System.Activities 名前空間

システムの動作に関連するクラスを提供します。

クラス

Activity

あらかじめ存在する Activity オブジェクトから複合アクティビティを作成するために使用される抽象基本クラス。

Activity<TResult>

既存の Activity オブジェクトから複合アクティビティを作成するために使用される抽象基本クラス。このクラスでは、アクティビティの型指定子を使用して結果の型を指定します。

ActivityAction

in 引数を持たず、値を返さないアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityAction<T>

1 個の in 引数を持ち、値を返さないアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityAction<T1,T2>

2 個の in 引数を持ち、値を返さないアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityAction<T1,T2,T3>

3 個の in 引数を持ち、値を返さないアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityAction<T1,T2,T3,T4>

4 個の in 引数を持ち、値を返さないアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityAction<T1,T2,T3,T4,T5>

5 個の in 引数を持ち、値を返さないアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityAction<T1,T2,T3,T4,T5,T6>

6 個の in 引数を持ち、値を返さないアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityAction<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7>

7 個の in 引数を持ち、値を返さないアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityAction<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8>

8 個の in 引数を持ち、値を返さないアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityAction<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8,T9>

9 個の in 引数を持ち、値を返さないアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityAction<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8,T9,T10>

10 個の in 引数を持ち、値を返さないアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityAction<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8,T9,T10,T11>

11 個の in 引数を持ち、値を返さないアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityAction<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8,T9,T10,T11,T12>

12 個の in 引数を持ち、値を返さないアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityAction<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8,T9,T10,T11,T12,T13>

13 個の in 引数を持ち、値を返さないアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityAction<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8,T9,T10,T11,T12,T13,T14>

14 個の in 引数を持ち、値を返さないアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityAction<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8,T9,T10,T11,T12,T13,T14,T15>

15 個の in 引数を持ち、値を返さないアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityAction<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8,T9,T10,T11,T12,T13,T14,T15,T16>

16 個の in 引数を持ち、値を返さないアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityBuilder

ワークフロー アクティビティにプロパティ データを提供します。

ActivityBuilder<TResult>

ジェネリック型のワークフロー アクティビティにプロパティ データを提供します。

ActivityContext

アクティビティの実行環境を表すコンテキスト クラスの基本クラス。

ActivityDelegate

アクティビティベースのコールバックを表します。

ActivityFunc<TResult>

in 引数を持たず、Tresult 型の out 引数を 1 つ持つアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityFunc<T,TResult>

T 型の in 引数を 1 個持ち、TResult 型の out 引数を 1 個持つアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityFunc<T1,T2,TResult>

T の in 引数を 1 個持ち、型 TResultout 引数を 1 個持つアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityFunc<T1,T2,T3,TResult>

T の in 引数を 3 個持ち、型 TResultout 引数を 1 個持つアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityFunc<T1,T2,T3,T4,TResult>

T の in 引数を 4 個持ち、型 TResultout 引数を 1 個持つアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityFunc<T1,T2,T3,T4,T5,TResult>

T の in 引数を 5 個持ち、型 TResult の out 引数を 1 個持つアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityFunc<T1,T2,T3,T4,T5,T6,TResult>

T の in 引数を 6 個持ち、型 TResult の out 引数を 1 個持つアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityFunc<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,TResult>

T の in 引数を 7 個持ち、型 TResult の out 引数を 1 個持つアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityFunc<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8,TResult>

T の in 引数を 8 個持ち、型 TResult の out 引数を 1 個持つアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityFunc<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8,T9,TResult>

T の in 引数を 9 個持ち、型 TResult の out 引数を 1 個持つアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityFunc<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8,T9,T10,TResult>

T の in 引数を 1 個持ち、型 TResult の out 引数を 1 個持つアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityFunc<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8,T9,T10,T11,TResult>

T の in 引数を 1 個持ち、型 TResult の out 引数を 1 個持つアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityFunc<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8,T9,T10,T11,T12,TResult>

T の in 引数を 1 個持ち、型 TResult の out 引数を 1 個持つアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityFunc<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8,T9,T10,T11,T12,T13,TResult>

T の in 引数を 1 個持ち、型 TResult の out 引数を 1 個持つアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityFunc<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8,T9,T10,T11,T12,T13,T14,TResult>

T の in 引数を 1 個持ち、型 TResult の out 引数を 1 個持つアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityFunc<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8,T9,T10,T11,T12,T13,T14,T15,TResult>

T の in 引数を 1 個持ち、型 TResult の out 引数を 1 個持つアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityFunc<T1,T2,T3,T4,T5,T6,T7,T8,T9,T10,T11,T12,T13,T14,T15,T16,TResult>

T の in 引数を 1 個持ち、型 TResult の out 引数を 1 個持つアクティビティ デリゲートを定義します。

ActivityInstance

実行時におけるアクティビティ インスタンスの状態を表します。

ActivityPropertyReference

ActivityBuilder で使用され、かつ x:Class アクティビティが PropertyReferenceExtension<T> に逆シリアル化されると、x:Class アクティビティの ActivityBuilder にマップされるプロパティ参照を表します。

ActivityWithResult

アクティビティの out 引数の値または型を取得します。 このクラスは抽象であり、Activity クラスから派生します。

Argument

バインディング ターミナルを表す抽象基本クラス。このバインディング ターミナルは、アクティビティとの間でデータが出入りするフローをサポートします。

AsyncCodeActivity

非同期コードのアクティビティ実行を開始から完了まで管理します。 これは抽象クラスです。

AsyncCodeActivity<TResult>

指定された型のアクティビティについて、非同期コードのアクティビティ実行を開始から完了まで管理します。 これは、抽象かつジェネリックのクラスです。

AsyncCodeActivityContext

非同期アクティビティの実行コンテキスト。

Bookmark

ワークフローまたはアクティビティが再開を受動的に待機できる点を表します。

BookmarkScope

Bookmark オブジェクトのセットのスコープを設定します。このオブジェクトは、同じプロトコルの下で動作するものとしてカテゴリ化されます。

BookmarkScopeHandle

Handleの有効期間を管理するために使用する BookmarkScope

CodeActivity

カスタム アクティビティを作成するための抽象クラス。その強制的な動作は、Execute(CodeActivityContext) メソッドで定義されます。このメソッドは、変数および引数の解決と拡張機能へのアクセスを提供します。

CodeActivity<TResult>

カスタム アクティビティを作成するための抽象クラス。その強制的な動作は、Execute(CodeActivityContext) メソッドで定義されます。このメソッドは、変数および引数の解決と拡張機能へのアクセスを提供します。

CodeActivityContext

ActivityContext を拡張して、CodeActivity に追加機能を提供します。

DelegateArgument

バインディング ターミナルを表す抽象基本クラス。このバインディング ターミナルは、ActivityDelegate との間でデータが出入りするフローをサポートします。

DelegateInArgument

バインディング ターミナルを表す抽象基本クラス。このバインディング ターミナルは、ActivityDelegate に入るデータ フローをサポートします。

DelegateInArgument<T>

ActivityDelegate に入るデータ フローを表すバインディング ターミナル。

DelegateOutArgument

バインディング ターミナルを表す抽象基本クラス。このバインディング ターミナルは、ActivityDelegate から出るデータ フローをサポートします。

DelegateOutArgument<T>

ActivityDelegate から出るデータ フローを表すバインディング ターミナル。

DynamicActivity

ICustomTypeDescriptor を使用するランタイムおよび WF デザイナーとの仲介役を果たすアクティビティを動的に構築できるようにするオブジェクト モデルを提供します。

DynamicActivity<TResult>

ドキュメント オブジェクト モデル (DOM) と整合性があるアプローチを提供します。これは、ICustomTypeDescriptor を使用するワークフロー ランタイムおよび WF デザイナーとの仲介役を果たすアクティビティを動的に構築します。

DynamicActivityProperty

実行時に作成され DynamicActivity で実行される ActivityExecutionContext のプロパティを表します。

ExceptionPersistenceExtension

例外の永続性を指定します。

ExclusiveHandle

補足情報をブックマークに追加します。これによりブックマークがスコープ ハンドルのサブセットにアクセスできます。ただし、必須ではないハンドルは除きます。

ExecutionProperties

特定のスコープでのプロパティのコレクションを表します。

Handle

有効期間がワークフロー ランタイムによって制御される型を表します。

HandleInitializationContext

Handle の初期化環境を表します。

InArgument

バインディング ターミナルを表す抽象基本クラス。このバインディング ターミナルは、アクティビティに入るデータ フローをサポートします。

InArgument<T>

アクティビティに入るデータ フローを表すバインディング ターミナル。

InOutArgument

バインディング ターミナルを表す抽象基本クラス。このバインディング ターミナルは、アクティビティとの間でデータが出入りするフローをサポートします。

InOutArgument<T>

アクティビティに出入りするデータ フローを表すバインディング ターミナル。

InvalidWorkflowException

ワークフローが無効だと発生する例外を処理します。

InvokeCompletedEventArgs

InvokeCompleted イベントのデータを提供します。

Location

Argument または Variable によって使用される値への参照を提供します。

Location<T>

Argument または Variable によって使用される値への型指定された参照を提供します。

LocationReference

Location を実行時に解決できるようにするメカニズムを提供します。

LocationReferenceEnvironment

変数と引数の環境の表現を提供します。アクティビティは実行時にこの表現を使用できます。

NativeActivity

Execute(NativeActivityContext) メソッドを使用する実行ロジックを実装するカスタム アクティビティの抽象基本クラス。このメソッドは、ランタイムの機能をすべて利用できます。

NativeActivity<TResult>

Execute(NativeActivityContext) メソッドを使用する実行ロジックを実装するカスタム アクティビティの抽象基本クラス。このメソッドは、ランタイムのすべての機能を利用できます。

NativeActivityAbortContext

中止中のアクティビティの実行環境を表します。

NativeActivityContext

NativeActivity の実行コンテキスト。

NativeActivityFaultContext

NativeActivity の実行環境を表します。これは、子アクティビティがスローした例外を処理します。

NativeActivityTransactionContext

ランタイムにトランザクションを提供する必要がある NativeActivity の実行コンテキスト。

NoPersistHandle

非永続的ブロックの有効期間を管理します。

OutArgument

バインディング ターミナルを表す抽象基本クラス。このバインディング ターミナルは、アクティビティから出るデータ フローをサポートします。

OutArgument<T>

アクティビティから出るデータ フローを表すバインディング ターミナル。

OverloadGroupAttribute

あるアクティビティ内で有効である引数の組み合わせを示すメソッドを提供します。

RegistrationContext

ワークフロー実行プロパティの現在のコレクションへのアクセスを提供します。

RequiredArgumentAttribute

引数を適用できるアプリケーション要素。

RuntimeArgument

ランタイムに渡すアクティビティの引数の特性を説明します。

RuntimeDelegateArgument

ランタイムに対する DelegateArgument の特性を記述します。

RuntimeTransactionHandle

ワークフロー インスタンスでランタイム トランザクションへのアクセスを提供します。

ValidationException

ワークフローまたはアクティビティの状態が無効であるという理由でスローされる例外。

Variable

ワークフロー データ メンバー サポート クラス Variable<T> の派生元となる抽象基本クラス。

Variable<T>

ワークフローの変数を表します。

VersionMismatchException

バージョン不一致の例外に関する情報を指定します。

WorkflowApplication

ワークフローの単一インスタンスにホストを提供します。

WorkflowApplicationAbortedEventArgs

中止されたワークフロー インスタンスについてのデータを提供します。

WorkflowApplicationAbortedException

ワークフロー インスタンスが中止されたためにそのインスタンスでの操作が無効になるとスローされる例外を表します。

WorkflowApplicationCompletedEventArgs

実行を完了したワークフロー インスタンスについての情報を提供します。

WorkflowApplicationCompletedException

ワークフロー インスタンスが完了したためにそのインスタンスでの操作が無効になるとスローされる例外を表します。

WorkflowApplicationEventArgs

WorkflowApplication に関連付けられたイベントの基本クラス。

WorkflowApplicationException

ワークフロー アプリケーションの実行時に発生するエラーを処理する基本クラスを提供します。

WorkflowApplicationIdleEventArgs

アイドル状態になったワークフロー インスタンスについての情報を保持します。

WorkflowApplicationInstance

ワークフロー アプリケーション インスタンスに関する情報を指定します。

WorkflowApplicationTerminatedException

ワークフロー インスタンスが既に終了したためにそのインスタンスでの操作が無効になるとスローされる例外。

WorkflowApplicationUnhandledExceptionEventArgs

ワークフロー インスタンスで発生した未処理の例外についての情報を提供します。

WorkflowApplicationUnloadedException

ワークフロー インスタンスが既にアンロードされたためにそのインスタンスでの操作が無効になるとスローされる例外。

WorkflowDataContext

現在のワークフロー環境のデータ コンテキストを表します。ワークフローの引数と変数を Windows Presentation Foundation (WPF) データ バインディングのスコープに持ち込むための仲介役を果たします。

WorkflowIdentity

永続化されたワークフロー インスタンスを対応するワークフロー定義にマップします。

WorkflowInspectionServices

アクティビティ ツリーのランタイム メタデータを操作するためのメソッドを提供します。

WorkflowInvoker

ワークフローをメソッド呼び出しであるかのように呼び出す手段を提供します。

構造体

ActivityMetadata

構成された Activity が実行環境に導入する引数、子アクティビティ、変数、およびデリゲートのセットを表します。

CodeActivityMetadata

構成された CodeActivity が実行環境に導入する引数セットを表します。

CodeActivityPublicEnvironmentAccessor

パブリック環境のアクセサーに関する情報を指定します。

NativeActivityMetadata

構成された NativeActivity が実行環境に導入する引数、子アクティビティ、変数、およびデリゲートのセットを表します。

インターフェイス

IExecutionProperty

関連付けられたアクティビティの作業項目の前後にあるスレッド ローカル ストレージを構成するためのメカニズムに実行プロパティを提供します。

IPropertyRegistrationCallback

ワークフロー実行プロパティでカスタムの登録および登録解除のロジックを提供できるようにします。

列挙型

ActivityInstanceState

アクティビティ インスタンスの状態を説明します。

ArgumentDirection

Argument のデータ フローの方向を指定します。

BookmarkOptions

Bookmark のオプションを指定します。

BookmarkResumptionResult

メンバーがブックマーク スケジュール要求の結果を表す列挙を定義します。

PersistableIdleAction

永続化が許可されている場合に、ワークフローがアイドル状態になると発生するアクションを指定します。

UnhandledExceptionAction

例外がワークフローのルートをエスケープするときに発生するアクションを指定します。

VariableModifiers

ワークフロー ランタイムが Variable オブジェクトを処理する方法を指定します。

WorkflowIdentityFilter

ワークフロー ID フィルターを指定します。

代理人

BookmarkCallback

Bookmark の再開時に呼び出されるメソッドを表します。

CompletionCallback

アクティビティの完了時に呼び出されるメソッド。

CompletionCallback<TResult>

アクティビティの完了時に呼び出されるメソッド。

DelegateCompletionCallback

ActivityDelegate の完了時に呼び出されるメソッドを表します。

FaultCallback

スケジュールされたアクティビティまたはそのいずれかの子が Faulted 状態に入ると呼び出されるメソッドを表します。