CodeDirective クラス

定義

コード ディレクティブ クラスの基本クラスとして機能します。Serves as the base class for code directive classes.

public ref class CodeDirective : System::CodeDom::CodeObject
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.AutoDispatch)]
[System.Serializable]
public class CodeDirective : System.CodeDom.CodeObject
type CodeDirective = class
    inherit CodeObject
Public Class CodeDirective
Inherits CodeObject
継承
CodeDirective
派生
属性

注釈

クラスは、CodeDirectiveCollectionに含まれるように CodeDirective クラスから継承する必要があります。A class must inherit from the CodeDirective class to be contained in a CodeDirectiveCollection.

コンストラクター

CodeDirective()

CodeDirective クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the CodeDirective class.

プロパティ

UserData

現在のオブジェクトのユーザー定義可能なデータを取得します。Gets the user-definable data for the current object.

(継承元 CodeObject)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象