CodeLinePragma クラス

定義

特定ファイル内の特定の位置を表します。Represents a specific location within a specific file.

public ref class CodeLinePragma
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.AutoDispatch)]
[System.Serializable]
public class CodeLinePragma
type CodeLinePragma = class
Public Class CodeLinePragma
継承
CodeLinePragma
属性

次のコード例は、CodeLinePragma クラスを使用して、ソースファイルの特定の行を参照する方法を示しています。The following code example demonstrates the use of the CodeLinePragma class to reference a specific line of a source file.

// Creates a CodeLinePragma that references line 100 of the file "example.cs".
CodeLinePragma^ pragma = gcnew CodeLinePragma( "example.cs",100 );
// Creates a CodeLinePragma that references line 100 of the file "example.cs".
CodeLinePragma pragma = new CodeLinePragma("example.cs", 100);
' Creates a CodeLinePragma that references line 100 of the file "example.cs".
Dim pragma As New CodeLinePragma("example.cs", 100)

注釈

CodeLinePragma を使用すると、ファイル内の特定の場所を表すことができます。CodeLinePragma can be used to represent a specific location within a file. この種類のオブジェクトは、コンパイラの警告やエラーに関連付けられている位置参照など、関連付けられたコード要素の場所を格納するために、デバッグツールによるコンパイル後に使用されることがよくあります。This type of object is often used after compilation by debugging tools to store locations of associated code elements, such as position references associated with compiler warnings and errors.

コンストラクター

CodeLinePragma()

CodeLinePragma クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the CodeLinePragma class.

CodeLinePragma(String, Int32)

CodeLinePragma クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the CodeLinePragma class.

プロパティ

FileName

関連付けられたファイルの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the associated file.

LineNumber

関連付けられた参照の行番号を取得または設定します。Gets or sets the line number of the associated reference.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象