および検証します。Creates and validates a description of the activity's arguments, variables, child activities, and activity delegates.

注釈

カスタム アクティビティの作成者は、アクティビティの CacheMetadata オーバーライドに検証ロジックを指定できます。Custom activity authors can provide validation logic in an activity's CacheMetadata override. CacheMetadata からスローされる例外は、検証エラーとして処理されません。Any exceptions that are thrown from CacheMetadata are not treated as validation errors. これらの例外は、Validate への呼び出しからエスケープされ、呼び出し元によって処理される必要があります。These exceptions will escape from the call to Validate and must be handled by the caller.

CacheMetadata(ActivityMetadata) CacheMetadata(ActivityMetadata) CacheMetadata(ActivityMetadata) CacheMetadata(ActivityMetadata)

実装されていません。Not implemented. 代わりに、CacheMetadata(CodeActivityMetadata) を使用してください。Use CacheMetadata(CodeActivityMetadata) instead.

protected:
 override void CacheMetadata(System::Activities::ActivityMetadata metadata);
protected override sealed void CacheMetadata (System.Activities.ActivityMetadata metadata);
override this.CacheMetadata : System.Activities.ActivityMetadata -> unit
Protected Overrides NotOverridable Sub CacheMetadata (metadata As ActivityMetadata)

パラメーター

metadata
ActivityMetadata ActivityMetadata ActivityMetadata ActivityMetadata

実装されていません。Not implemented.

注釈

カスタム アクティビティの作成者は、アクティビティの CacheMetadata オーバーライドに検証ロジックを指定できます。Custom activity authors can provide validation logic in an activity's CacheMetadata override. CacheMetadata からスローされる例外は、検証エラーとして処理されません。Any exceptions that are thrown from CacheMetadata are not treated as validation errors. これらの例外は、Validate への呼び出しからエスケープされ、呼び出し元によって処理される必要があります。These exceptions will escape from the call to Validate and must be handled by the caller.

CacheMetadata(CodeActivityMetadata) CacheMetadata(CodeActivityMetadata) CacheMetadata(CodeActivityMetadata) CacheMetadata(CodeActivityMetadata)

アクティビティの引数、変数、子アクティビティ、およびアクティビティ デリゲートの記述を作成および検証します。Creates and validates a description of the activity's arguments, variables, child activities, and activity delegates.

protected:
 virtual void CacheMetadata(System::Activities::CodeActivityMetadata metadata);
protected virtual void CacheMetadata (System.Activities.CodeActivityMetadata metadata);
override this.CacheMetadata : System.Activities.CodeActivityMetadata -> unit
Protected Overridable Sub CacheMetadata (metadata As CodeActivityMetadata)

パラメーター

metadata
CodeActivityMetadata CodeActivityMetadata CodeActivityMetadata CodeActivityMetadata

アクティビティの引数、変数、子アクティビティ、およびアクティビティ デリゲートをカプセル化するアクティビティのメタデータ。The activity's metadata that encapsulates the activity's arguments, variables, child activities, and activity delegates.

注釈

ワークフロー ランタイムは、CacheMetadata の既定の実装を使用して、ワークフローが正しく構築されるようにすると同時に、ランタイム リレーションシップおよび有効期間ルールを管理します。The workflow runtime uses the default implementation of CacheMetadata to ensure correct construction of a workflow as well as to manage runtime relationships and lifetime rules. 既定の実装CacheMetadata型を使用してアクティビティ型のパブリック メンバーを調査TypeDescriptorします。The default implementation of CacheMetadata examines the public members of the activity type using the type's TypeDescriptor. これらのパブリック メンバーが型ArgumentVariableIEnumerable<変数 >ActivityIEnumerable<アクティビティ >、またはActivityDelegate.These public members are of type Argument, Variable, IEnumerable<Variable>, Activity, IEnumerable<Activity>, or ActivityDelegate. アクティビティの実行時の説明の構成をカスタマイズして、カスタム検証ロジックを提供するこのメソッドをオーバーライドすることができます。You can override this method to customize the building of the activity's run-time description and to provide custom validation logic. CacheMetadata からスローされる例外は、検証エラーとして処理されません。Any exceptions that are thrown from CacheMetadata are not treated as validation errors. これらの例外は、Validate への呼び出しからエスケープされ、呼び出し元によって処理される必要があります。These exceptions will escape from the call to Validate and must be handled by the caller.

適用対象