Attribute._Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr) メソッド

定義

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

 virtual void System.Runtime.InteropServices._Attribute.Invoke(System::UInt32 dispIdMember, Guid % riid, System::UInt32 lcid, short wFlags, IntPtr pDispParams, IntPtr pVarResult, IntPtr pExcepInfo, IntPtr puArgErr) = System::Runtime::InteropServices::_Attribute::Invoke;
void _Attribute.Invoke (uint dispIdMember, ref Guid riid, uint lcid, short wFlags, IntPtr pDispParams, IntPtr pVarResult, IntPtr pExcepInfo, IntPtr puArgErr);
abstract member System.Runtime.InteropServices._Attribute.Invoke : uint32 * Guid * uint32 * int16 * nativeint * nativeint * nativeint * nativeint -> unit
override this.System.Runtime.InteropServices._Attribute.Invoke : uint32 * Guid * uint32 * int16 * nativeint * nativeint * nativeint * nativeint -> unit
Sub Invoke (dispIdMember As UInteger, ByRef riid As Guid, lcid As UInteger, wFlags As Short, pDispParams As IntPtr, pVarResult As IntPtr, pExcepInfo As IntPtr, puArgErr As IntPtr) Implements _Attribute.Invoke

パラメーター

dispIdMember
UInt32

メンバーを識別します。

riid
Guid

将来使用するために予約されています。 IID_NULL にする必要があります。

lcid
UInt32

引数を解釈する対象のロケール コンテキスト。

wFlags
Int16

呼び出しのコンテキストを記述するフラグ。

pDispParams
IntPtr

引数の配列、名前付き引数の DISPID の配列、配列内の要素数のカウントを格納している構造体へのポインター。

pVarResult
IntPtr

結果が格納される場所へのポインター。

pExcepInfo
IntPtr

例外情報を格納する構造体へのポインター。

puArgErr
IntPtr

エラーが存在する最初の引数のインデックス。

実装

例外

COM IDispatch インターフェイスを使用した遅延バインディング アクセスはサポートされていません。

注釈

このメソッドは、アンマネージコードからマネージクラスにアクセスするためのものであり、マネージコードからは呼び出さないでください。 詳細については、「 IDispatch:: Invoke」を参照してください。

適用対象