AddInToken.IEnumerable.GetEnumerator メソッド

定義

このトークンに関連付けられたパイプライン セグメントの修飾データの列挙子を返します。Returns an enumerator for the qualification data of the pipeline segments that are associated with this token.

 virtual System::Collections::IEnumerator ^ System.Collections.IEnumerable.GetEnumerator() = System::Collections::IEnumerable::GetEnumerator;
System.Collections.IEnumerator IEnumerable.GetEnumerator ();
abstract member System.Collections.IEnumerable.GetEnumerator : unit -> System.Collections.IEnumerator
override this.System.Collections.IEnumerable.GetEnumerator : unit -> System.Collections.IEnumerator
Function GetEnumerator () As IEnumerator Implements IEnumerable.GetEnumerator

戻り値

IEnumerator

現在のトークンに関連付けられたパイプライン セグメントの修飾データの反復処理に使用できる列挙子。An enumerator that can be used to iterate through the qualification data of the pipeline segments that are associated with the current token.

実装

注釈

このメソッドを使用すると、トークンを修飾データ項目のコレクションのように扱うことができます。たとえば、foreach ステートメント (Visual Basic のC++For Each、Visual の for each) などです。This method allows a token to be treated like a collection of qualification data items, for example in a foreach statement (For Each in Visual Basic, for each in Visual C++).

このメソッドによって返された列挙子を使用して、現在のトークンに関連付けられているパイプラインセグメントの修飾データ項目を反復処理します。Use the enumerator returned by this method to iterate through the qualification data items of the pipeline segments associated with the current token. 修飾データの各項目は、パイプラインセグメントを識別する QualificationDataItem 構造であり、そのセグメントに適用されている QualificationDataAttribute 属性からの名前と値のペアが含まれています。Each item of qualification data is a QualificationDataItem structure that identifies the pipeline segment and contains the name/value pair from a QualificationDataAttribute attribute applied to that segment.

注意

アドインモデルでは、アドインのホストビューに適用される修飾データは使用されません。The add-in model does not use qualification data that is applied to the host view of the add-in. その結果、修飾データを列挙するときに、Segment プロパティが AddInSegmentType.HostViewOfAddInた項目は見つかりません。As a result, when you enumerate qualification data you will not find any items whose Segment property is AddInSegmentType.HostViewOfAddIn.

または、QualificationData プロパティを使用して、パイプラインセグメントの修飾データを含むディクショナリの入れ子になったセットを取得することもできます。Alternatively, you can use the QualificationData property to get a nested set of dictionaries containing the qualification data of the pipeline segments.

適用対象