Boolean 構造体

定義

ブール値 (true または false) を表します。

public value class bool : IComparable, IComparable<bool>, IConvertible, IEquatable<bool>
public value class bool : IComparable, IConvertible
public value class bool : IComparable, IComparable<bool>, IEquatable<bool>
public struct Boolean : IComparable, IComparable<bool>, IConvertible, IEquatable<bool>
[System.Serializable]
public struct Boolean : IComparable, IConvertible
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public struct Boolean : IComparable, IComparable<bool>, IConvertible, IEquatable<bool>
public struct Boolean : IComparable, IComparable<bool>, IEquatable<bool>
type bool = struct
    interface IConvertible
[<System.Serializable>]
type bool = struct
    interface IConvertible
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type bool = struct
    interface IConvertible
type bool = struct
Public Structure Boolean
Implements IComparable, IComparable(Of Boolean), IConvertible, IEquatable(Of Boolean)
Public Structure Boolean
Implements IComparable, IConvertible
Public Structure Boolean
Implements IComparable, IComparable(Of Boolean), IEquatable(Of Boolean)
継承
Boolean
属性
実装

注釈

Booleanインスタンスには、またはの2つの値のいずれかを指定でき true false ます。

構造体には、 Boolean 次のタスクをサポートするメソッドが用意されています。

以下のセクションでは、これらのタスクとその他の使用方法の詳細について説明します。

ブール値の書式設定

の文字列表現は、値の場合は Boolean "True"、 true 値の場合は "False" です false 。 値の文字列形式は、読み取り専用の Boolean フィールドとフィールドによって定義され TrueString FalseString ます。

ToStringブール値を文字列に変換するには、メソッドを使用します。 ブール構造体には、パラメーターなしのメソッドとメソッドの2つのオーバーロードが含まれています。これには、 ToString ToString() ToString(IFormatProvider) 書式設定を制御するパラメーターが含まれています。 ただし、このパラメーターは無視されるため、2つのオーバーロードは同じ文字列を生成します。 メソッドは、 ToString(IFormatProvider) カルチャに依存した書式設定をサポートしていません。

次の例は、メソッドを使用した書式設定を示してい ToString ます。 この例では 複合書式指定 機能を使用しているため、 ToString メソッドは暗黙的に呼び出されます。

using System;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      bool raining = false;
      bool busLate = true;

      Console.WriteLine("It is raining: {0}", raining);
      Console.WriteLine("The bus is late: {0}", busLate);
   }
}
// The example displays the following output:
//       It is raining: False
//       The bus is late: True
Module Example
   Public Sub Main()
      Dim raining As Boolean = False
      Dim busLate As Boolean = True

      Console.WriteLine("It is raining: {0}", raining)
      Console.WriteLine("The bus is late: {0}", busLate)
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       It is raining: False
'       The bus is late: True

Boolean構造体が持つことができる値は2つだけであるため、カスタム書式設定を簡単に追加できます。 他の文字列リテラルが "True" と "False" に置き換えられる単純なカスタム書式設定の場合は、C# の条件演算子や Visual Basic のIf 演算子など、言語でサポートされている任意の条件付き評価機能を使用できます。 次の例では、この方法を使用して、値を " Boolean Yes"、"No" ("True"、"False" ではなく "No") に書式設定します。

using System;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      bool raining = false;
      bool busLate = true;

      Console.WriteLine("It is raining: {0}",
                        raining ? "Yes" : "No");
      Console.WriteLine("The bus is late: {0}",
                        busLate ? "Yes" : "No" );
   }
}
// The example displays the following output:
//       It is raining: No
//       The bus is late: Yes
Module Example
   Public Sub Main()
      Dim raining As Boolean = False
      Dim busLate As Boolean = True

      Console.WriteLine("It is raining: {0}", 
                        If(raining, "Yes", "No"))
      Console.WriteLine("The bus is late: {0}", 
                        If(busLate, "Yes", "No"))
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       It is raining: No
'       The bus is late: Yes

カルチャに依存した書式設定など、より複雑なカスタム書式設定操作の場合は、メソッドを呼び出し String.Format(IFormatProvider, String, Object[]) て実装を提供でき ICustomFormatter ます。 次の例では、およびインターフェイスを実装して、 ICustomFormatter IFormatProvider 英語 (米国)、フランス語 (フランス)、およびロシア語 (ロシア) のカルチャに対してカルチャに依存するブール型文字列を提供しています。

using System;
using System.Globalization;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      String[] cultureNames = { "", "en-US", "fr-FR", "ru-RU" };
      foreach (var cultureName in cultureNames) {
         bool value = true;
         CultureInfo culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture(cultureName);
         BooleanFormatter formatter = new BooleanFormatter(culture);

         string result = string.Format(formatter, "Value for '{0}': {1}", culture.Name, value);
         Console.WriteLine(result);
      }
   }
}

public class BooleanFormatter : ICustomFormatter, IFormatProvider
{
   private CultureInfo culture;

   public BooleanFormatter() : this(CultureInfo.CurrentCulture)
   { }

   public BooleanFormatter(CultureInfo culture)
   {
      this.culture = culture;
   }

   public Object GetFormat(Type formatType)
   {
      if (formatType == typeof(ICustomFormatter))
         return this;
      else
         return null;
   }

   public string Format(string fmt, Object arg, IFormatProvider formatProvider)
   {
      // Exit if another format provider is used.
      if (! formatProvider.Equals(this)) return null;

      // Exit if the type to be formatted is not a Boolean
      if (! (arg is Boolean)) return null;

      bool value = (bool) arg;
      switch (culture.Name) {
         case "en-US":
            return value.ToString();
         case "fr-FR":
            if (value)
               return "vrai";
            else
               return "faux";
         case "ru-RU":
            if (value)
               return "верно";
            else
               return "неверно";
         default:
            return value.ToString();
      }
   }
}
// The example displays the following output:
//       Value for '': True
//       Value for 'en-US': True
//       Value for 'fr-FR': vrai
//       Value for 'ru-RU': верно
Imports System.Globalization

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim cultureNames() As String = { "", "en-US", "fr-FR", "ru-RU" }
      For Each cultureName In cultureNames
         Dim value As Boolean = True
         Dim culture As CultureInfo = CultureInfo.CreateSpecificCulture(cultureName)
         Dim formatter As New BooleanFormatter(culture)
         
         Dim result As String = String.Format(formatter, "Value for '{0}': {1}", culture.Name, value)
         Console.WriteLine(result)
      Next
   End Sub
End Module

Public Class BooleanFormatter 
   Implements ICustomFormatter, IFormatProvider
   
   Private culture As CultureInfo
   
   Public Sub New()
      Me.New(CultureInfo.CurrentCulture)
   End Sub
   
   Public Sub New(culture As CultureInfo)
      Me.culture = culture 
   End Sub
   
   Public Function GetFormat(formatType As Type) As Object _
                   Implements IFormatProvider.GetFormat
      If formatType Is GetType(ICustomFormatter) Then
         Return Me
      Else
         Return Nothing
      End If                
   End Function
   
   Public Function Format(fmt As String, arg As Object, 
                          formatProvider As IFormatProvider) As String _
                   Implements ICustomFormatter.Format
      ' Exit if another format provider is used.
      If Not formatProvider.Equals(Me) Then Return Nothing
      
      ' Exit if the type to be formatted is not a Boolean
      If Not TypeOf arg Is Boolean Then Return Nothing
      
      Dim value As Boolean = CBool(arg)
      Select culture.Name
         Case "en-US"
            Return value.ToString()
         Case "fr-FR"
            If value Then
               Return "vrai"
            Else
               Return "faux"
            End If      
         Case "ru-RU"
            If value Then
               Return "верно"
            Else
               Return "неверно"
            End If   
         Case Else
            Return value.ToString()  
      End Select
   End Function
End Class
' The example displays the following output:
'          Value for '': True
'          Value for 'en-US': True
'          Value for 'fr-FR': vrai
'          Value for 'ru-RU': верно

必要に応じて、 リソースファイル を使用して、カルチャ固有のブール型文字列を定義できます。

ブール値との間の変換

Boolean構造体はインターフェイスを実装し IConvertible ます。 その結果、クラスを使用して、 Convert Boolean .net の値とその他のプリミティブ型との間で変換を実行したり、 Boolean 構造体の明示的な実装を呼び出したりすることができます。 ただし、と次の型の間の変換 Boolean はサポートされていないため、対応する変換メソッドは例外をスローし InvalidCastException ます。

整数または浮動小数点数からブール値への変換では、0以外の値をに変換し true 、値を0に変換 false します。 次の例では、クラスの選択したオーバーロードを呼び出すことによってこれを示し Convert.ToBoolean ます。

using System;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      Byte byteValue = 12;
      Console.WriteLine(Convert.ToBoolean(byteValue));
      Byte byteValue2 = 0;
      Console.WriteLine(Convert.ToBoolean(byteValue2));
      int intValue = -16345;
      Console.WriteLine(Convert.ToBoolean(intValue));
      long longValue = 945;
      Console.WriteLine(Convert.ToBoolean(longValue));
      SByte sbyteValue = -12;
      Console.WriteLine(Convert.ToBoolean(sbyteValue));
      double dblValue = 0;
      Console.WriteLine(Convert.ToBoolean(dblValue));
      float sngValue = .0001f;
      Console.WriteLine(Convert.ToBoolean(sngValue));
   }
}
// The example displays the following output:
//       True
//       False
//       True
//       True
//       True
//       False
//       True
Module Example
   Public Sub Main()
      Dim byteValue As Byte = 12
      Console.WriteLine(Convert.ToBoolean(byteValue))
      Dim byteValue2 As Byte = 0
      Console.WriteLine(Convert.ToBoolean(byteValue2))
      Dim intValue As Integer = -16345
      Console.WriteLine(Convert.ToBoolean(intValue))
      Dim longValue As Long = 945
      Console.WriteLine(Convert.ToBoolean(longValue))
      Dim sbyteValue As SByte = -12
      Console.WriteLine(Convert.ToBoolean(sbyteValue))
      Dim dblValue As Double = 0
      Console.WriteLine(Convert.ToBoolean(dblValue))
      Dim sngValue As Single = .0001
      Console.WriteLine(Convert.ToBoolean(sngValue))
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       True
'       False
'       True
'       True
'       True
'       False
'       True

ブール値から数値型に変換する場合、クラスの変換メソッドは Convert 1 とを0に変換し true false ます。 ただし、Visual Basic 変換関数 true は、255 (値への変換の場合 Byte ) または-1 (その他すべての数値変換の場合) に変換します。 次の例では、 true メソッドを使用して数値に変換 Convert します。また、Visual Basic 例の場合は、Visual Basic 言語独自の変換演算子を使用します。

using System;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      bool flag = true;

      byte byteValue;
      byteValue = Convert.ToByte(flag);
      Console.WriteLine("{0} -> {1}", flag, byteValue);

      sbyte sbyteValue;
      sbyteValue = Convert.ToSByte(flag);
      Console.WriteLine("{0} -> {1}", flag, sbyteValue);

      double dblValue;
      dblValue = Convert.ToDouble(flag);
      Console.WriteLine("{0} -> {1}", flag, dblValue);

      int intValue;
      intValue = Convert.ToInt32(flag);
      Console.WriteLine("{0} -> {1}", flag, intValue);
   }
}
// The example displays the following output:
//       True -> 1
//       True -> 1
//       True -> 1
//       True -> 1
Module Example
   Public Sub Main()
      Dim flag As Boolean = true
      
      Dim byteValue As Byte   
      byteValue = Convert.ToByte(flag)
      Console.WriteLine("{0} -> {1} ({2})", flag, byteValue, 
                                            byteValue.GetType().Name)         
      byteValue = CByte(flag)
      Console.WriteLine("{0} -> {1} ({2})", flag, byteValue, 
                                            byteValue.GetType().Name)         
      
      Dim sbyteValue As SByte
      sbyteValue = Convert.ToSByte(flag)
      Console.WriteLine("{0} -> {1} ({2})", flag, sbyteValue, 
                                            sbyteValue.GetType().Name)         
      sbyteValue = CSByte(flag)
      Console.WriteLine("{0} -> {1} ({2})", flag, sbyteValue, 
                                            sbyteValue.GetType().Name)         

      Dim dblValue As Double
      dblValue = Convert.ToDouble(flag)
      Console.WriteLine("{0} -> {1} ({2})", flag, dblValue, 
                                            dblValue.GetType().Name)         
      dblValue = CDbl(flag)
      Console.WriteLine("{0} -> {1} ({2})", flag, dblValue, 
                                            dblValue.GetType().Name)         

      Dim intValue As Integer
      intValue = Convert.ToInt32(flag)
      Console.WriteLine("{0} -> {1} ({2})", flag, intValue, 
                                            intValue.GetType().Name)         
      intValue = CInt(flag)
      Console.WriteLine("{0} -> {1} ({2})", flag, intValue, 
                                            intValue.GetType().Name)         
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       True -> 1 (Byte)
'       True -> 255 (Byte)
'       True -> 1 (SByte)
'       True -> -1 (SByte)
'       True -> 1 (Double)
'       True -> -1 (Double)
'       True -> 1 (Int32)
'       True -> -1 (Int32)

から文字列値への変換につい Boolean ては、「 ブール値の書式設定 」を参照してください。 文字列から値への変換につい Boolean ては、「 ブール値の解析 」セクションを参照してください。

ブール値の解析

構造体には、 Boolean Parse TryParse 文字列をブール値に変換する2つの静的解析メソッドとが含まれています。 ブール値の文字列形式は、フィールドとフィールドの値の大文字と小文字が区別されないように定義されてい TrueString FalseString ます。これは、それぞれ "True" と "False" です。 つまり、正常に解析される文字列は、"True"、"False"、"True"、"False"、または大文字と小文字が混在する文字列のみです。 "0" や "1" などの数値文字列を正常に解析することはできません。 文字列比較の実行時に、先頭または末尾の空白文字は考慮されません。

次の例では ParseTryParse メソッドとメソッドを使用して、複数の文字列を解析します。 "True" と "False" に相当する、大文字と小文字を区別しないものだけを正常に解析できることに注意してください。

using System;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      string[] values = { null, String.Empty, "True", "False",
                          "true", "false", "    true    ",
                           "TrUe", "fAlSe", "fa lse", "0",
                          "1", "-1", "string" };
      // Parse strings using the Boolean.Parse method.
      foreach (var value in values) {
         try {
            bool flag = Boolean.Parse(value);
            Console.WriteLine("'{0}' --> {1}", value, flag);
         }
         catch (ArgumentException) {
            Console.WriteLine("Cannot parse a null string.");
         }
         catch (FormatException) {
            Console.WriteLine("Cannot parse '{0}'.", value);
         }
      }
      Console.WriteLine();
      // Parse strings using the Boolean.TryParse method.
      foreach (var value in values) {
         bool flag = false;
         if (Boolean.TryParse(value, out flag))
            Console.WriteLine("'{0}' --> {1}", value, flag);
         else
            Console.WriteLine("Unable to parse '{0}'", value);
      }
   }
}
// The example displays the following output:
//       Cannot parse a null string.
//       Cannot parse ''.
//       'True' --> True
//       'False' --> False
//       'true' --> True
//       'false' --> False
//       '    true    ' --> True
//       'TrUe' --> True
//       'fAlSe' --> False
//       Cannot parse 'fa lse'.
//       Cannot parse '0'.
//       Cannot parse '1'.
//       Cannot parse '-1'.
//       Cannot parse 'string'.
//
//       Unable to parse ''
//       Unable to parse ''
//       'True' --> True
//       'False' --> False
//       'true' --> True
//       'false' --> False
//       '    true    ' --> True
//       'TrUe' --> True
//       'fAlSe' --> False
//       Cannot parse 'fa lse'.
//       Unable to parse '0'
//       Unable to parse '1'
//       Unable to parse '-1'
//       Unable to parse 'string'
Module Example
   Public Sub Main()
      Dim values() As String = { Nothing, String.Empty, "True", "False", 
                                 "true", "false", "    true    ", 
                                 "TrUe", "fAlSe", "fa lse", "0", 
                                 "1", "-1", "string" }
      ' Parse strings using the Boolean.Parse method.                    
      For Each value In values
         Try
            Dim flag As Boolean = Boolean.Parse(value)
            Console.WriteLine("'{0}' --> {1}", value, flag)
         Catch e As ArgumentException
            Console.WriteLine("Cannot parse a null string.")
         Catch e As FormatException
            Console.WriteLine("Cannot parse '{0}'.", value)
         End Try         
      Next  
      Console.WriteLine()
      ' Parse strings using the Boolean.TryParse method.                    
      For Each value In values
         Dim flag As Boolean = False
         If Boolean.TryParse(value, flag)
            Console.WriteLine("'{0}' --> {1}", value, flag)
         Else
            Console.WriteLine("Cannot parse '{0}'.", value)
         End If         
      Next  
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       Cannot parse a null string.
'       Cannot parse ''.
'       'True' --> True
'       'False' --> False
'       'true' --> True
'       'false' --> False
'       '    true    ' --> True
'       'TrUe' --> True
'       'fAlSe' --> False
'       Cannot parse 'fa lse'.
'       Cannot parse '0'.
'       Cannot parse '1'.
'       Cannot parse '-1'.
'       Cannot parse 'string'.
'       
'       Unable to parse ''
'       Unable to parse ''
'       'True' --> True
'       'False' --> False
'       'true' --> True
'       'false' --> False
'       '    true    ' --> True
'       'TrUe' --> True
'       'fAlSe' --> False
'       Cannot parse 'fa lse'.
'       Unable to parse '0'
'       Unable to parse '1'
'       Unable to parse '-1'
'       Unable to parse 'string'

Visual Basic でプログラミングしている場合は、関数を使用して、 CBool 数値の文字列形式をブール値に変換できます。 "0" はに変換され、 false 0 以外の値の文字列形式はに変換され true ます。 Visual Basic でプログラミングしていない場合は、数値文字列を数値に変換してから、ブール値に変換する必要があります。 次の例は、整数の配列をブール値に変換することによってこれを示しています。

using System;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      String[] values = { "09", "12.6", "0", "-13 " };
      foreach (var value in values) {
         bool success, result;
         int number;
         success = Int32.TryParse(value, out number);
         if (success) {
            // The method throws no exceptions.
            result = Convert.ToBoolean(number);
            Console.WriteLine("Converted '{0}' to {1}", value, result);
         }
         else {
            Console.WriteLine("Unable to convert '{0}'", value);
         }
      }
   }
}
// The example displays the following output:
//       Converted '09' to True
//       Unable to convert '12.6'
//       Converted '0' to False
//       Converted '-13 ' to True
Module Example
   Public Sub Main()
      Dim values() As String = { "09", "12.6", "0", "-13 " }
      For Each value In values
         Dim success, result As Boolean
         Dim number As Integer 
         success = Int32.TryParse(value, number)
         If success Then
            ' The method throws no exceptions.
            result = Convert.ToBoolean(number)
            Console.WriteLine("Converted '{0}' to {1}", value, result)
         Else
            Console.WriteLine("Unable to convert '{0}'", value)
         End If         
      Next
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       Converted '09' to True
'       Unable to convert '12.6'
'       Converted '0' to False
'       Converted '-13 ' to True

ブール値の比較

ブール値はまたはのいずれかであるため、 true false メソッドを明示的に呼び出す理由はほとんどありませ CompareTo ん。これは、インスタンスが指定した値よりも大きいか、小さいか、または等しいかを示します。 通常、2つのブール変数を比較するには、メソッドを呼び出す Equals か、または言語の等値演算子を使用します。

ただし、ブール型変数とリテラルブール値またはを比較する場合は、ブール値を true false 評価した結果がそのブール値であるため、明示的な比較を行う必要はありません。 式の例を次に示します。

if (booleanValue == true) {
If booleanValue = True Then

および

if (booleanValue) {
If booleanValue Then

は同等ですが、2番目のはよりコンパクトです。 ただし、どちらの方法でも、同等のパフォーマンスを実現できます。

ブール値をバイナリ値として使用する

ブール値として次の C# の例は 1 バイトのメモリを占有します。 例をコンパイルする必要があります、/unsafeスイッチします。

using System;

public struct BoolStruct
{
   public bool flag1;
   public bool flag2;
   public bool flag3;
   public bool flag4;
   public bool flag5;
}

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      unsafe {
         BoolStruct b = new BoolStruct();
         bool* addr = (bool*) &b;
         Console.WriteLine("Size of BoolStruct: {0}", sizeof(BoolStruct));
         Console.WriteLine("Field offsets:");
         Console.WriteLine("   flag1: {0}", (bool*) &b.flag1 - addr);
         Console.WriteLine("   flag1: {0}", (bool*) &b.flag2 - addr);
         Console.WriteLine("   flag1: {0}", (bool*) &b.flag3 - addr);
         Console.WriteLine("   flag1: {0}", (bool*) &b.flag4 - addr);
         Console.WriteLine("   flag1: {0}", (bool*) &b.flag5 - addr);
      }
   }
}
// The example displays the following output:
//       Size of BoolStruct: 5
//       Field offsets:
//          flag1: 0
//          flag1: 1
//          flag1: 2
//          flag1: 3
//          flag1: 4

バイトの下位ビットは、その値を表すために使用されます。 値1はを表し、 true 値0はを表し false ます。

ヒント

構造体を使用し System.Collections.Specialized.BitVector32 て、ブール値のセットを操作できます。

メソッドを呼び出すことにより、ブール値をバイナリ表現に変換でき BitConverter.GetBytes(Boolean) ます。 メソッドは、1つの要素を含むバイト配列を返します。 バイナリ表現からブール値を復元するには、メソッドを呼び出すことができ BitConverter.ToBoolean(Byte[], Int32) ます。

次の例では、メソッドを呼び出して、 BitConverter.GetBytes ブール値をバイナリ表現に変換し、値の個々のビットを表示してから、メソッドを呼び出して、 BitConverter.ToBoolean そのバイナリ表現から値を復元しています。

using System;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      bool[] flags = { true, false };
      foreach (var flag in flags) {
         // Get binary representation of flag.
         Byte value = BitConverter.GetBytes(flag)[0];
         Console.WriteLine("Original value: {0}", flag);
         Console.WriteLine("Binary value:   {0} ({1})", value,
                           GetBinaryString(value));
         // Restore the flag from its binary representation.
         bool newFlag = BitConverter.ToBoolean( new Byte[] { value }, 0);
         Console.WriteLine("Restored value: {0}\n", flag);
      }
   }

   private static string GetBinaryString(Byte value)
   {
      string retVal = Convert.ToString(value, 2);
      return new string('0', 8 - retVal.Length) + retVal;
   }
}
// The example displays the following output:
//       Original value: True
//       Binary value:   1 (00000001)
//       Restored value: True
//
//       Original value: False
//       Binary value:   0 (00000000)
//       Restored value: False
Module Example
   Public Sub Main()
      Dim flags() As Boolean = { True, False }
      For Each flag In flags
         ' Get binary representation of flag.
         Dim value As Byte = BitConverter.GetBytes(flag)(0)
         Console.WriteLine("Original value: {0}", flag)
         Console.WriteLine("Binary value:   {0} ({1})", value, 
                           GetBinaryString(value))
         ' Restore the flag from its binary representation.
         Dim newFlag As Boolean = BitConverter.ToBoolean( { value }, 0)
         Console.WriteLine("Restored value: {0}", flag)
         Console.WriteLine()
      Next
   End Sub
   
   Private Function GetBinaryString(value As Byte) As String
      Dim retVal As String = Convert.ToString(value, 2)
      Return New String("0"c, 8 - retVal.Length) + retVal
   End Function
End Module
' The example displays the following output:
'       Original value: True
'       Binary value:   1 (00000001)
'       Restored value: True
'       
'       Original value: False
'       Binary value:   0 (00000000)
'       Restored value: False

ブール値を使用して操作を実行する

ここでは、アプリでブール値を使用する方法について説明します。 最初のセクションでは、フラグとしての使用方法について説明します。 2番目の例では、算術演算の使用方法を示しています。

フラグとしてのブール値

ブール変数は、何らかの条件が存在するかどうかを通知するフラグとして最もよく使用されます。 たとえば、メソッドでは、最後のパラメーターであるは、 String.Compare(String, String, Boolean) ignoreCase 2 つの文字列の比較で大文字と小文字を区別しない ( ignoreCase is) か、 true 大文字と小文字を区別するか ( ignoreCase is) を示すフラグです false 。 フラグの値は、条件付きステートメントで評価できます。

次の例では、単純なコンソールアプリを使用して、ブール型変数をフラグとして使用する方法を示しています。 このアプリは、指定されたファイル (スイッチ) への出力のリダイレクトを有効にするコマンドラインパラメーターを受け取り、 /f 指定されたファイルとコンソール (スイッチ) の両方に出力を送信できるようにし /b ます。 このアプリでは、 isRedirected 出力をファイルに送信するかどうかを示すというフラグと、 isBoth 出力をコンソールに送信することを示すという名前のフラグを定義します。

using System;
using System.IO;
using System.Threading;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      // Initialize flag variables.
      bool isRedirected = false;
      bool isBoth = false;
      String fileName = "";
      StreamWriter sw = null;

      // Get any command line arguments.
      String[] args = Environment.GetCommandLineArgs();
      // Handle any arguments.
      if (args.Length > 1) {
         for (int ctr = 1; ctr < args.Length; ctr++) {
            String arg = args[ctr];
            if (arg.StartsWith("/") || arg.StartsWith("-")) {
               switch (arg.Substring(1).ToLower())
               {
                  case "f":
                     isRedirected = true;
                     if (args.Length < ctr + 2) {
                        ShowSyntax("The /f switch must be followed by a filename.");
                        return;
                     }
                     fileName = args[ctr + 1];
                     ctr++;
                     break;
                  case "b":
                     isBoth = true;
                     break;
                  default:
                     ShowSyntax(String.Format("The {0} switch is not supported",
                                              args[ctr]));
                     return;
               }
            }
         }
      }

      // If isBoth is True, isRedirected must be True.
      if (isBoth &&  ! isRedirected) {
         ShowSyntax("The /f switch must be used if /b is used.");
         return;
      }

      // Handle output.
      if (isRedirected) {
         sw = new StreamWriter(fileName);
         if (!isBoth)
            Console.SetOut(sw);
      }
      String msg = String.Format("Application began at {0}", DateTime.Now);
      Console.WriteLine(msg);
      if (isBoth) sw.WriteLine(msg);
      Thread.Sleep(5000);
      msg = String.Format("Application ended normally at {0}", DateTime.Now);
      Console.WriteLine(msg);
      if (isBoth) sw.WriteLine(msg);
      if (isRedirected) sw.Close();
   }

   private static void ShowSyntax(String errMsg)
   {
      Console.WriteLine(errMsg);
      Console.WriteLine("\nSyntax: Example [[/f <filename> [/b]]\n");
   }
}
Imports System.IO
Imports System.Threading

Module Example
   Public Sub Main()
      ' Initialize flag variables.
      Dim isRedirected, isBoth As Boolean 
      Dim fileName As String = ""
      Dim sw As StreamWriter = Nothing
      
      ' Get any command line arguments.
      Dim args() As String = Environment.GetCommandLineArgs()
      ' Handle any arguments.
      If args.Length > 1 Then
         For ctr = 1 To args.Length - 1
            Dim arg As String = args(ctr)
            If arg.StartsWith("/") OrElse arg.StartsWith("-") Then
               Select Case arg.Substring(1).ToLower()
                  Case "f"
                     isRedirected = True
                     If args.Length < ctr + 2 Then
                        ShowSyntax("The /f switch must be followed by a filename.")
                        Exit Sub
                     End If
                     fileName = args(ctr + 1)
                     ctr += 1
                  Case "b"
                     isBoth = True
                  Case Else
                     ShowSyntax(String.Format("The {0} switch is not supported", 
                                              args(ctr)))
                     Exit Sub
               End Select
            End If   
         Next
      End If

      ' If isBoth is True, isRedirected must be True.
      If isBoth And Not isRedirected Then 
         ShowSyntax("The /f switch must be used if /b is used.")
         Exit Sub
      End If

      ' Handle output.
      If isRedirected Then
         sw = New StreamWriter(fileName) 
         If Not IsBoth Then
            Console.SetOut(sw) 
         End If
      End If     
      Dim msg As String = String.Format("Application began at {0}", Date.Now)
      Console.WriteLine(msg)
      If isBoth Then sw.WriteLine(msg)
      Thread.Sleep(5000)
      msg = String.Format("Application ended normally at {0}", Date.Now)
      Console.WriteLine(msg)
      If isBoth Then sw.WriteLine(msg)
      If isRedirected Then sw.Close()
   End Sub
   
   Private Sub ShowSyntax(errMsg As String)
      Console.WriteLine(errMsg)
      Console.WriteLine()
      Console.WriteLine("Syntax: Example [[/f <filename> [/b]]")
      Console.WriteLine()
   End Sub
End Module

ブール値と算術演算

ブール値は、数値計算をトリガーする条件の存在を示すために使用されることがあります。 たとえば、変数は、 hasShippingCharge 請求金額に発送料金を追加するかどうかを示すフラグとして機能する場合があります。

値を持つ操作は false 演算の結果に影響を与えないため、このブール値を算術演算で使用する整数値に変換する必要はありません。 代わりに、条件付きロジックを使用できます。

次の例では、小計、出荷料金、およびオプションのサービス料金で構成される金額を計算します。 変数は、 hasServiceCharge サービスの料金が適用されるかどうかを決定します。 この hasServiceCharge 例では、数値に変換してサービス料金の量で乗算する代わりに、条件付きロジックを使用して、該当する場合にサービスの料金を追加します。

using System;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      bool[] hasServiceCharges = { true, false };
      Decimal subtotal = 120.62m;
      Decimal shippingCharge = 2.50m;
      Decimal serviceCharge = 5.00m;

      foreach (var hasServiceCharge in hasServiceCharges) {
         Decimal total = subtotal + shippingCharge +
                                (hasServiceCharge ? serviceCharge : 0);
         Console.WriteLine("hasServiceCharge = {1}: The total is {0:C2}.",
                           total, hasServiceCharge);
      }
   }
}
// The example displays output like the following:
//       hasServiceCharge = True: The total is $128.12.
//       hasServiceCharge = False: The total is $123.12.
Module Example
   Public Sub Main()
      Dim hasServiceCharges() As Boolean = { True, False }
      Dim subtotal As Decimal = 120.62d
      Dim shippingCharge As Decimal = 2.50d
      Dim serviceCharge As Decimal = 5.00d
      
      For Each hasServiceCharge In hasServiceCharges
         Dim total As Decimal = subtotal + shippingCharge + 
                                If(hasServiceCharge, serviceCharge, 0)
         Console.WriteLine("hasServiceCharge = {1}: The total is {0:C2}.", 
                           total, hasServiceCharge)                       
      Next
   End Sub
End Module
' The example displays output like the following:
'       hasServiceCharge = True: The total is $128.12.
'       hasServiceCharge = False: The total is $123.12.

ブール値と相互運用

基本的なデータ型を COM にマーシャリングするのは一般的に単純ですが、 Boolean データ型は例外です。 属性を適用して、 MarshalAsAttribute Boolean 次のいずれかの表現に型をマーシャリングできます。

列挙型 アンマネージ形式
UnmanagedType.Bool 4バイトの整数値。0以外の値はを表し、0はを true 表し false ます。 これは、 Boolean 構造体のフィールドと Boolean プラットフォーム呼び出しのパラメーターの既定の形式です。
UnmanagedType.U1 1バイトの整数値。1はを表し、 true 0 はを表し false ます。
UnmanagedType.VariantBool 2バイトの整数値。-1 はを表し、0はを true 表し false ます。 これは、COM 相互運用呼び出 Boolean しでのパラメーターの既定の形式です。

フィールド

FalseString

ブール値の false を文字列として表します。 このフィールドは読み取り専用です。

TrueString

ブール値の true を文字列として表します。 このフィールドは読み取り専用です。

メソッド

CompareTo(Boolean)

このインスタンスと指定した Boolean オブジェクトを比較し、互いの関係を示す整数を返します。

CompareTo(Object)

指定したオブジェクトとこのインスタンスを比較し、互いの関係を示す整数を返します。

Equals(Boolean)

対象のインスタンスが、指定した Boolean オブジェクトに等しいかどうかを示す値を返します。

Equals(Object)

このインスタンスが指定されたオブジェクトに等しいかどうかを示す値を返します。

GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

GetTypeCode()

Boolean 値の型の型コードを返します。

Parse(ReadOnlySpan<Char>)

論理値の指定したスパン表現を、等価の Boolean 表現に変換します。

Parse(String)

論理値の指定した文字列形式を、それと等価な Boolean に変換します。

ToString()

このインスタンスの値をそれと等価な文字列形式に変換します ("True" または "False")。

ToString(IFormatProvider)

このインスタンスの値をそれと等価な文字列形式に変換します ("True" または "False")。

TryFormat(Span<Char>, Int32)

現在のブール型インスタンスの値を、指定した文字スパンに書式設定しようとします。

TryParse(ReadOnlySpan<Char>, Boolean)

論理値の指定したスパン表現を、等価の Boolean に変換します。

TryParse(String, Boolean)

論理値の指定した文字列形式を等価の Boolean に変換します。

明示的なインターフェイスの実装

IComparable.CompareTo(Object)

現在のインスタンスを同じ型の別のオブジェクトと比較し、現在のインスタンスの並べ替え順序での位置が、比較対象のオブジェクトと比べて前か、後か、または同じかを示す整数を返します。

IConvertible.GetTypeCode()

インスタンスの TypeCode を返します。

IConvertible.ToBoolean(IFormatProvider)

このメンバーの詳細については、「ToBoolean(IFormatProvider)」をご覧ください。

IConvertible.ToByte(IFormatProvider)

このメンバーの詳細については、「ToByte(IFormatProvider)」をご覧ください。

IConvertible.ToChar(IFormatProvider)

この変換はサポートされていません。 このメソッドを使用しようとすると、InvalidCastException がスローされます。

IConvertible.ToDateTime(IFormatProvider)

この変換はサポートされていません。 このメソッドを使用しようとすると、InvalidCastException がスローされます。

IConvertible.ToDecimal(IFormatProvider)

このメンバーの詳細については、「ToDecimal(IFormatProvider)」をご覧ください。

IConvertible.ToDouble(IFormatProvider)

このメンバーの詳細については、「ToDouble(IFormatProvider)」をご覧ください。

IConvertible.ToInt16(IFormatProvider)

このメンバーの詳細については、「ToInt16(IFormatProvider)」をご覧ください。

IConvertible.ToInt32(IFormatProvider)

このメンバーの詳細については、「ToInt32(IFormatProvider)」をご覧ください。

IConvertible.ToInt64(IFormatProvider)

このメンバーの詳細については、「ToInt64(IFormatProvider)」をご覧ください。

IConvertible.ToSByte(IFormatProvider)

このメンバーの詳細については、「ToSByte(IFormatProvider)」をご覧ください。

IConvertible.ToSingle(IFormatProvider)

このメンバーの詳細については、「ToSingle(IFormatProvider)」をご覧ください。

IConvertible.ToString(IFormatProvider)

指定したカルチャ固有の書式情報を使用して、このインスタンスの値を等価の文字列に変換します。

IConvertible.ToType(Type, IFormatProvider)

このメンバーの詳細については、「ToType(Type, IFormatProvider)」をご覧ください。

IConvertible.ToUInt16(IFormatProvider)

このメンバーの詳細については、「ToUInt16(IFormatProvider)」をご覧ください。

IConvertible.ToUInt32(IFormatProvider)

このメンバーの詳細については、「ToUInt32(IFormatProvider)」をご覧ください。

IConvertible.ToUInt64(IFormatProvider)

このメンバーの詳細については、「ToUInt64(IFormatProvider)」をご覧ください。

適用対象

スレッド セーフ

この型のすべてのメンバーはスレッド セーフです。 インスタンスの状態を変更すると思えるメンバーは、実際には新しい値で初期化された新しいインスタンスを返します。 他の型と同様に、この型のインスタンスを含む共有変数の読み取りおよび書き込みは、スレッドセーフを保証するためにロックによって保護する必要があります。