ForEach<T> クラス

定義

Values コレクション内で提供される値ごとに、アクティビティ操作を実行します。Executes an activity action once for each value provided in the Values collection.

generic <typename T>
public ref class ForEach sealed : System::Activities::NativeActivity
[System.Windows.Markup.ContentProperty("Body")]
public sealed class ForEach<T> : System.Activities.NativeActivity
[<System.Windows.Markup.ContentProperty("Body")>]
type ForEach<'T> = class
    inherit NativeActivity
Public NotInheritable Class ForEach(Of T)
Inherits NativeActivity

型パラメーター

T

Values コレクションで提供される値の型。The type of the values provided in the Values collection.

継承
属性

ForEach<T> アクティビティを作成するコード サンプルを次に示します。The following code sample demonstrates creating a ForEach<T> activity. この例は、 DynamicActivity 作成 サンプルからのものです。This example is from the DynamicActivity Creation sample.

new ForEach<int>
{
    Values =  new ArgumentValue<IEnumerable<int>> { ArgumentName = "Numbers" },
    Body = new ActivityAction<int>
    {
        Argument = iterationVariable,
        Handler = new Assign<int>
        {
            To = accumulator,
            Value = new InArgument<int>(env => iterationVariable.Get(env) +  accumulator.Get(env))
        }
    }
},

注釈

ForEach<T> はキーワードに似ていますが、 foreach 言語ステートメントではなくアクティビティとして実装されています。ForEach<T> is similar to the keyword foreach but is implemented as an activity rather than a language statement. C# の場合とは異なり、 foreach アクティビティはで ForEach<T> GetEnumerator はなくを使用し IEnumerator<T> ます。Note that unlike foreach in C#, the ForEach<T> activity uses GetEnumerator, rather than IEnumerator<T>.

コンストラクター

ForEach<T>()

ForEach<T> クラスの新しいインスタンスを作成します。Creates a new instance of the ForEach<T> class.

プロパティ

Body

Values コレクション内の各項目に対して実行する ActivityActionThe ActivityAction to be executed for each item in the Values collection.

CacheId

ワークフロー定義のスコープ内で一意であるキャッシュの識別子を取得します。Gets the identifier of the cache that is unique within the scope of the workflow definition.

(継承元 Activity)
CanInduceIdle

アクティビティがワークフローのアイドル状態を引き起こすことができるかどうかを表す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether the activity can cause the workflow to become idle.

(継承元 NativeActivity)
Constraints

Constraint に検証を提供するよう構成できる Activity アクティビティのコレクションを取得します。Gets a collection of Constraint activities that can be configured to provide validation for the Activity.

(継承元 Activity)
DisplayName

デバッグ、検証、例外処理、および追跡に使用する省略可能な表示名を取得または設定します。Gets or sets an optional friendly name that is used for debugging, validation, exception handling, and tracking.

(継承元 Activity)
Id

ワークフロー定義のスコープ内で一意である識別子を取得します。Gets an identifier that is unique in the scope of the workflow definition.

(継承元 Activity)
Implementation

アクティビティの実行ロジック。The execution logic of the activity.

(継承元 NativeActivity)
ImplementationVersion

アクティビティの実装バージョンを取得または設定します。Gets or sets the implementation version of the activity.

(継承元 NativeActivity)
Values

Body アクティビティ操作の実行のための入力のアクティビティのコレクション。The activity's collection of inputs for the execution of the Body activity action.

メソッド

Abort(NativeActivityAbortContext)

派生クラスで実装された場合、中止中のアクティビティに反応してアクションを実行します。When implemented in a derived class, takes actions in response to the activity being aborted.

(継承元 NativeActivity)
CacheMetadata(ActivityMetadata)

実装されていません。Not implemented. 代わりに、CacheMetadata(NativeActivityMetadata) メソッドを使用してください。Use the CacheMetadata(NativeActivityMetadata) method instead.

(継承元 NativeActivity)
CacheMetadata(NativeActivityMetadata)

アクティビティの引数、変数、子アクティビティ、およびアクティビティ デリゲートの記述を作成および検証します。Creates and validates a description of the activity's arguments, variables, child activities, and activity delegates.

(継承元 NativeActivity)
Cancel(NativeActivityContext)

派生クラスで実装された場合、ロジックを実行してアクティビティを早期に正常に完了します。When implemented in a derived class, runs logic to cause graceful early completion of the activity.

(継承元 NativeActivity)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
Execute(NativeActivityContext)

派生クラスで実装された場合、アクティビティの実行ロジックを実行します。When implemented in a derived class, runs the activity's execution logic.

(継承元 NativeActivity)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnCreateDynamicUpdateMap(NativeActivityUpdateMapMetadata, Activity)

動的な更新のマップを作成するとイベントが発生します。Raises an event when creating a map for the dynamic update.

(継承元 NativeActivity)
OnCreateDynamicUpdateMap(UpdateMapMetadata, Activity)

動的な更新のマップを作成するとイベントが発生します。Raises an event when creating a map for the dynamic update.

(継承元 NativeActivity)
ShouldSerializeDisplayName()

DisplayName プロパティをシリアル化する必要があるかどうかを示します。Indicates whether the DisplayName property should be serialized.

(継承元 Activity)
ToString()

StringId および DisplayName を含む Activity を返します。Returns a String that contains the Id and DisplayName of the Activity.

(継承元 Activity)
UpdateInstance(NativeActivityUpdateContext)

NativeActivity のインスタンスを更新します。Updates the instance of NativeActivity.

(継承元 NativeActivity)

適用対象