LambdaValue<TResult> クラス

定義

In 引数のバインドをサポートし、右辺値として使用されるラムダ式を表します。

generic <typename TResult>
public ref class LambdaValue sealed : System::Activities::CodeActivity<TResult>, System::Activities::XamlIntegration::IValueSerializableExpression
public sealed class LambdaValue<TResult> : System.Activities.CodeActivity<TResult>, System.Activities.XamlIntegration.IValueSerializableExpression
type LambdaValue<'Result> = class
    inherit CodeActivity<'Result>
    interface IValueSerializableExpression
Public NotInheritable Class LambdaValue(Of TResult)
Inherits CodeActivity(Of TResult)
Implements IValueSerializableExpression

型パラメーター

TResult

式によって返される値の型。

継承
実装

注釈

LambdaValue<TResult> は、コードで指定されたラムダ式用に使用され、XAML にシリアル化することはできません。 LambdaValue<TResult> が含まれているワークフローのシリアル化を試みると、LambdaSerializationException がスローされます。 コンテナーであるワークフローで XAML シリアル化が必要な場合は、VisualBasicValue<TResult> を使用するか、ExpressionServices を使用することで LambdaValue<TResult> をシリアル化が可能な形式に変換します。

このアクティビティは、linq to entities プロバイダーを使用して LINQ 式を評価します。 このアクティビティで使用される LINQ 式は、ADO.Net Entity Data Model によって評価される必要があります。 たとえば、LINQ 式を使用して、ワークフロー自体のアクティビティ、変数、または引数を参照することはできません。

コンストラクター

LambdaValue<TResult>(Expression<Func<ActivityContext,TResult>>)

指定した式を使用して、LambdaValue<TResult> クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

CacheId

ワークフロー定義のスコープ内で一意であるキャッシュの識別子を取得します。

(継承元 Activity)
Constraints

Constraint に検証を提供するよう構成できる Activity アクティビティのコレクションを取得します。

(継承元 Activity)
DisplayName

デバッグ、検証、例外処理、および追跡に使用する省略可能な表示名を取得または設定します。

(継承元 Activity)
Id

ワークフロー定義のスコープ内で一意である識別子を取得します。

(継承元 Activity)
Implementation

サポートされていません。

(継承元 CodeActivity<TResult>)
ImplementationVersion

アクティビティの実装バージョンを取得または設定します。

(継承元 CodeActivity<TResult>)
Result

Activity<TResult> の結果引数を取得または設定します。

(継承元 Activity<TResult>)
ResultType

派生クラスで実装された場合、アクティビティ OutArgument の型を取得します。

(継承元 ActivityWithResult)

メソッド

CacheMetadata(ActivityMetadata)

実装されていません。 代わりに、CacheMetadata(CodeActivityMetadata) を使用してください。

(継承元 CodeActivity<TResult>)
CacheMetadata(CodeActivityMetadata)

アクティビティの引数、変数、子アクティビティ、およびアクティビティ デリゲートの記述を作成および検証します。

(継承元 CodeActivity<TResult>)
CanConvertToString(IValueSerializerContext)

このメソッドは、常に true を返し、ConvertToString(IValueSerializerContext) と共に使用されることで、このアクティビティの XAML へのシリアル化が試みられたときに説明的なエラー メッセージを生成します。

ConvertToString(IValueSerializerContext)

LambdaSerializationException をスローし、CanConvertToString(IValueSerializerContext) と共に使用されることで、このアクティビティの XAML へのシリアル化が試みられたときに説明的なエラー メッセージを生成します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
Execute(CodeActivityContext)

派生クラスで実装された場合、アクティビティの実行を行います。

(継承元 CodeActivity<TResult>)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OnCreateDynamicUpdateMap(UpdateMapMetadata, Activity)

動的な更新のマップを作成するとイベントが発生します。

(継承元 CodeActivity<TResult>)
ShouldSerializeDisplayName()

DisplayName プロパティをシリアル化する必要があるかどうかを示します。

(継承元 Activity)
ToString()

StringId および DisplayName を含む Activity を返します。

(継承元 Activity)

適用対象