AppDomainSetup.CachePath プロパティ

定義

ファイルがシャドウ コピーされる、そのアプリケーションに固有の領域の名前を取得または設定します。Gets or sets the name of an area specific to the application where files are shadow copied.

public:
 property System::String ^ CachePath { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
public string CachePath { get; set; }
member this.CachePath : string with get, set
Public Property CachePath As String

プロパティ値

ファイルのシャドウ コピー先のディレクトリ パスとファイル名から成る完全修飾名。The fully qualified name of the directory path and file name where files are shadow copied.

実装

注釈

このプロパティが効果ApplicationNameを持つようにするには、プロパティも設定する必要があります。In order for this property to have an effect, the ApplicationName property must also be set. プロパティが設定されていないCachePath場合、プロパティは無視され、シャドウコピーのキャッシュの場所は既定でダウンロードキャッシュに設定されます。 ApplicationNameIf the ApplicationName property is not set, the CachePath property is ignored and the shadow copy cache location defaults to the download cache.

シャドウコピーの詳細については、「アセンブリのシャドウコピー」を参照してください。For more information on shadow copying, see Shadow Copying Assemblies.

セキュリティ

FileIOPermission
パス情報にアクセスします。for access to the path information. 関連付けられた列挙型:PathDiscoveryAssociated enumeration: PathDiscovery

適用対象

こちらもご覧ください