AppDomain.SetCachePath(String) メソッド

定義

警告

この API は現在使われていません。

指定したディレクトリ パスを、アセンブリのシャドウ コピー先として設定します。Establishes the specified directory path as the location where assemblies are shadow copied.

public:
 virtual void SetCachePath(System::String ^ path);
[System.Obsolete("Use AppDomainSetup.SetCachePath")]
[System.Obsolete("AppDomain.SetCachePath has been deprecated. Please investigate the use of AppDomainSetup.CachePath instead. https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=14202")]
[System.Security.SecurityCritical]
[System.Obsolete("AppDomain.SetCachePath has been deprecated. Please investigate the use of AppDomainSetup.CachePath instead. https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=14202")]
public void SetCachePath (string path);
abstract member SetCachePath : string -> unit
override this.SetCachePath : string -> unit
Public Sub SetCachePath (path As String)

パラメーター

path
String

シャドウ コピー先の絶対パス。The fully qualified path to the shadow copy location.

実装

属性

例外

アンロードされたアプリケーション ドメインで操作しようとします。The operation is attempted on an unloaded application domain.

注釈

ApplicationName プロパティが設定されていない場合、キャッシュパスは無視されます。The cache path is ignored if the ApplicationName property is not set. AppDomainSetup.CachePath プロパティを参照してください。See the AppDomainSetup.CachePath property.

シャドウコピーの詳細については、「アセンブリのシャドウコピー」を参照してください。For more information on shadow copying see Shadow Copying Assemblies.

セキュリティ

SecurityCriticalAttribute
直前の呼び出し元に完全信頼が必要です。requires full trust for the immediate caller. このメンバーは、部分的に信頼されているコードまたは透過的なコードでは使用できません。This member cannot be used by partially trusted or transparent code.

適用対象

こちらもご覧ください