AppDomainSetup クラス

定義

AppDomain のインスタンスに追加できるアセンブリ バインディング情報を表します。Represents assembly binding information that can be added to an instance of AppDomain.

public ref class AppDomainSetup sealed
public ref class AppDomainSetup sealed : IAppDomainSetup
public sealed class AppDomainSetup
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Serializable]
public sealed class AppDomainSetup : IAppDomainSetup
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public sealed class AppDomainSetup : IAppDomainSetup
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public sealed class AppDomainSetup
type AppDomainSetup = class
type AppDomainSetup = class
    interface IAppDomainSetup
Public NotInheritable Class AppDomainSetup
Public NotInheritable Class AppDomainSetup
Implements IAppDomainSetup
継承
AppDomainSetup
属性
実装

注釈

AppDomainSetup インスタンスのプロパティを変更しても、既存の AppDomainには影響しません。Changing the properties of an AppDomainSetup instance does not affect any existing AppDomain. AppDomainSetup インスタンスをパラメーターとして使用して CreateDomain メソッドを呼び出すと、新しい AppDomainの作成にのみ影響することがあります。It can affect only the creation of a new AppDomain, when the CreateDomain method is called with the AppDomainSetup instance as a parameter.

このクラスによって、IAppDomainSetup インターフェイスが実装されます。This class implements the IAppDomainSetup interface.

注意事項

DisallowCodeDownload プロパティの既定値は false です。The default value for the DisallowCodeDownload property is false. この設定は、サービスでは安全ではありません。This setting is unsafe for services. 部分的に信頼されているコードをサービスがダウンロードできないようにするには、このプロパティを true に設定します。To help prevent services from downloading partially trusted code, set this property to true

コンストラクター

AppDomainSetup()

AppDomainSetup クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the AppDomainSetup class.

AppDomainSetup(ActivationArguments)

アプリケーション ドメイン用に指定されたアクティベーション引数 (マニフェストに基づくアクティベーションに使用される) で、AppDomainSetup クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the AppDomainSetup class with the specified activation arguments required for manifest-based activation of an application domain.

AppDomainSetup(ActivationContext)

アプリケーション ドメイン用に指定されたアクティベーション コンテキスト (マニフェストに基づくアクティベーションに使用される) で、AppDomainSetup クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the AppDomainSetup class with the specified activation context to use for manifest-based activation of an application domain.

プロパティ

ActivationArguments

アプリケーション ドメインのアクティベーションに関するデータを取得または設定します。Gets or sets data about the activation of an application domain.

AppDomainInitializer

アプリケーション ドメインの初期化時に呼び出されるコールバック メソッドを表す AppDomainInitializer デリゲートを取得または設定します。Gets or sets the AppDomainInitializer delegate, which represents a callback method that is invoked when the application domain is initialized.

AppDomainInitializerArguments

AppDomainInitializer デリゲートが表すコールバック メソッドへの引数を取得または設定します。Gets or sets the arguments passed to the callback method represented by the AppDomainInitializer delegate. コールバック メソッドは、アプリケーション ドメインの初期化時に呼び出されます。The callback method is invoked when the application domain is initialized.

AppDomainManagerAssembly

この AppDomainSetup オブジェクトを使用して作成されたアプリケーション ドメインのアプリケーション ドメイン マネージャーの型を提供するアセンブリの表示名を取得または設定します。Gets or sets the display name of the assembly that provides the type of the application domain manager for application domains created using this AppDomainSetup object.

AppDomainManagerType

この AppDomainSetup オブジェクトを使用して作成されたアプリケーション ドメインのアプリケーション ドメイン マネージャーを提供する型の完全名を取得または設定します。Gets or sets the full name of the type that provides the application domain manager for application domains created using this AppDomainSetup object.

ApplicationBase

アプリケーションが格納されているディレクトリの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the directory containing the application.

ApplicationName

アプリケーションの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the application.

ApplicationTrust

セキュリティ情報や信頼情報を格納するオブジェクトを取得または設定します。Gets or sets an object containing security and trust information.

CachePath

ファイルがシャドウ コピーされる、そのアプリケーションに固有の領域の名前を取得または設定します。Gets or sets the name of an area specific to the application where files are shadow copied.

ConfigurationFile

アプリケーション ドメインの構成ファイルの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the configuration file for an application domain.

DisallowApplicationBaseProbing

読み込むアセンブリを検索する際に、アプリケーションのベース パスおよびプライベート バイナリ パスを調査対象から除外するかどうかを指定します。Specifies whether the application base path and private binary path are probed when searching for assemblies to load.

DisallowBindingRedirects

アプリケーション ドメインでアセンブリ バインディング リダイレクトを使用できるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether an application domain allows assembly binding redirection.

DisallowCodeDownload

アプリケーション ドメインでアセンブリの HTTP ダウンロードを使用できるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether HTTP download of assemblies is allowed for an application domain.

DisallowPublisherPolicy

構成ファイルの <publisherPolicy> セクションをアプリケーション ドメインに適用するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether the <publisherPolicy> section of the configuration file is applied to an application domain.

DynamicBase

動的に生成されたファイルが格納されるディレクトリのベース ディレクトリを取得または設定します。Gets or sets the base directory where the directory for dynamically generated files is located.

LicenseFile

このドメインに関連付けられたライセンス ファイルの場所を取得または設定します。Gets or sets the location of the license file associated with this domain.

LoaderOptimization

実行可能ファイルを読み込むために使用する最適化ポリシーを指定します。Specifies the optimization policy used to load an executable.

PartialTrustVisibleAssemblies

サンドボックス化されたアプリケーション ドメインで実行されている部分信頼コードから参照できる、NotVisibleByDefault フラグでマークされたアセンブリのリストを取得または設定します。Gets or sets a list of assemblies marked with the NotVisibleByDefault flag that are made visible to partial-trust code running in a sandboxed application domain.

PrivateBinPath

プライベート アセンブリが調査されるアプリケーション ベース ディレクトリ下に存在するディレクトリのリストを取得または設定します。Gets or sets the list of directories under the application base directory that are probed for private assemblies.

PrivateBinPathProbe

ApplicationBase をアプリケーションの検索パスに含めたり、このディレクトリを検索パスから除外して PrivateBinPath だけを検索するようにしたりするための文字列値を取得または設定します。Gets or sets a string value that includes or excludes ApplicationBase from the search path for the application, and searches only PrivateBinPath.

SandboxInterop

呼び出しのたびに QueryInterface が実行されるように、アプリケーション ドメインの相互運用呼び出しに対するインターフェイス キャッシュが無効かどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether interface caching is disabled for interop calls in the application domain, so that a QueryInterface is performed on each call.

ShadowCopyDirectories

シャドウ コピー対象のアセンブリが格納されているディレクトリの名前を取得または設定します。Gets or sets the names of the directories containing assemblies to be shadow copied.

ShadowCopyFiles

シャドウ コピーが有効であるか無効であるかを示す文字列を取得または設定します。Gets or sets a string that indicates whether shadow copying is turned on or off.

TargetFrameworkName

FrameworkName(String) のコンストラクターによって解析できる形式で、アプリケーション ドメインの .NET Framework のターゲット バージョンおよびプロファイルを指定する文字列を取得または設定します。Gets or sets a string that specifies the target version and profile of the .NET Framework for the application domain, in a format that can be parsed by the FrameworkName(String) constructor.

メソッド

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetConfigurationBytes()

SetConfigurationBytes(Byte[]) メソッドによって設定された (アプリケーションの XML 構成情報をオーバーライドする) XML 構成情報を返します。Returns the XML configuration information set by the SetConfigurationBytes(Byte[]) method, which overrides the application's XML configuration information.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
SetCompatibilitySwitches(IEnumerable<String>)

指定されたスイッチを設定し、指定された問題のためにアプリケーション ドメインと以前のバージョンの .NET Framework の互換性を確保します。Sets the specified switches, making the application domain compatible with previous versions of the .NET Framework for the specified issues.

SetConfigurationBytes(Byte[])

アプリケーションの XML 構成情報を置換し、アプリケーション ドメインの XML 構成情報を提供します。Provides XML configuration information for the application domain, replacing the application's XML configuration information.

SetNativeFunction(String, Int32, IntPtr)

文字列比較関数の代替実装を持つ共通言語ランタイムを提供します。Provides the common language runtime with an alternate implementation of a string comparison function.

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください