ValidationError クラス

定義

ワークフローの実行前に発生した検証エラーのインスタンスを表します。Represents an instance of a validation error that occurs before execution of the workflow.

public ref class ValidationError
public class ValidationError
type ValidationError = class
Public Class ValidationError
継承
ValidationError

コンストラクター

ValidationError(String)

指定したエラー メッセージを使用して、ValidationError クラスの新しいインスタンスを作成します。Creates a new instance of the ValidationError class using the specified error message.

ValidationError(String, Boolean)

指定したエラー メッセージと警告表示を使用して、ValidationError クラスの新しいインスタンスを作成します。Creates a new instance of the ValidationError class using the specified error message and warning indication.

ValidationError(String, Boolean, String)

指定したエラー メッセージ、警告表示、およびエラーの原因になったプロパティを使用して、ValidationError クラスの新しいインスタンスを作成します。Creates a new instance of the ValidationError class using the specified error message, warning indicator, and name of the property that caused the error.

ValidationError(String, Boolean, String, Object)

指定したエラー メッセージ、警告表示、プロパティの名前、およびエラーの原因になったソースの詳細を使用して、ValidationError クラスの新しいインスタンスを作成します。Creates a new instance of the ValidationError class using the specified error message, warning indicator, name of the property and the source detail that caused the error.

プロパティ

Id

エラーの原因である Activity の一意の英数字から成る識別子です。A unique alphanumeric identifier for the Activity that is the source of the error. この識別子は、特定のワークフローの各アクティビティで一意です。This identifier is unique for each activity in a specific workflow.

IsWarning

検証エラーがエラーではなく警告であるかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the validation error is a warning and not an error.

Message

検証エラーについての情報を提供する、英数字から成るメッセージを取得します。Gets an alphanumeric message that provides information about the validation error.

PropertyName

エラーを生成したプロパティの英数字から成る名前を取得します。Gets the alphanumeric name of the property that generated the error.

Source

エラーの原因となったアクティビティを取得します。Gets the activity that is the source of the error.

SourceDetail

エラーの原因に関する詳細を取得します。Gets the detail about the source of the error.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

検証エラーのプロパティ名および値を、それらを一覧表示するメッセージ文字列に変換します。Converts the validation error property names and values into a message string that lists them.

適用対象