ArgIterator.GetNextArg メソッド

定義

可変長引数リストの次の引数を返します。Returns the next argument in a variable-length argument list.

オーバーロード

GetNextArg()

可変長引数リストの次の引数を返します。Returns the next argument in a variable-length argument list.

GetNextArg(RuntimeTypeHandle)

指定した型の可変長引数リストの次の引数を返します。Returns the next argument in a variable-length argument list that has a specified type.

GetNextArg()

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

可変長引数リストの次の引数を返します。Returns the next argument in a variable-length argument list.

public:
 TypedReference GetNextArg();
[System.CLSCompliant(false)]
public TypedReference GetNextArg ();
member this.GetNextArg : unit -> TypedReference
Public Function GetNextArg () As TypedReference

戻り値

TypedReference オブジェクトとしての次の引数。The next argument as a TypedReference object.

属性

例外

リストの末尾を越える位置で読み取りを試行しました。An attempt was made to read beyond the end of the list.

注釈

反復子は、次の引数に自動的に拡張されます。The iterator is automatically advanced to the next argument.

GetNextArg(RuntimeTypeHandle)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

指定した型の可変長引数リストの次の引数を返します。Returns the next argument in a variable-length argument list that has a specified type.

public:
 TypedReference GetNextArg(RuntimeTypeHandle rth);
[System.CLSCompliant(false)]
public TypedReference GetNextArg (RuntimeTypeHandle rth);
member this.GetNextArg : RuntimeTypeHandle -> TypedReference
Public Function GetNextArg (rth As RuntimeTypeHandle) As TypedReference

パラメーター

rth
RuntimeTypeHandle

取得する引数の型を識別するランタイム型ハンドル。A runtime type handle that identifies the type of the argument to retrieve.

戻り値

TypedReference オブジェクトとしての次の引数。The next argument as a TypedReference object.

属性

例外

リストの末尾を越える位置で読み取りを試行しました。An attempt was made to read beyond the end of the list.

残りの引数へのポインターは 0 です。The pointer to the remaining arguments is zero.

注釈

反復子は、次の引数に自動的に拡張されます。The iterator is automatically advanced to the next argument.

適用対象