AppDomain.IsCompatibilitySwitchSet(String) メソッド

定義

いずれかの互換性スイッチが設定されているかどうか、設定されている場合は指定の互換性スイッチが設定されているかどうかを示す、null 許容のブール値を取得します。Gets a nullable Boolean value that indicates whether any compatibility switches are set, and if so, whether the specified compatibility switch is set.

public:
 Nullable<bool> IsCompatibilitySwitchSet(System::String ^ value);
public Nullable<bool> IsCompatibilitySwitchSet (string value);
member this.IsCompatibilitySwitchSet : string -> Nullable<bool>
Public Function IsCompatibilitySwitchSet (value As String) As Nullable(Of Boolean)

パラメーター

value
String

テストする互換性スイッチ。The compatibility switch to test.

戻り値

互換性スイッチが設定されていない場合は null 参照 (Visual Basic では Nothing)。それ以外の場合は、value で指定された互換性スイッチが設定されているかどうかを示すブール値。A null reference (Nothing in Visual Basic) if no compatibility switches are set; otherwise, a Boolean value that indicates whether the compatibility switch that is specified by value is set.

注釈

このメソッドは、指定した互換性スイッチが現在のアプリケーションドメインに対して設定されているかどうかをテストします。This method tests whether the specified compatibility switch has been set for the current application domain. 互換性スイッチは通常、.NET Framework のバージョン間で変更された動作 (文字列の並べ替え方法など) を復元します。Compatibility switches typically restore a behavior (such as the way strings are sorted) that was changed between versions of the .NET Framework. これらは、アプリケーションドメインを作成する前に AppDomainSetup.SetCompatibilitySwitches メソッドを呼び出すことによって設定されます。They are set by calling the AppDomainSetup.SetCompatibilitySwitches method before creating an application domain.

次の表に、以前のバージョンの .NET Framework の動作を復元するために設定できる互換性スイッチの例を示します。The following table provides examples of compatibility switches that can be set to restore the behavior of earlier versions of the .NET Framework.

SwitchSwitch 説明Meaning
"NetFx40_LegacySecurityPolicy""NetFx40_LegacySecurityPolicy" このアプリケーションドメインでは、.NET Framework 3.5.NET Framework 3.5 のコードアクセスセキュリティ (CAS) が有効になっています。Code access security (CAS) for the .NET Framework 3.5.NET Framework 3.5 is enabled in this application domain. <NetFx40_LegacySecurityPolicy> 要素」を参照してください。See <NetFx40_LegacySecurityPolicy> Element.
"NetFx40_Legacy20SortingBehavior""NetFx40_Legacy20SortingBehavior" このアプリケーションドメインで有効になっている .NET Framework 3.5.NET Framework 3.5 の文字列並べ替えの既定値。String sorting defaults for the .NET Framework 3.5.NET Framework 3.5 are enabled in this application domain. 成功した場合は、sort00001000.dll がインストールされている必要があります。Its success requires sort00001000.dll to be installed. <CompatSortNLSVersion> 要素」を参照してください。See <CompatSortNLSVersion> Element.
"NetFx40_Legacy40SortingBehavior""NetFx40_Legacy40SortingBehavior" このアプリケーションドメインでは、.NET Framework 4.NET Framework 4の文字列の並べ替えの既定値と Unicode 5.0 が有効になっています。String sorting defaults for the .NET Framework 4.NET Framework 4and Unicode 5.0 are enabled in this application domain. 成功した場合は、sort00060101 がインストールされている必要があります。Its success requires sort00060101.dll to be installed.
"NetFx40_TimeSpanLegacyFormatMode""NetFx40_TimeSpanLegacyFormatMode" .NET Framework 3.5.NET Framework 3.5TimeSpan の書式設定動作は、このアプリケーションドメインで有効になっています。TimeSpan formatting behavior for the .NET Framework 3.5.NET Framework 3.5 is enabled in this application domain. TimeSpan トピックの「 <TimeSpan_LegacyFormatMode> 要素」と「従来の TimeSpan 書式設定の復元」セクションを参照してください。See <TimeSpan_LegacyFormatMode> Element and the "Restoring Legacy TimeSpan Formatting" section of the TimeSpan topic.
UseRandomizedStringHashAlgorithm"UseRandomizedStringHashAlgorithm" ランタイムは、アプリケーションドメイン間で一貫性のあるハッシュコードを生成する単一のハッシュアルゴリズムを使用するのではなく、アプリケーションドメインごとに文字列のハッシュコードを計算します。The runtime calculates hash codes for strings on a per application domain basis instead of using a single hashing algorithm that produces a consistent hash code across application domains. <UseRandomizedStringHashAlgorithm> 要素」を参照してください。See <UseRandomizedStringHashAlgorithm> Element.

適用対象

こちらもご覧ください