ArgIterator 構造体

定義

さまざまな数の引数を受け取る関数のパラメーターが示されている、可変長引数リストを表します。Represents a variable-length argument list; that is, the parameters of a function that takes a variable number of arguments.

public value class ArgIterator
public struct ArgIterator
type ArgIterator = struct
Public Structure ArgIterator
継承
ArgIterator

注釈

コンパイラを記述する開発者ArgIteratorは、構造体を使用して、引数リスト内の必須の引数と省略可能な引数を列挙します。Developers who write compilers use the ArgIterator structure to enumerate the mandatory and optional arguments in an argument list. 構造ArgIterator体は、コンパイラ以外のアプリケーションには一般的には役立ちません。The ArgIterator structure is not generally useful for applications other than compilers.

ArgIterator構造体の機能は、通常、特定のプログラミング言語の構文では非表示になります。The functionality in the ArgIterator structure is typically hidden in the syntax of a specific programming language. たとえば、 C++プログラミング言語では、引数リストの末尾に省略記号 ("...") を指定することによって、可変長引数リストを宣言します。For example, in the C++ programming language you declare a variable-length argument list by specifying an ellipsis ("...") at the end of the argument list. 構造ArgIterator体は、主に、開発言語で可変長パラメーターへの直接サポートが提供されない場合に便利です。The ArgIterator structure is useful primarily when a development language does not provide direct support for accessing variable-length parameters.

コンストラクター

ArgIterator(RuntimeArgumentHandle)

指定した引数リストを使用して、ArgIterator 構造体の新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ArgIterator structure using the specified argument list.

ArgIterator(RuntimeArgumentHandle, Void*)

指定した引数リストとリスト内の項目へのポインターを使用して、ArgIterator 構造体の新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ArgIterator structure using the specified argument list and a pointer to an item in the list.

メソッド

End()

このインスタンスによって表される可変長引数リストの処理を終了します。Concludes processing of the variable-length argument list represented by this instance.

Equals(Object)

このメソッドはサポートされていないため、常に NotSupportedException をスローします。This method is not supported, and always throws NotSupportedException.

GetHashCode()

このオブジェクトのハッシュ コードを返します。Returns the hash code of this object.

GetNextArg()

可変長引数リストの次の引数を返します。Returns the next argument in a variable-length argument list.

GetNextArg(RuntimeTypeHandle)

指定した型の可変長引数リストの次の引数を返します。Returns the next argument in a variable-length argument list that has a specified type.

GetNextArgType()

次の引数の型を返します。Returns the type of the next argument.

GetRemainingCount()

引数リストに示されている引数の数を返します。Returns the number of arguments remaining in the argument list.

適用対象