Attribute._Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr) Method

定義

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。 Provides access to properties and methods exposed by an object.

void _Attribute.Invoke (uint dispIdMember, ref Guid riid, uint lcid, short wFlags, IntPtr pDispParams, IntPtr pVarResult, IntPtr pExcepInfo, IntPtr puArgErr);
パラメーター
dispIdMember
UInt32

メンバーを識別します。 Identifies the member.

riid
Guid

将来使用するために予約されています。 Reserved for future use. IID_NULL にする必要があります。 Must be IID_NULL.

lcid
UInt32

引数を解釈する対象のロケール コンテキスト。 The locale context in which to interpret arguments.

wFlags
Int16

呼び出しのコンテキストを記述するフラグ。 Flags describing the context of the call.

pDispParams
IntPtr

引数の配列、名前付き引数の DISPID の配列、配列内の要素数のカウントを格納している構造体へのポインター。 Pointer to a structure containing an array of arguments, an array of argument DISPIDs for named arguments, and counts for the number of elements in the arrays.

pVarResult
IntPtr

結果が格納される場所へのポインター。 Pointer to the location where the result is to be stored.

pExcepInfo
IntPtr

例外情報を格納する構造体へのポインター。 Pointer to a structure that contains exception information.

puArgErr
IntPtr

エラーが存在する最初の引数のインデックス。 The index of the first argument that has an error.

例外

COM IDispatch インターフェイスを使用した遅延バインディング アクセスはサポートされていません。 Late-bound access using the COM IDispatch interface is not supported.

注釈

このメソッドは、アンマネージ コードからマネージ クラスにアクセスするため、およびマネージ コードから呼び出さないでいます。This method is for access to managed classes from unmanaged code, and should not be called from managed code. 詳細についてはIDispatch::Invoke、MSDN ライブラリを参照してください。For more information about IDispatch::Invoke, see the MSDN Library.

適用対象