Array.FindLastIndex メソッド

定義

指定された述語によって定義された条件と一致する要素を、Array またはその一部分を対象に検索し、最もインデックス番号の大きい要素の 0 から始まるインデックスを返します。

オーバーロード

FindLastIndex<T>(T[], Predicate<T>)

Array 全体から、指定した述語によって定義される条件に一致する要素を検索し、最もインデックス番号の大きい要素の 0 から始まるインデックスを返します。

FindLastIndex<T>(T[], Int32, Predicate<T>)

Array のうち、先頭の要素から指定したインデックスまでの範囲の中で、指定した述語によって定義される条件に一致する要素を検索し、そのうち最もインデックス番号の大きい要素の 0 から始まるインデックスを返します。

FindLastIndex<T>(T[], Int32, Int32, Predicate<T>)

Array のうち、指定したインデックスで終わり、指定した要素数が含まれる範囲の中で、指定した述語によって定義される条件に一致する要素を検索し、そのうち最もインデックス番号の大きい要素の 0 から始まるインデックスを返します。

次のコード例は、ジェネリック メソッドの 3 つのオーバーロードを示 FindLastIndex しています。 文字列の配列が作成され、8 つの恐竜名が含まれます。この 2 つ (位置 1 と 5) の末尾は "saurus" です。 このコード例では、 という名前の検索述語メソッドも定義します。このメソッドは、文字列パラメーターを受け取り、入力文字列が "saurus" で終わるかどうかを示すブール値 EndsWithSaurus を返します。

メソッド FindLastIndex<T>(T[], Predicate<T>) オーバーロードは、配列を末尾から後方に走査し、各要素をメソッドに順番に渡 EndsWithSaurus します。 位置 EndsWithSaurus 5 の要素に対して メソッド true が返された場合、検索は停止します。

注意

C#、F#、Visual Basicでは、デリゲート ( の場合は ) を明示的 Predicate<string> Predicate(Of String) に作成Visual Basic必要はありません。 これらの言語では、コンテキストから正しいデリゲートがインジェストされ、自動的に作成されます。

メソッド オーバーロードは、位置 4 から始まり、配列の先頭まで後方に進む配列を検索 FindLastIndex<T>(T[], Int32, Predicate<T>) するために使用されます。 位置 1 の 要素が検索されます。 最後に、 メソッド オーバーロードを使用して、位置 4 から始まり、後方に向かっている 3 つの要素の範囲 (つまり、要素 FindLastIndex<T>(T[], Int32, Int32, Predicate<T>) 4、3、2) を検索します。 その範囲内に "saurus" で終わる恐竜の名前がないので、-1 が返されます。

using namespace System;

// Search predicate returns true if a string ends in "saurus".
bool EndsWithSaurus(String^ s)
{
    if ((s->Length > 5) && 
        (s->Substring(s->Length - 6)->ToLower() == "saurus"))
    {
        return true;
    }
    else
    {
        return false;
    }
};

void main()
{
    array<String^>^ dinosaurs = { "Compsognathus", 
        "Amargasaurus",   "Oviraptor",      "Velociraptor", 
        "Deinonychus",    "Dilophosaurus",  "Gallimimus", 
        "Triceratops" };

    Console::WriteLine();
    for each(String^ dinosaur in dinosaurs )
    {
        Console::WriteLine(dinosaur);
    }

    Console::WriteLine("\nArray::FindLastIndex(dinosaurs, EndsWithSaurus): {0}", 
        Array::FindLastIndex(dinosaurs, gcnew Predicate<String^>(EndsWithSaurus)));

    Console::WriteLine("\nArray::FindLastIndex(dinosaurs, 4, EndsWithSaurus): {0}",
        Array::FindLastIndex(dinosaurs, 4, gcnew Predicate<String^>(EndsWithSaurus)));

    Console::WriteLine("\nArray::FindLastIndex(dinosaurs, 4, 3, EndsWithSaurus): {0}",
        Array::FindLastIndex(dinosaurs, 4, 3, gcnew Predicate<String^>(EndsWithSaurus)));
}

/* This code example produces the following output:

Compsognathus
Amargasaurus
Oviraptor
Velociraptor
Deinonychus
Dilophosaurus
Gallimimus
Triceratops

Array::FindLastIndex(dinosaurs, EndsWithSaurus): 5

Array::FindLastIndex(dinosaurs, 4, EndsWithSaurus): 1

Array::FindLastIndex(dinosaurs, 4, 3, EndsWithSaurus): -1
 */
using System;

public class Example
{
    public static void Main()
    {
        string[] dinosaurs = { "Compsognathus",
            "Amargasaurus",   "Oviraptor",      "Velociraptor",
            "Deinonychus",    "Dilophosaurus",  "Gallimimus",
            "Triceratops" };

        Console.WriteLine();
        foreach(string dinosaur in dinosaurs)
        {
            Console.WriteLine(dinosaur);
        }

        Console.WriteLine(
            "\nArray.FindLastIndex(dinosaurs, EndsWithSaurus): {0}",
            Array.FindLastIndex(dinosaurs, EndsWithSaurus));

        Console.WriteLine(
            "\nArray.FindLastIndex(dinosaurs, 4, EndsWithSaurus): {0}",
            Array.FindLastIndex(dinosaurs, 4, EndsWithSaurus));

        Console.WriteLine(
            "\nArray.FindLastIndex(dinosaurs, 4, 3, EndsWithSaurus): {0}",
            Array.FindLastIndex(dinosaurs, 4, 3, EndsWithSaurus));
    }

    // Search predicate returns true if a string ends in "saurus".
    private static bool EndsWithSaurus(String s)
    {
        if ((s.Length > 5) &&
            (s.Substring(s.Length - 6).ToLower() == "saurus"))
        {
            return true;
        }
        else
        {
            return false;
        }
    }
}

/* This code example produces the following output:

Compsognathus
Amargasaurus
Oviraptor
Velociraptor
Deinonychus
Dilophosaurus
Gallimimus
Triceratops

Array.FindLastIndex(dinosaurs, EndsWithSaurus): 5

Array.FindLastIndex(dinosaurs, 4, EndsWithSaurus): 1

Array.FindLastIndex(dinosaurs, 4, 3, EndsWithSaurus): -1
 */
open System

// Search predicate returns true if a string ends in "saurus".
let endsWithSaurus (s: string) =
    s.Length > 5 && s.Substring(s.Length - 6).ToLower() = "saurus"

let dinosaurs =
    [| "Compsognathus"; "Amargasaurus"
       "Oviraptor"; "Velociraptor"
       "Deinonychus"; "Dilophosaurus"
       "Gallimimus"; "Triceratops" |]

printfn ""
for dino in dinosaurs do
    printfn $"{dino}"

Array.FindLastIndex(dinosaurs, endsWithSaurus)
|> printfn "\nArray.FindLastIndex(dinosaurs, EndsWithSaurus): %i"

Array.FindLastIndex(dinosaurs, 4, endsWithSaurus)
|> printfn "\nArray.FindLastIndex(dinosaurs, 4, EndsWithSaurus): %i"

Array.FindLastIndex(dinosaurs, 4, 3, endsWithSaurus)
|> printfn "\nArray.FindLastIndex(dinosaurs, 4, 3, EndsWithSaurus): %i"


// This code example produces the following output:
//
//     Compsognathus
//     Amargasaurus
//     Oviraptor
//     Velociraptor
//     Deinonychus
//     Dilophosaurus
//     Gallimimus
//     Triceratops
//
//     Array.FindLastIndex(dinosaurs, EndsWithSaurus): 5
//
//     Array.FindLastIndex(dinosaurs, 4, EndsWithSaurus): 1
//
//     Array.FindLastIndex(dinosaurs, 4, 3, EndsWithSaurus): -1
Public Class Example

    Public Shared Sub Main()

        Dim dinosaurs() As String = { "Compsognathus", _
            "Amargasaurus",   "Oviraptor",      "Velociraptor", _
            "Deinonychus",    "Dilophosaurus",  "Gallimimus", _
            "Triceratops" }

        Console.WriteLine()
        For Each dinosaur As String In dinosaurs
            Console.WriteLine(dinosaur)
        Next

        Console.WriteLine(vbLf & _
            "Array.FindLastIndex(dinosaurs, AddressOf EndsWithSaurus): {0}", _
            Array.FindLastIndex(dinosaurs, AddressOf EndsWithSaurus))

        Console.WriteLine(vbLf & _
            "Array.FindLastIndex(dinosaurs, 4, AddressOf EndsWithSaurus): {0}", _
            Array.FindLastIndex(dinosaurs, 4, AddressOf EndsWithSaurus))

        Console.WriteLine(vbLf & _
            "Array.FindLastIndex(dinosaurs, 4, 3, AddressOf EndsWithSaurus): {0}", _
            Array.FindLastIndex(dinosaurs, 4, 3, AddressOf EndsWithSaurus))

    End Sub

    ' Search predicate returns true if a string ends in "saurus".
    Private Shared Function EndsWithSaurus(ByVal s As String) _
        As Boolean

        ' AndAlso prevents evaluation of the second Boolean
        ' expression if the string is so short that an error
        ' would occur.
        If (s.Length > 5) AndAlso _
            (s.Substring(s.Length - 6).ToLower() = "saurus") Then
            Return True
        Else
            Return False
        End If
    End Function
End Class

' This code example produces the following output:
'
'Compsognathus
'Amargasaurus
'Oviraptor
'Velociraptor
'Deinonychus
'Dilophosaurus
'Gallimimus
'Triceratops
'
'Array.FindLastIndex(dinosaurs, AddressOf EndsWithSaurus): 5
'
'Array.FindLastIndex(dinosaurs, 4, AddressOf EndsWithSaurus): 1
'
'Array.FindLastIndex(dinosaurs, 4, 3, AddressOf EndsWithSaurus): -1

FindLastIndex<T>(T[], Predicate<T>)

Array 全体から、指定した述語によって定義される条件に一致する要素を検索し、最もインデックス番号の大きい要素の 0 から始まるインデックスを返します。

public:
generic <typename T>
 static int FindLastIndex(cli::array <T> ^ array, Predicate<T> ^ match);
public static int FindLastIndex<T> (T[] array, Predicate<T> match);
static member FindLastIndex : 'T[] * Predicate<'T> -> int
Public Shared Function FindLastIndex(Of T) (array As T(), match As Predicate(Of T)) As Integer

型パラメーター

T

配列要素の型。

パラメーター

array
T[]

検索する 1 次元の Array。インデックス番号は 0 から始まります。

match
Predicate<T>

検索する要素の条件を定義する Predicate<T>

戻り値

Int32

match で定義された条件と一致する要素が存在する場合、最もインデックス番号の大きい要素の 0 から始まるインデックス。それ以外の場合は -1。

例外

arraynullです。

または

matchnullです。

注釈

Array 、最後の要素から始めて最初の要素で終わる位置まで後方に検索されます。

は、渡されたオブジェクトがデリゲートで定義されている条件と一致する場合に を返す Predicate<T> true メソッドのデリゲートです。 の要素 array は、 に個別に渡されます Predicate<T>

このメソッドは O( n ) 操作で、 n は の Length です array

こちらもご覧ください

適用対象

FindLastIndex<T>(T[], Int32, Predicate<T>)

Array のうち、先頭の要素から指定したインデックスまでの範囲の中で、指定した述語によって定義される条件に一致する要素を検索し、そのうち最もインデックス番号の大きい要素の 0 から始まるインデックスを返します。

public:
generic <typename T>
 static int FindLastIndex(cli::array <T> ^ array, int startIndex, Predicate<T> ^ match);
public static int FindLastIndex<T> (T[] array, int startIndex, Predicate<T> match);
static member FindLastIndex : 'T[] * int * Predicate<'T> -> int
Public Shared Function FindLastIndex(Of T) (array As T(), startIndex As Integer, match As Predicate(Of T)) As Integer

型パラメーター

T

配列要素の型。

パラメーター

array
T[]

検索する 1 次元の Array。インデックス番号は 0 から始まります。

startIndex
Int32

後方検索の開始位置を示す 0 から始まるインデックス。

match
Predicate<T>

検索する要素の条件を定義する Predicate<T>

戻り値

Int32

match で定義された条件と一致する要素が存在する場合、最もインデックス番号の大きい要素の 0 から始まるインデックス。それ以外の場合は -1。

例外

arraynullです。

または

matchnullです。

startIndexarray の有効なインデックスの範囲外です。

注釈

Array 、最初の要素から始まる位置と startIndex 最初の要素で終わる位置で後方に検索されます。

は、渡されたオブジェクトがデリゲートで定義されている条件と一致する場合に を返す Predicate<T> true メソッドのデリゲートです。 の要素 array は、 に個別に渡されます Predicate<T>

このメソッドは O( ) 操作です。ここで、 は の先頭から への n n 要素の数 array です startIndex

こちらもご覧ください

適用対象

FindLastIndex<T>(T[], Int32, Int32, Predicate<T>)

Array のうち、指定したインデックスで終わり、指定した要素数が含まれる範囲の中で、指定した述語によって定義される条件に一致する要素を検索し、そのうち最もインデックス番号の大きい要素の 0 から始まるインデックスを返します。

public:
generic <typename T>
 static int FindLastIndex(cli::array <T> ^ array, int startIndex, int count, Predicate<T> ^ match);
public static int FindLastIndex<T> (T[] array, int startIndex, int count, Predicate<T> match);
static member FindLastIndex : 'T[] * int * int * Predicate<'T> -> int
Public Shared Function FindLastIndex(Of T) (array As T(), startIndex As Integer, count As Integer, match As Predicate(Of T)) As Integer

型パラメーター

T

配列要素の型。

パラメーター

array
T[]

検索する 1 次元の Array。インデックス番号は 0 から始まります。

startIndex
Int32

後方検索の開始位置を示す 0 から始まるインデックス。

count
Int32

検索対象の範囲内にある要素の数。

match
Predicate<T>

検索する要素の条件を定義する Predicate<T>

戻り値

Int32

match で定義された条件と一致する要素が存在する場合、最もインデックス番号の大きい要素の 0 から始まるインデックス。それ以外の場合は -1。

例外

arraynullです。

または

matchnullです。

startIndexarray の有効なインデックスの範囲外です。

または

count が 0 未満です。

または

startIndex および countarray 内の有効なセクションを指定していません。

注釈

が 0 より大きい場合、 は から始まる後方に検索され、マイナス 1 を加えた値 Array startIndex startIndex count count で終わる位置で検索されます。

は、渡されたオブジェクトがデリゲートで定義されている条件と一致する場合に を返す Predicate<T> true メソッドのデリゲートです。 の要素 array は、 に個別に渡されます Predicate<T>

このメソッドは O(n) 操作です。ncount です。

こちらもご覧ください

適用対象